福娘童話集 > きょうの江戸小話 福娘童話集 きょうの小話 童話・昔話・おとぎ話の福娘童話集
 


福娘童話集 > きょうの江戸小話 > 7月の江戸小話 > くさい商法

7月11日の小話

くさい商法

くさい商法

♪おはなしをよんでもらう(html5)
朗読 : 青のぷよの世界♪

 むかしむかし、上野の忍ばずの池の弁天(べんてん)さまが、久しぶりのお開帳(かいちょう→ふだんは見せない物を公開する事)という事になりました。
 おかげで弁天さまのお堂がある小さな島は、朝早くから日暮れまで大変な賑わいです。
 アメ屋に、だんご屋、おもちゃ屋などは当たり前で、子どもの名前を木札に彫り上げる、まい子の札売りから、四六のガマの油売りに、松井源水(まついげんすい→有名な、こま回し師)のこま回し。
 少しはなれたところには、茶屋もずらりと並んでいます。
 これだけ人がいれば、トイレに困るのは今もむかしも同じです。
 ところがここは弁天さまの島なので、やたらに小便が出来ません。
 これには特に、女の人が困ってしまいました。

 さて、頭のいい男がこれを見て、茶店の裏を借りて『貸し便所』を開いたのです。
 これが大当たりで、一回が五文(ごもん→百五十円ほど)の高い料金でも、お客がとぎれることがありません。
 これを、お調子者の太郎作(たろうさく)が見て、
「こいつは、うまい思いつきだ。よし。おれも便所を作って大もうけしよう」
と、さっそく家に帰って女房に相談しました。
「なあ、おれたちも貸し便所をやらねえか。一回十文でやれば、おおもうけだぞ」
 すると女房は、あきれ顔で言いました。
「すでに一軒あるんだよ。今さら二軒目を立てたって、はやりっこないよ。ましてや、倍の十文じゃあねえ」
「なあに、商売はやりようさ。おれがやれば、五文を十文にしたって客が来るさ」
 太郎作は女房を無理矢理さそって、今ある便所のすぐ隣に、新しい十文の貸し便所を始めました。
 すると太郎作の便所は大繁盛で、お客がずらりと並んで順番待ちが絶えません。
 それに比べて初めからある隣の便所は、太郎作の便所よりも料金が安いのに入る者がいません。

 こうして夕方になると、太郎作夫婦は重たい銭箱(ぜにばこ)をかついで家に帰ったのです。
「どうだい、女房。おれの言った通り、倍の十文でも大繁盛だったろう」
 太郎作は、鼻高々です。
 すると女房が、いかにも不思議そうに言いました。
「それにしても、どうしてうちの方ばっかりに人が来たんでしょうね? あっちは半値の五文なのに」
「だから言ったろう、商売はやりようだって。実はな、ちっとばかり頭を使ったんだ」
「あれ、お前さんがかい? 一体、どんなやり方だい?」
「商売をしている間、おれはいなかっただろう?」
「ああ、忙しい時に、どこへ行っていたんだい?」
「実は隣の便所に客が流れないよう、おれが隣の便所に一日中、入っていたんだ」

♪ちゃんちゃん
(おしまい)

前のページへ戻る


     7月11日の豆知識

366日への旅
きょうの記念日
世界人口デー
きょうの誕生花
フクシア(Fuchsia)
きょうの誕生日・出来事
1988年 井口 裕香 (声優)
恋の誕生日占い
面倒見が良く、しっかり者のお母さんタイプ
なぞなぞ小学校
寒くなると、口から出る白い物は?
あこがれの職業紹介
通訳者
恋の魔法とおまじない 193
年上から好感を持たれるおまじない
  7月11日の童話・昔話

福娘童話集
きょうの日本昔話
カッパのきず薬
きょうの世界昔話
おくびょうウサギ
きょうの日本民話
カッパと寿円禅寺(じゅえんぜんじ)
きょうのイソップ童話
ウサギとイヌ
きょうの江戸小話
くさい商法
きょうの百物語
二つ目のお化け
福娘のサイト
366日への旅
毎日の記念日・誕生花 ・有名人の誕生日と性格判断
福娘童話集
世界と日本の童話と昔話
女の子応援サイト -さくら-
誕生日占い、お仕事紹介、おまじない、など
子どもの病気相談所
病気検索と対応方法、症状から検索するWEB問診
世界60秒巡り
国旗国歌や世界遺産など、世界の国々の豆知識