クリスマス・大晦日の昔話 童話・昔話・おとぎ話の福娘童話集
 


福娘童話集 >クリスマス・おおみそかのお話し >貧乏神と福の神

クリスマス・おおみそかのお話し 第 5 話

貧乏神と福の神
イラスト 小技のイラスト作品集 (C)KOWAZA

貧乏神と福の神

♪音声配信(html5)
音声 スタヂオせんむ

 むかしむかし、ある村に、とても貧乏な男がいました。
 働き者の男ですが、いくら働いても暮らしはちっとも楽になりません。
 それと言うのも、実は男の家には貧乏神が住み着いていたからです。
 そんな男に、村の人たちが嫁(よめ)の世話をしました。
 この嫁は美人な上に働き者で、朝から晩まで働きます。
「いい嫁ごだ。よし、わしも頑張るぞ!」
 男は以前にも増して、働く様になりました。
 そうなると、困ったのは貧乏神です。
「何とまあ、よう働く夫婦じゃ。これでは、ここに居づらくなってきたのう。わしゃ、どうすればいいんじゃろう?」
と、だんだん元気がなくなってきました。

 それから何年かたった、ある年の大晦日。
 男の家では、わずかながらもごちそうを用意して、ゆっくりと正月を迎えようという時。
「うぇ~ん、うぇ~ん」
 天井裏から、泣き声が聞こえてきます。
「おや? 誰じゃろう?」
 男が見に行くと、何とも汚い身なりのおじいさんが一人、声を張り上げて泣いていました。
「あんたは、一体誰かね?」
「わしか? わしゃ、貧乏神じゃ。
 ずっとむかしからこの家に住んでおったのに、お前ら夫婦がよう働くもんで、今夜、福の神がやって来るちゅうんじゃ。
 そしたらわしは、出て行かんとならんのだ。
 うぇ~ん、うぇ~ん」
 男は自分の家の守り神が貧乏神と聞いて少しガッカリしましたが、それでも神さまは神さまです。
 下の部屋に降りてもらって、嫁に訳を話しました。
 そして貧乏神が可哀想になった男は、ついこんな事を言いました。
「せっかく、長い事おったんじゃ。これからもずっと、ここにおって下され」
 すると、嫁も口をそろえて。
「そうじゃ、そうじゃ。それがええ」
 どこへ行っても嫌われ者の貧乏神は始めて優しい言葉をかけられて、今度は嬉し泣きです。
「うぇ~ん、うぇ~ん」
 こうしているうちに夜もふけて、除夜(じょや)の鐘が鳴り始めました。
 これが、神さまの交代する合図です。

 その時、
♪ トントントン
と、戸を叩く音がしました。
「こんな夜更けに、どなたですじゃ?」
「ガッハハハハ。
 お待たせ、お待たせ。
 わしは神の国からはるばるやって来た幸福の使い。
 誰もがわしを待ち望む
 福の神だー!」
 ついに、福の神がやって来ました。
 福の神は、貧乏神に気がつくと、
「何だ、薄汚い奴め、まだおったんか。はよ出て行かんと、力ずくでも追い出すぞ!」
 だが、貧乏神も負けていません。
「なにお~っ!」
と、福の神に突進しましたが、やせてヒョロヒョロの貧乏神と、でっぷりと太った福の神では勝負になりません。
 それを見ていた夫婦は、
「あっ、危ない!」
「貧乏神さま、負けるでねえぞ!」
 それを聞いておどろいたのは、福の神です。
「何で? 何で、貧乏神を応援するんじゃあ?」
 夫婦は貧乏神と一緒に、福の神を家の外へ押し出します。
「わっせい! わっせい!」
 とうとう三人がかりで、福の神を家の外へ押し出してしまいました。
 追い出された福の神は、あぜん、ぼうぜん。
「わし、福の神よ。
 中にいるのが、貧乏神。
 貧乏神は嫌われて、福の神は大切にされるはずなのに。
 これはいったい、どういう事?」
 首をひねりながら、すごすごと引きあげて行きました。
「やった、やった!」
 次の日は、めでたいお正月です。
 貧乏神も一緒に、お正月のお祝いをしました。
 それからというもの貧乏神のせいで、この家はあまり金持ちにはなりませんでしたが、それでも元気で幸せに暮らしたという事です。

おしまい

前のページへ戻る

クリスマス・大晦日のお話し 7話
クリスマスの鐘
フランダースのイヌ
モミの木
かさじぞう
貧乏神と福の神
マッチ売りの少女
魔法のボウシ
福娘童話集メニュー

福娘童話集 ホーム


クリスマス、大晦日のお話し

クリスマスについて

きよしこのよる物語

おおみそかについて