童話・昔話・おとぎ話の福娘童話集 福娘童話集 きょうの日本民話
 


福娘童話集 > きょうの日本民話 > 9月の日本民話 > ハチの恩返し

9月2日の日本民話

ハチの恩がえし

ハチの恩返し
栃木県の民話栃木県情報

おりがみをつくろう ( おりがみくらぶ より)
蜂の折り紙はち   扇子の折り紙せんす

 むかしむかし、那須与一(なすのよいち)という、弓の名手(めいしゅ)がいました。
 与一(よいち)は源氏(げんじ)の武士(ぶし)で、平家(へいけ)と戦った屋島の合戦(やしまのかっせん)の時に、海に逃れていた平家の小舟に立てた扇(おおぎ)の的(まと)をたった一本の矢で射落(いお)としたのです。
 そのあまりの見事さに、この時は敵も味方も関係なく大歓声(だいかんせい)がわきあがったそうです。
 このとき与一は、二十歳の若者でした。
 このお話は、その数年前のお話です。

 与一は幼い頃から下野の国(しもつけのくに→栃木県)で、弓の腕をみがいていました。
 ある日、与一が弓を持って那煩野(なすの)の原へ狩りに出かけると、ススキのやぶにはられたクモの巣(す)に一匹のハチがかかってもがいていたのです。
 葉っぱのかげには大きなクモがいて、獲物(えもの)が疲れるのをジッと待っています。
「クモはこのハチを食べなくても死にはしないが、ハチはクモに食べられれば死んでしまう」
 そう思った与一は、弓の先でクモの巣をやぶってハチを逃がしてやりました。

 それから何日かたって、与一がまた那須野の原に出かけると、ススキのやぶの中に子どもが立っています。
 子どもはにっこり笑うと、与一に深々と頭を下げて言いました。
「この間は命をお助け下さって、ありがとうございました。お礼がしたいと、父がお待ちしております。ぜひ、家へお立ち寄り下さい」
「はて? この間とは?」
 この時、与一はハチを助けた事を思い出しました。
(しかし、まさかな)
 与一が子どもに案内されるままススキのやぶに進むと、やぶの奥に美しい赤い門がたっていて、金銀をちりばめたように光り輝く宮殿(きゅうでん)があったのです。
 宮殿の中に通されると、頭にかんむりをのせた老人が待っていました。
「与一どの、来てくれてありがとう。この子は、わたしの子です。あなたの助けによって、命をすくわれました。恩返しのお礼に、わが家に伝わる宝物の矢を差し上げましょう。この矢で射(い)れば、あなたは天下(てんか)に名をあげる事が出来るでしょう」
 そう言って老人は、与一に一本の矢を手渡しました。
「これは素晴らしい!」
 それはとても美しい矢で、持つだけで力がわいてきます。
「これほどの矢を、ありがとうございます」
 喜んだ与一が顔を上げると、不思議なことに老人も子どもも、黄金の宮殿も立派な赤い門も消えていていたのです。

 さて、与一がのちに屋島の合戦で平家の小舟の扇の的を射たのは、このときハチにもらった矢だったという事です。

おしまい

前のページへ戻る


     9月 2日の豆知識

366日への旅
きょうの記念日
宝くじの日
きょうの誕生花
チューベローズ(tuberosa)
きょうの誕生日・出来事
1974年 国分 太一 (ミュージシャン)
恋の誕生日占い
礼儀正しく、人なつっこい性格
なぞなぞ小学校
上は工場下がゴミ箱なのは?
あこがれの職業紹介
スポーツドクター
恋の魔法とおまじない 246
別れのおまじない
  9月 2日の童話・昔話

福娘童話集
きょうの日本昔話
歯をボロボロにされた鬼
きょうの世界昔話
リジーナとネコの家
きょうの日本民話
ハチの恩返し
きょうのイソップ童話
イヌにかまれた男
きょうの江戸小話
やぶ医者
きょうの百物語
鵺(ヌエ)
福娘のサイト
366日への旅
毎日の記念日・誕生花 ・有名人の誕生日と性格判断
福娘童話集
世界と日本の童話と昔話
女の子応援サイト -さくら-
誕生日占い、お仕事紹介、おまじない、など
子どもの病気相談所
病気検索と対応方法、症状から検索するWEB問診
世界60秒巡り
国旗国歌や世界遺産など、世界の国々の豆知識