イースターのたまごタマゴの昔話 イースター 復活祭 童話・昔話・おとぎ話の福娘童話集
福娘童話集メニュー

福娘童話集 ホーム


たまごのおはなし

イースターについて
広 告
 


福娘童話集 >イースター たまごのお話し >長者になりそこねた欲張り

たまごのお話し 第 4 話

長者になりそこねた欲張り

長者になりそこねた欲張り
和歌山県の民話和歌山県の情報

おりがみをつくろう ( おりがみくらぶ より)
ニワトリの折り紙にわとり   ニワトリ2の折り紙にわとりA

 むかしむかし、ある村に、とても欲張りな男がいました。
 その欲張り男がとなりの家から、産み立てのたまごを三つもらいました。
 欲張り男はとても喜んで、そのたまごを指でいじりながら考えました。

(さあ、このたまごをヒヨコにかえして、ニワトリに育てよう。
 するとそのニワトリが、たまごを産むだろう。
 一羽が十個のたまごを産んだとして、あわせて三十個だ。
 それをまたヒヨコにかえして、ニワトリに育てる。
 そうやってどんどんニワトリを増やしたら、今度はそのたまごを町へ売りに行こう。
 毎日毎日、荷車にたまごを山の様につんで町へ売りに行くんだ。
 するとお金がどんどんもうかって、おれは村一番の金持ちだ。
 うっししし。
 さて、金持ちになったら何をしようか?
 そうそう、まずはおいしい物をたくさん食べよう。
 それから大きな牛を、何頭も買うんだ。
 牛を育てるためには、たくさんの草がいるから、広い田んぼや畑も買わなくちゃな。
 でも、一人で牛を育てたり、田んぼや畑をたがやす事は出来ないから、大勢の人をやとうとしよう。
 それには、こんなちっぽけな家じゃ駄目だ。
 うーんと、広い家を建てなくちゃな。
 そうなれば、もうおれは長者さまだ)

 欲張り男は、すっかり長者になった気分で、みんなをどうやって働かそうかと考えました。

(まず、なまけ者は許さないぞ。
 仕事もしないで遊んでいるやつは、こうやって首をしめて、
『しっかり働かないと、ひねりつぶしてしまうぞ!』
と、おどかしてやろう)

 欲張り男は手に持っていた三つのたまごを、思わず握りしめました。
 そのとたん、
 グシャ!
と、いう音がして、大切なたまごが割れてしまいました。
 欲張り男は泣きそうな顔になり、
「しまった。長者さまになりそこなった」
と、言ったそうです。

 同じ様なお話しが、イソップ童話にもあります。
 → 乳しぼりの女

おしまい

前のページへ戻る

たまごのお話し 6話
金の卵を産むニワトリ
ゆで卵裁判
ご先祖さまはみんなタマゴ
長者になりそこねた欲張り
太平長者
鬼の卵
イースターについて
福娘のサイト
366日への旅
毎日の記念日・誕生花 ・有名人の誕生日と性格判断
福娘童話集
世界と日本の童話と昔話
子どもの病気相談所
病気検索と対応方法、症状から検索するWEB問診
世界60秒巡り
国旗国歌や世界遺産など、世界の国々の豆知識