福娘童話集 きょうの百物語 童話・昔話・おとぎ話の福娘童話集
 


福娘童話集 > きょうの百物語 > 1月の百物語 >くわしや

1月31日の百物語

くわしや

くわしや
群馬県の民話 → 群馬県の情報

♪音声配信(html5)
朗読者 : ☆横島小次郎☆

 むかしむかし、ある殿さまの家来に、渡辺民部左衛門という男がいました。

 ある日の事、殿さまの娘である姫が急に亡くなったので、姫の弔いにお城の人々はお寺へ向かったのですが、その途中で急に空模様が悪くなりました。
「むっ、あれほどの晴天であったのに」
 弔いの葬列を守っていた民部が空を見上げると、突然の雷鳴とともに空から黒い影が落ちてきて姫の棺に取り付いたのです。
「無礼者!」
 民部が刀で黒い影を切りつけると、
「ウギャーーー!!」
と、黒い影は叫び声をあげて逃げて行きました。
 その黒い影は、人の死体を食べる妖怪『くわしや』だったのです。

「よくぞ、姫をくわしやから守ってくれた。全く、見事な太刀筋よ」
 くわしやを退治した民部は、殿さまに大変ほめられました。

 それから数年後。
 民部は体調を崩したので、草津温泉へ湯治に出かけました。
 民部が湯につかっていると、どこからか額に刀傷のある山伏が現れて、民部の隣で湯につかりはじめました。
 やがて山伏は民部に顔を向けると、こう言いました。
「わたしは以前、ある高貴な若い娘の死骸をさらってやろうとしたのですが、ある武士に切りつけられてこの様な傷を負ってしまいました。
 あの時の武士の顔は、決して忘れはしません」
「・・・なに?」
「その仇を取ってやろうと、ここへやって来たのです」
「すると貴様は、あの時のくわしやか!」
「はい」
 山伏の言葉を聞いたとたん、民部は湯船の近くに隠していた刀で山伏を斬りつけました。
 しかし山伏はひょいと刀をかわすと、
「あの時の仇、確かに取らせていただきました」
と、民部に言って、そのままどこかへ消えてしまいました。
「逃がしたか。今度あった時は、必ず・・・、うっ、うぅ」

 その直後、民部の具合が急に悪くなり、そのまま寝込んで死んでしまったのです。

おしまい

前のページへ戻る

     1月31日の豆知識

366日への旅
きょうの記念日
シューベルト誕生日
きょうの誕生花
白妙菊(しろたえぎく)
きょうの誕生日・出来事
1977年 香取慎吾(歌手)
恋の誕生日占い
ひょうきんで頑固で目立ちたがり屋
なぞなぞ小学校
ゾウやワニなら出来るのに、キリンやライオンには出来ない遊びは?
あこがれの職業紹介
児童英語教師
恋の魔法とおまじない 031
ペットが飼えるおまじない
  1月31日の童話・昔話

福娘童話集
きょうの日本昔話
屁こき夫婦
きょうの世界昔話
赤ずきんちゃん
きょうの日本民話
青の洞門(どうもん)
きょうのイソップ童話
キツネとツル
きょうの江戸小話
行灯(あんどん)
きょうの百物語
くわしや
福娘のサイト
366日への旅
毎日の記念日・誕生花 ・有名人の誕生日と性格判断
福娘童話集
世界と日本の童話と昔話
子どもの病気相談所
病気検索と対応方法、症状から検索するWEB問診
世界60秒巡り
国旗国歌や世界遺産など、世界の国々の豆知識