みんなが知ってる 世界の有名な話 ☆福娘童話集☆ 童話・昔話・おとぎ話の福娘童話集
福娘童話集 > ジャンル別 > 世界の有名な話 > ウィリアム・テル
お話しの移動
・ 福娘童話集

・ ジャンル別

・ 世界の有名な話 (全50話)

→  1話 〜 10話
→ 11話 〜 20話
→ 21話 〜 30話
→ 31話 〜 40話
→ 41話 〜 50話
- 広 告 -
 


世界の有名な話 第49話

ウィリアム・テル

ウィリアム・テル
スイスの昔話 → スイスの国情報

 むかしむかし、今から五百年以上も前の、スイスでの出来事です。
 そのころスイスは、となりの国のオーストリアのものでした。
 どこヘいっても、オーストリアの兵士がいばっています。
 スイスの人たちは、一日もはやく、自分たちだけの国にしたいとのぞんでいました。
 オーストリアでは、そんなスイスの人たちの自由をのぞむ気持ちを知ると、ますますきびしくなり、少しでもオーストリアの悪口をいうと、ろうやに入れられてしまうのです。
 ある時、オーストリアから、ゲスラーという役人がやってきました。
 ゲスラーは、とてもいじわるな人でした。
 ゲスラーは町の広場のまん中に長い棒をたてて、その上にひとつのボウシをかかげさせました。
 棒の横のたてふだには、
『このボウシは、オーストリア皇帝のボウシである。ボウシのまえを通る時は、かならずおじぎをすること。おじぎをしないものは、すぐ死刑にする』
と、書いてありました。
 町の人たちはしかたなしに、ボウシにおじぎをしました。
 そこへウィリアム・テルという、森にすむ猟師が、六つになる息子をつれて通りかかりました。
 テルは、スイスの自由をのぞんでいる一人です。
 テルは、ボウシとたてふだを見ても、
(ここはスイスだ。オーストリア皇帝のボウシに、おじぎをすることはない)
と、そのまま通りすぎようとしました。
 するとすぐに見張りの兵士につかまって、ゲスラーのまえにつれていかれました。
「なぜ、ボウシにおじぎをしないのだ?」
「わたしは、スイス人ですから」
「何っ?」
 テルの答えに、ゲスラーはどなりました。
「すぐに死刑にしてやる! ・・・いや、まてよ」
 ゲスラーは、テルのそばにいるテルの息子に気がついて、ニヤリと笑いました。
「死刑はゆるしてやろう。そのかわり、そこにいる息子の頭の上にリンゴをのせて、遠くからそのリンゴを矢でおとすのだ。いいな」
 いじわるなゲスラーらしい、思いつきでした。
「さあどうした。自分のうでに自信がないのか? やらないのなら、おまえも子どもも死刑だ!」
 テルは決心しました。
 息子を木の下にたたせて、頭の上にリンゴをのせると、自分は二本の矢をとりました。
 緊張(きんちょう)のあまり、弓矢を持つテルの手がふるえています。
 それを見た息子が、遠くの木の下からテルにさけびました。
「お父さん、ぼくはだいじょうぶだよ。こわくないよ。だって、ぼくのお父さんは、スイス一の弓の名人だもの」
 息子の言葉に勇気づけられたテルは、弓に矢をつがえると、ねらいをさだめて手をはなしました。
 ビューン!
 矢はまっすぐにとんで、みごとリンゴのまん中をうちぬきました。
 まわりで息をひそめて見ていた人たちから、「ワアーッ!」というかん声があがりました。
「テル、バンザーイ。スイス一の弓の名人、バンザーイ」
 おもしろくないゲスラーは、テルにむかっていいました。
「よくやった。だが、なぜ矢を二本とったのだ?」
「もし、一本目を失敗して、息子を死なせたら、もう一本で、あなたをねらうつもりでした」
「なんだと!」
 正直にこたえたテルは、すぐにつかまえられました。
 でも、ろうやにいくとちゅうでうまくにげ出して、ぶじに息子のもとへ帰ったので、テルはますます人気者になりました。
 やがてスイスはテルたちのはたらきで、スイス人たちの国になったのです。

おしまい

 前のページへ戻る

ジャンルの選択
・有名な話 日本 世界
・こわい話 日本 世界
・わらい話 日本 世界
・感動話 日本 世界
・とんち話 日本 世界
・悲しい話 日本 世界
・ふしぎ話 日本 世界
・恩返し話 日本 世界
・恋物語 日本 世界
福娘童話集
人気コーナー
きょうの新作昔話
未公開の童話・昔話を毎日
一話ずつ公開
おはなし きかせてね
福娘童話集をプロの声優・ナレーターが朗読
小学生童話
幼稚園から小学6年生まで、学年別の童話・昔話集
おくすり童話
読むお薬で、病気を吹き飛ばそう!

福娘の姉妹サイト

http://hukumusume.com

366日への旅
毎日の記念日・誕生花 ・有名人の誕生日と性格判断
世界60秒巡り
国旗国歌や世界遺産など、世界の国々の豆知識
子どもの病気相談所
病気検索と対応方法、症状から検索するWEB問診