夏休み特集 虫の昔話 童話・昔話・おとぎ話の福娘童話集
福娘童話集メニュー

福娘童話集 ホーム


むしのむかしばなし

広 告
 


福娘童話集 >虫・昆虫のお話し 夏休み特集 > ハチとアリ

むし・こんちゅうのお話し 第 3 話

ハチとアリかいわけ

ハチとアリ
秋田県の民話秋田県情報

おりがみをつくろう ( おりがみくらぶ より)
蜂の折り紙はち   魚の折り紙さかな  蟻の折り紙あり

 むかしむかし、男鹿半島(おがはんとう→秋田県)には虫たちの国があり、その国にきれいなハチが住んでいました。
 ハチの羽はきれいに透き通っていて、まるで天女(てんにょ)の羽衣(はごろも)のようです。
「なんてきれいんだろう。日の光に透かすと、虹の様にきれいなしまもようが出来る。おらは、この村で一番美しいんじゃ」
と、ハチは、われながらうっとりです。
 さて、おなじ村に住むアリはというと、いつもいつもドロンコになりながら働いています。
 ハチは、働いているアリのところへ飛んできて言いました。
「毎日毎日ごくろうじゃのう。でも、働くばかりじゃなくて、たまには海でも見てゆっくり休んではどうじゃ?」
「海? 海ってなんだ?」
「おや? アリさんは海を知らんのか? まあ、何と言えばいいのか。海はな、塩からい水が青く光っていて、ザブーン、ザブーンと波打ってるだよ」
「ザブーン、ザブーンか。おもしろそうだな」
「そうとも。それからな、その海に何がいると思う?」
「さあ、知らねえ」
「さかなだよ。さかながいるんだ」
「さ・か・な?」
「なんだ、さかなも知らんのか。さかなはな、すっごくおいしい食べ物なんだ」
「へーっ、そんなにおいしいなら、食ってみたいな」
「だがな、おらの、この美しい羽なら海までひとっ飛びじゃが、アリさんにはちょっと無理じゃな」
「大丈夫。ちゃんとハチさんについていくから」
「よし、じゃあ、ちゃんと、ついてこいよ」
「わかった!」
 アリは、空を飛ぶハチを必死で追いかけました。
 やがて、一足先に海に着いたハチは、海に突出している岩の上でひと休みです。
「ああ、海はいつ来ても気持ちがいいな。・・・おや?」
 ハチは、岩のまわりを泳いでいるニシンのむれを見つけました。
「これはニシンじゃねえか。よしよし、一番大きいのを取ってやる。・・・今だ!」
 ハチは飛びはねたニシンをつかまえると、おしりのハリでチクリと刺しました。
「よし、つかまえたぞ!」
 そのころアリは、やっと海に到着しました。
「こいつが海というものか。海って、でっかいなー」
 アリが感心していると、波にのって飛び出した大きなタイが空中へ投げ出されて、アリの目の前にドスンと落ちました。
 そこへ、ニシンを持ってハチが飛んできました。
「おーい、アリさん、やっと来たんだな。あんまり遅いんで、おらはもうニシンをつかまえたぞ。見てみろ、この大きなニシンを。・・・うん? ややっ、アリさん、これはなんともでっかいタイだな」
「これは、タイというのか?」
「そうだ。タイはさかなの王さまで、味は天下一品じゃ」
「そうか、それはありがたい。ところでハチさん。ハチさんが持っているそのさかなは?」
「これか? これはニシンじゃ。アリさんがあんまりおそいんで、もうとっくのむかしにつかまえたんだ」
「さすがハチさん。・・・じゃが、ニシンよりもタイの方がでっかいし、赤くてうまそうだ」
 そういうアリに、ハチがすり寄ってきていいました。
「なあ、アリさん。おらは見た目にもきれいだし、美しい羽根も持っている。そのタイはおらの方が似合うと思うのだが」
「うん? 取替えっこをしてくれというのか? いやだ、ことわる」
 そういってタイをかついで帰ろうとするアリに、ハチは追いかけていいます。
「なあ、友だちのアリさん。このおらの美しさには、この赤いタイがお似合いなんだ。それに、お前さんの黒っぽい体には、ニシンの青黒い色はちょうどよく似合う。そうだと思わねえか」
「思わん! とにかくタイはやらん!」
「いいや、タイはおらで、アリさんがニシンじゃ!」
「ハチさんが、ニシンじゃ」
「なんだと!」
「なにおー!」
 こうしてハチとアリのけんががはじまり、二匹は村長のカブトムシに、どちらがタイをもらうかを決めてもらうことにしました。
 ハチとアリの話しを、ジッと聞いていた村長がいいました。
「よし、それではさばきをつける。ハチとアリよ、よーく聞くがいい」
「はい」
「へい」
「まずハチよ。おまえは九九(くく)を知っとるか?」
「はい、知ってます」
「では、二、四が?」
「八です」
「そのとおり。二、四が八。つまり、ニシンがハチじゃ」
「なるほど」
「つぎに、アリよ」
「へい」
「人から物をもらったら、なんという?」
「ありがたいです」
「そう、ありがたいじゃ。つまり、アリがタイじゃ」
「なるほど」
「これによって、アリがとったタイはアリの物。ハチがとったニシンはハチの物ということじゃ。じゃが、お前たちは友だち同士、どっちがどっちでけんかするよりも、ニシンとタイをなかよく半分ずつにしてはどうじゃな」
「なるほど、その手があったか」
 村長の話になっとくしたハチとアリは、ニシンとタイを仲良く半分こして食べたそうです。

前のページへ戻る

虫・昆虫のお話し 6話
アリとキリギリス
白カタツムリ
ハチとアリ
2匹のコガネ厶シ
チョウチョのお嫁さん探し
カとライオン
福娘のサイト
366日への旅
毎日の記念日・誕生花 ・有名人の誕生日と性格判断
福娘童話集
世界と日本の童話と昔話
子どもの病気相談所
病気検索と対応方法、症状から検索するWEB問診
世界60秒巡り
国旗国歌や世界遺産など、世界の国々の豆知識