福娘童話集 > きょうの日本昔話 福娘童話集 きょうの日本昔話 童話・昔話・おとぎ話の福娘童話集
 


福娘童話集 > きょうの日本昔話 > 11月の日本昔話 >カブ焼き甚四郎(じんしろう)

11月30日の日本の昔話

カブ焼き甚四郎(じんしろう)

カブ焼き甚四郎(じんしろう)
焙蕪菁

福妹日本童話集 (臺灣客語.海陸腔) 翻譯:鄧文政(ten33 vun55 zhin11)

むかしむかし、あるところに、カブを焼いて食べるのが大好きな甚四郎(じんしろう)という男がいました。
頭擺頭擺,某隻位所,有一個當好食焙蕪菁个細倈仔甚四郎。


そこで村人たちは、『カブ焼き甚四郎』と呼んでいました。

所以村民喊佢『焙蕪菁个甚四郎』


でも、甚四郎は気にする様子もなく、毎日、畑でカブを作っては、そのカブを焼いて食べていました。

毋過,甚四郎由在人講,逐日照常去園項改蕪菁,摎蕪菁焙來食。


ある日の事、村人たちがこんな話をしていました。

有一日,該兜村民在該閒談。


「甚四郎も、嫁さんでももらえば、村の為に頑張ってくれるかもしれんなあ」

「甚四郎若係討晡娘,無定會為村莊還較煞猛。」


「そうだな。どこかに、いい嫁さんはいないだろうか?」

「係哪,哪位有好个新娘?」


「そう言えば、朝日長者に娘がおったぞ」

「講到這,朝日有錢人有個妹仔。」


そして貧乏な甚四郎のところへ嫁に来てもらうために、村人たちは朝日長者の屋敷の前で、ちょっと芝居をすることにしました。

所以,為著窮苦个甚四郎討著餔娘,該兜村民在朝日有錢人大座屋面頭前,做棚戲。


かぶ甚四郎のおとりー
「焙蕪菁个甚四郎做村長」


村人
たちは、大声長者らせたのです
該兜村民大聲通知有錢人。


朝日長者はそれを聞いて、甚四郎を立派な長者だと勘違いをして、娘を嫁に行かせることに決めたのです。

朝日有錢人聽著該,誤會認為甚四郎係派頭个有錢人,所以決定摎妹仔嫁分佢。


「よし、うまくいったぞ」

「好,講著還好。」


村人たちは、大喜びです。

該兜村民歡喜壢天。


ところが、嫁にきた朝日長者の娘は、甚四郎の家を見てびっくり。

毋過,嫁過來个朝日有錢人个妹仔,看著甚四郎个屋下嗄著驚。


立派な屋敷だと思っていたのに、甚四郎の家はボロボロの掘っ立て小屋です。

本旦認為派頭个大座屋,甚四郎个屋下係間寮仔。


それに夫の甚四郎は、毎日ニコニコとカブばかり焼いて食べているのです。

甚四郎還係逐日笑咪咪焙蕪菁來食。


嫁さんは、そんな暮らしにがまん出来なくなり、嫁入りの時に持ってきた反物を出して言いました。

新娘無法度過這種生活,就拿出嫁來時節帶來个綾羅綢緞,講︰


「あなた、この反物を町で売ってきて!」

「親愛个老公,這綾羅綢緞拿去街路賣!」


「へい」

「好!」


甚四郎は上等できれいな反物を持って、町へ売りに行きました。

甚四郎拿等高級又靚个綾羅綢緞去街路賣。


すると、反物屋の主人は喜んで、

布店頭家非常歡喜講︰


「これは、素晴らしい反物ですな」

と、甚四郎にたくさんのお金を払いました。
「這還靚个綾羅綢緞哪。」

拿了當多錢分甚四郎。


大金を手に入れた甚四郎は、家に帰る途中の畑で、わなにかかった鷹を見つけました。

拿著當多錢个甚四郎,在轉屋下半路个園肚,看著一隻鷹分網仔張著。


「おや、かわいそうに」

「唉哦,還衰過哪!」


甚四郎がわなをはずしてやると、鷹はバサバサと羽を広げて空へ飛んで行きました。

甚四郎解開網仔後,鷹翍開兩隻翼飛去天頂。


「鷹よ。元気でなー」

「鷹啊,愛保重。」


甚四郎が見送っていると、それを見た畑の持ち主が、かんかんに怒りながら走って来ました。

甚四郎送走鷹以後,看著該个園主,當火著行過來。


「この野郎!せっかく捕まえた獲物を逃がしやがって!」

「這個漦仔!捉毋得著个東西,摎𠊎放放走!」


甚四郎が謝っても、畑の持ち主は許してくれないので、

甚四郎仰般形會失禮,園主都毋肯原諒佢。


「では、これでかんべんしてくれ」

と、反物を売ったお金を全部あげてしまいました。
「請你原諒。」

並摎賣綾羅綢緞个錢總下交分園主。


「嫁さん、怒るかな?」

「餔娘會閼敢哪?」


甚四郎は、そう思いましたが、鷹を助けた事がうれしくて、

甚四郎恁樣想,毋過救著鷹个事情還係當歡喜。


「まあ、何とかなるだろう」

と、のんきに口笛を吹きながら歩いていきました。
「好,總會有辦法!」

心情輕鬆緊行緊歕嗶嗶仔。


すると川の岸に、さっきの鷹がいるのが見えました。

過後,看著頭下該隻鷹在河壩脣。


甚四郎がかけよると、鷹は、何とカッパをおさえつけているのです。

甚四郎行兼去个時節,鷹仰會撳等一隻河童。


鷹に押さえつけられたカッパは、泣きながら甚四郎に頼みました。

分鷹撳等个河童,一頭叫一頭求甚四郎。


「助
けてください。助けてくれたらカッパの宝物延命小槌(えんめいこづち)げます延命小槌は、振りながら欲しい物を言うと、その願いをかなえてくれます」
「救命哦,若係救吾命𠊎就送河童个寶長命小槌分佢,緊搖長命小槌緊講想愛个東西,你就會得著該東西。」


それを聞いた甚四郎は、鷹に言いました。

聽著該个甚四郎斯摎鷹講︰


「助けてやれや」

「摎𠊎𢯭手!


そのとたん、鷹はカッパを離して、空へと飛んで行きました。

該下,鷹斯摎河童放忒,飛上天。


ありがとうございます
「承蒙你。


カッパは
甚四郎におって、約束通から延命小槌ってました
河童摎甚四郎感謝,照約定在河壩底拿出長命小槌,行過來。


さて、家に帰った甚四郎は、嫁さんを呼ぶと、さっそく延命小槌を試してみました。

轉到屋下个甚四郎,喊出餔娘,黏時試用長命小槌。


「米出ろ。米出ろ」

「米出來,米出來。


すると
本当、小槌るたびにザクザクとまっるのです
正經,小槌搖阿搖時節,米就sasa滾走出來。


甚四郎
さんも、大喜びです
甚四郎、餔娘非常歡喜。


そして
小槌から立派屋敷して、自分たちもいい着物、嫁さんの両親朝日長者招待しました
過後,用小槌變出派頭个大座屋、自家乜著萋頭个衫褲,招待丈人老、丈人哀。


招待された朝日長者は、立派な屋敷を見てびっくりです

朝日有錢人看著派頭个大座屋,嗄著驚。


「こんなに見事な屋敷と庭は、見たことがない」

「這恁派頭个大座屋摎庭院毋識看過。


「本当
。娘ですねえいい方にもらっていただいて」
「正經,妹仔還有福氣呢,嫁到恁好个人。」


朝日長者は、ご機嫌です。

朝日有錢人非常歡喜。


その夜、家へ帰ろうとする朝日長者に、嫁さんがいいました。

該暗晡,妹仔來摎按算愛轉个朝日有錢人講︰


「泊まっていかれないのですか?」

「在這過夜做得無?」


「ああ、若い二人の邪魔をしてはいけないからな」

「啊,毋好攪躁你兩個後生人哪。」


「でも、こんなに帰る道が暗いと、わたくしどもも心配です」

「毋過,這路恁暗,𠊎乜毋放心。」


すると甚四郎は、火の付いた松明を持ってきて言いました。

所以甚四郎擎等點著个火把過來,講︰


「なら、夜道を明るくしましょう」

「若係恁樣,用精把火照亮夜路。」


そして甚四郎は、なんと自分の屋敷に、松明の火をつけたのです。

所以,甚四郎就摎自家个大座屋點著火。


メラメラと音をたてて甚四郎の屋敷が燃えあがり、あたりが昼間のように明るくなりました。

甚四郎个大座屋燒到當猛,就近像日時頭樣,光華華。


「なんと、もったいない」

「仰會恁打爽。」


おどろく朝日長者に、甚四郎と嫁さんは、

甚四郎兩公婆就摎發痴驚个朝日有錢人講︰


「どうぞ気になさらずに。朝日長者のお屋敷に着く頃まで、わたくしどもの屋敷は燃え続けて明るいでしょう。さあ、ゆっくりとお帰りください」

「毋使煩惱,你轉到屋下以前,會繼續燒大座屋,摎你照路,順順仔行。」


と、笑いながら見送ったそうです。

笑咪咪送行。

 

おしまい
煞咧

前のページへ戻る

     11月30日の豆知識

366日への旅
きょうの記念日
カメラの日
きょうの誕生花
蘆(ヨシ)
きょうの誕生日・出来事
1985年 宮崎あおい (女優)
恋の誕生日占い
夢の為には努力を惜しまない、前向きな女の子
なぞなぞ小学校
頭の左側は、どんな味?
あこがれの職業紹介
ファイナンシャルプランナー
恋の魔法とおまじない 335
嫌な事、悲しい事を忘れる
  11月30日の童話・昔話

福娘童話集
きょうの日本昔話
カブ焼き甚四郎(じんしろう)
きょうの世界昔話
ヤンニとドラゴンとお嫁さん
きょうの日本民話
キツネとタヌキの化け比べ
きょうのイソップ童話
イヌの家
きょうの江戸小話
天狗(てんぐ)の災難(さいなん)
きょうの百物語
ホトトギスの兄弟
福娘のサイト
366日への旅
毎日の記念日・誕生花 ・有名人の誕生日と性格判断
福娘童話集
世界と日本の童話と昔話
女の子応援サイト -さくら-
誕生日占い、お仕事紹介、おまじない、など
子どもの病気相談所
病気検索と対応方法、症状から検索するWEB問診
世界60秒巡り
国旗国歌や世界遺産など、世界の国々の豆知識