小学生童話 幼稚園・保育園の童話集 福娘童話集
ふくむすめどうわしゅう > しょうがくせいどうわ > 1ねんせいむけ > せかいむかしばなし > まほうのボウシ
         メ ニ ュ ー

福娘童話集
にほん むかし ばなし
せかい むかし ばなし
にほん みんわ
イソップ どうわ
えど こばなし

おはなし  いちらん

しょうがくせい どうわ
こ う こ く
 


1ねんせいのせかいむかしばなし

魔法のボウシ

まほうの ボウシ
デンマーク の むかしばなしデンマーク の せつめい

♪朗読配信
企画・制作:A'sf

 むかしむかし、 あるとしの クリスマスの ひのこと ヒツジかいの わかものが、 おかのうえから ボンヤリと むらを ながめていました。
「おやっ? あれは なんだろう?」
 むらの まんなかに ある ひときわ おおきなのいえに、 つぎから つぎへと ひとが はいっていきます。
 みんな、 とびきり おめかしを しています。
「わかった。 クリスマスパーティーが あるんだな。 おいらも みにいきたいなあ」
 しばらくすると のうかから、
♪チリリン、 チリリン、 チリリン
と、 たのしそうな かねのおとが きこえてきました。
 ごちそうが できたと いう あいずです。
 とたんに、 じめんのそこから こえが わきあがりました。
「ボウシは どこだ? ボウシは どこだ?」
(ボウシ? いったい、 なんのことだ?)
 ヒツジかいは、 ためしに どなってみました。
「おーい、 おいらの ボウシも あるかい?」
 すると、 だれかが こたえました。
「あるよ。 おいらの とっつあんのを かぶりなよ」
 こえと いっしょに、 おんぼろボウシが めのまえに とびだしました。
 ヒツジかいが、 こわごわ かぶってみると、 めのまえに こびとが ウジャウジャと あらわれました。
♪ほうい ほうい ごちそうだ
 こびとたちは うたいながら、 おおきないえに むかって かけだしました。
 ヒツジかいも、 そのあとを おいかけました。

 とちゅうで なんにんも しりあいに であったので、 ヒツジかいは ていねいに あいさつを しました。
「こんにちは、 きょうは いいてんきですね」
 ところが こえを かけられたひとは、 めを まるくして キョロキョロと あたりを みまわすばかりです。
「へんだなあ。 おいらが みえないのかな?」
 くびを ひねっているうちに、 ヒツジかいは ふと きがつきました。
「そうか。 こいつは まほうのボウシだ。 かぶると すがたが みえなくなるんだ。 いいぞ、 いいぞ。 これで パーティーに もぐりこめるぞ」
 ヒツジかいは うれしくなって、 スキップしながら のうかに はいって いきました。
 テーブルには、 ごちそうが いっぱいです。
 ところが おきゃくさんが、 さあ たべようと てをのばすと、 おさらは からっぽです。
「おかしいな? さっきまで、 たしかに あったのに」
「ああっ、 フォークから ソーセージが きえたぞ!」
 おきゃくは おおさわぎです。
 じつは、 ごちそうは ぜんぶ、 こびとたちが よこどり しているのです。
 ヒツジかいも、 たらふく つめこみました。
「そうだ。 おかあさんにも もっていってやろう」
 ヒツジかいは、 ポケットに たべものや ワインのビンを つめこんで いえに かえりました。
 ヒツジかいが もってかえった ごちそうに おかあさんも おおよろこびです。
「ああ、 おいしかった。 でも どうせなら、 あしたのぶんもあれば もっといいのに」
 ヒツジかいは なるほどと おもい、 おおきないえと じぶんのいえを せっせと いききして、 たくさんの ごちそうを はこびました。

 おひさまが しずむころ、 おおひろまで ダンスが はじまりました。
 みんな、 たのしそうに おどっています。
「おいらも、 おどりたいなあ」
 ヒツジかいが まえにでていると、 かわいいおんなのこたちが、クルクルまわりながら ちかづいてきました。
 おんなのこたちが おんがくに あわせて まわるたびに スカートのすそが フワリとひろがります。
 ヒツジかいが そのかわいらしいダンスにみとれていると おんなのこのスカートのすそが ヒツジかいのボウシに あたり、 ボウシが あたまから おちました。
 するととつぜん ヒツジかいが すがたを あらわしたので、 まわりのひとは ビックリ。
「わっ。 おまえ、 どこからきたんだ!」
「たべものを ポケットに いれているぞ! さては、たべものドロボウは おまえだな! それ、 やっつけろ!」
  みんなは ヒツジかいを とりまくと、 ポカポカと なぐりつけました。
「たすけてえー! ごめんなさーい!」
 ヒツジかいは ポケットの たべものを ほうりだして、 いのちからがら にげだしました。

 そのとき まほうのボウシを なくしてしまい、 ヒツジかいが どんなにさがしても、 にどと みつからなかったそうです。

 → けっこんしきバージョン

おしまい

 → 結婚式バージョン

※ この「魔法のボウシ」の朗読は、以下の方々により、ご提供を受けた作品です。

出演:ちえみおねえさん

音楽・演出:thin-p @ A'sf
(一部、著作権フリー音源を使用)

企画・制作:A'sf

おはなしパタくんへのリンクURL
http://patakun.seesaa.net/article/174371061.html

A'sf へのリンク
http://asfradio.seesaa.net/

前のページへ戻る


       福娘のサイト

366日への旅
きょうの記念日
毎日の素敵な記念日をイラスト付きで紹介。
きょうの誕生花
毎日の誕生花を花写真付きで紹介。
きょうの誕生日・出来事
有名人の誕生日やその日の出来事と性格判断
       福娘のサイト

子どもの病気相談所
子どもの病気相談所
病気検索と対応方法、症状から検索するWEB問診
       福娘のサイト

世界60秒巡り
世界60秒巡り
世界の国旗・国歌・国鳥・観光名所などを紹介。
世界遺産巡り
日本と世界の世界遺産を写真付きで紹介。
都道府県巡り
47都道府県の豆知識。
県章、県鳥、県花、観光名所など。