童話・昔話・おとぎ話の福娘童話集
福娘童話集 きょうの日本民話
 


福娘童話集 > きょうの日本民話 > 4月の日本民話 >とげぬき地蔵(延命地蔵)

4月1日の日本民話

とげぬき地蔵(延命地蔵)

とげぬき地蔵(延命地蔵)
東京都の民話東京都情報

♪音声配信(html5)
朗読者 : スタヂオせんむ

 江戸時代の中頃、江戸の小石川(こいしかわ→今の文京区)に、病気の妻を持つ田村という侍がいました。
 侍はお地蔵さまを心から信心しており、毎日毎日、妻の病が早く治る様に、
「帰命頂礼地蔵尊菩薩(きみょうちょうらいじぞうそんぼさつ)、帰命頂礼地蔵尊菩薩」
と、お地蔵さまをおがんでいました。
 しかし妻の病気は悪くなる一方で、日に日にやせおとろえてゆくばかりです。

 そんなある晩の事、侍の夢枕にお地蔵さまが現れて言いました。
「お前の願いを聞いた。妻の病を治したかったら、わしの姿を一万枚の紙に写して川に流すがよい」
「はっ、ありがとうございます!」
 そこで侍は目を覚ましました。
「おおっ、お地蔵さまから、夢のお告げがあったぞ」
 喜んだ侍がふと枕元を見ると、不思議な事に見た事のない小さな板が置いてあります。
 板をよく見てみると、何か人の姿が彫ってある様に見えます。
「これは、もしや」
 侍がその板に墨をつけて紙に押し当ててみると、紙にお地蔵さまのお姿が写ったのです。
「やはりそうだ。これは、お地蔵さまからの授かり物に違いない! これを一万枚を作れば良いのだな」
 侍はさっそく一万枚の紙にお地蔵さまを刷ると、両国橋から隅田川へと流しました。

 さてその翌朝、妻は布団から起き出すと、侍に言いました。
「あなた。たった今、夢の中にお地蔵さまが現れて、わたくしの枕元にいた死神を追い払って下さりました」
「そうか! それは良かった! お地蔵さま、ありがとうございます!」
 そして妻の病気は日に日に良くなり、半月もしないうちに妻は元の元気な身体へと戻ったのです。
 するとこの話が広まって、お地蔵さまの姿を写した札は延命地蔵(えんめいじぞう)と呼ばれ、その札をもらいに来る人が次から次へとやって来る様になったのです。

 さて、お話は、これで終わりではありません。

 それからしばらくしたある日、有名な毛利家(もうりけ)の江戸屋敷の女中が針仕事をしていて、うっかり口にくわえた針を飲み込んでしまったのです。
 さあ、大変です。
 すぐに知らせを受けた医者がやって来ましたが、いくら医者でも飲み込んだ針を取り出す事は出来ませんでした。
 下手に吐き出さそうとしても、針が体に食い込むだけです。
 そんな大騒ぎしているところへ、西順(せいじゅん)というお坊さんが通りかかりました。
 話を聞いた西順は、たまたま持っていた延命地蔵の札を差し出して言いました。
「このお地蔵さまのお姿の写された札を、水に浮かせて飲み込んでみなされ」
 そこですぐに女中に紙を飲み込ませてみると、先程まで痛い痛いと苦しんでいた女中が、
「うっ!」
と、口から飲み込んだ紙を吐き出しました。
 それを見てみると、その紙に飲み込んだ針が突き刺さって出て来たのです。
 この時から延命地蔵は、『とげぬき地蔵』とも呼ばれて、ますます評判となりました。
 やがて侍は、
「こんなにありがたいお地蔵さまを、自分一人で持っていてはもったいない」
と、上野の車坂(くるまざか)にある高岩寺(こうがんじ)に納める事にしたのです。

 そのとげぬき地蔵(延命地蔵)は、明治二十四年、高岩寺とともに上野から山手線巣鴨駅の近くのに移りました。
 そして今でも、病気で悩んでいる人がお参りに来るそうです。

おしまい

前のページへ戻る

     4月 1日の豆知識

366日への旅
きょうの記念日
エイプリルフール
きょうの誕生花
マーガレット(marguerite)
きょうの誕生日・出来事
1961年 高橋克実 (俳優)
恋の誕生日占い
高い目標を持ち、それに突き進む
なぞなぞ小学校
足に隠れている、双子の男の子は?
あこがれの職業紹介
レストラン経営者
恋の魔法とおまじない 092
言い伝え、猫が顔を洗う
  4月 1日の童話・昔話

福娘童話集
きょうの日本昔話
カチカチ山
きょうの世界昔話
クルミ割り人形とネズミの王さま
きょうの日本民話
とげ抜き地蔵(延命地蔵)
きょうのイソップ童話
ライオンに化けたロバ
きょうの江戸小話
かわをむく
きょうの百物語
壁の中から
福娘のサイト
366日への旅
毎日の記念日・誕生花 ・有名人の誕生日と性格判断
福娘童話集
世界と日本の童話と昔話
女の子応援サイト -さくら-
誕生日占い、お仕事紹介、おまじない、など
子どもの病気相談所
病気検索と対応方法、症状から検索するWEB問診
世界60秒巡り
国旗国歌や世界遺産など、世界の国々の豆知識