福娘童話集 > きょうの百物語 福娘童話集 きょうの百物語 童話・昔話・おとぎ話の福娘童話集
 


福娘童話集 > きょうの百物語 > 9月の百物語 > ヌエ

9月2日の百物語

ヌエ

ヌエ(鵺)
京都府の民話京都府情報

 むかしむかし、仁平(にんぴょう)三年(1153年)の春の事。
 京の都の御所の林に、夜になると「ヒョーヒョー」と鳥の様な気味の悪い声で鳴く、ヌエという怪しげな妖怪が現れる様になりました。
 その泣き声を聞いた者は体調を崩すと言うので、困った役人たちは源頼政(なみもとのよりまさ)という弓の名手にヌエ退治を頼みました。

 五月二十日、ヌエ退治にやって来た頼政は役人たちと一緒に林へ行くと、ヌエが現れるのを待ちました。
 やがて夜もふけて、辺りが深い闇に包まれます。
 いつもならヌエが鳴く時間ですが、どうした事かヌエが鳴きません。
 心配した役人たちが、ひそひそと話しをしました。
「今夜は、鳴かないな」
「弓を構えた頼政殿がいるので、ヌエも警戒しているのだろう」
「鳴かなくては、こんな暗闇でヌエを見つける事は出来ないぞ」
「さしもの頼政殿も、これでは無理だな」
 しかし頼政には、ある考えがありました。
 頼政は大きなうなりをつけた矢を取り出すと、天空に向けて放ちました。
 ビュュュューーーーー!
 矢は大きな風音をたてて、闇の中へ吸い込まれていきました。
 するとその音に驚いたのか、ヌエが羽音をたてて真っ暗な空へと舞いあがったのです。
 頼政はその羽音を確かめると、すかさず二の矢を放ちました。
 ヒューーン!
 ドサッ!
 二の矢は闇の空を飛んで、空を飛んでいたヌエを見事に射落としました。
 頼政の見事な腕前に、どっと歓声があがります。
 人々はさっそく射落とされたヌエのそばに駆け寄り、その奇妙な姿を見てびっくりです。
 そのヌエの姿とは、頭はサル、体はタヌキ、手足はトラ、そして尻尾はヘビだったのです。
「鳴き声からヌエとは鳥の様な物と思っていたが、この様な姿であったのか」
「よし、持ち帰って都の人々にも見せてやろう」
 そこで役人たちは、このヌエを京の町の人々に見せる事にしました。
 ところがそれからすぐに、疫病がはやりだしたのです。
「この疫病は、ヌエのたたりかも知れない」
「死んでも、人に害をなすとは」
 恐れた役人たちは、死んだヌエを川へ流しました。
 そしてそれが流れついたのが、大阪の都島でした。
 京からの噂を聞いていた都島の人たちは、たたりを恐れて、すぐにヌエを塚に埋葬しました。
 それが今も大阪の地下鉄都島駅の商店街裏手に残る、都島のヌエ塚だと言われています。

おしまい

前のページへ戻る


     9月 2日の豆知識

366日への旅
きょうの記念日
宝くじの日
きょうの誕生花
チューベローズ(tuberosa)
きょうの誕生日・出来事
1974年 国分 太一 (ミュージシャン)
恋の誕生日占い
礼儀正しく、人なつっこい性格
なぞなぞ小学校
上は工場下がゴミ箱なのは?
あこがれの職業紹介
スポーツドクター
恋の魔法とおまじない 246
別れのおまじない
  9月 2日の童話・昔話

福娘童話集
きょうの日本昔話
歯をボロボロにされた鬼
きょうの世界昔話
リジーナとネコの家
きょうの日本民話
ハチの恩返し
きょうのイソップ童話
イヌにかまれた男
きょうの江戸小話
やぶ医者
きょうの百物語
鵺(ヌエ)
福娘のサイト
366日への旅
毎日の記念日・誕生花 ・有名人の誕生日と性格判断
福娘童話集
世界と日本の童話と昔話
女の子応援サイト -さくら-
誕生日占い、お仕事紹介、おまじない、など
子どもの病気相談所
病気検索と対応方法、症状から検索するWEB問診
世界60秒巡り
国旗国歌や世界遺産など、世界の国々の豆知識