アレルギーをやわらげるお薬童話 福娘童話集
- 広 告 -
 


福娘童話集 > お薬童話 > アレルギーをやわらげる おくすり童話

お月さまに行ったウサギ
イラスト 知瑛美  サイト 昔話で販促!

お月さまに行ったウサギ
青森県の民話青森県情報

おりがみをつくろう ( おりがみくらぶ より)
ウサギの折り紙うさぎ   ウサギの顔の折り紙うさぎのかお

♪音声配信
TIME 3分26秒 音声 スタヂオせんむ
TIME 4分17秒 音声 Smile STATION

♪音声配信
TIME 4分1秒    音声 ゲスト参加

 むかしむかし、サルとキツネとウサギが、神さまのところへ行きました。

お月さまに行ったウサギ

「神さま、どうかお願いです。こんど生まれてくる時は、人間にしてください」
 すると、神さまが言いました。
「人間に生まれたいのなら、自分の食べ物を人間にごちそうすることだ」

お月さまに行ったウサギ

 そこでサルは山へ行き、クリやカキの実を取ってきました。

お月さまに行ったウサギ

 キツネは川へ行って、魚を捕まえてきました。
 ところがウサギの食べ物は、やわらかい草です。
 今は冬なので、やわらかい草は一本もありません。
(こまったなあ。どうしよう?)

お月さまに行ったウサギ

 ウサギはガッカリして、サルとキツネのいるところへ戻ってきました。
「ウサギさん、きみのごちそうはどうしたの?」

お月さまに行ったウサギ

「だめだよ。草はかれているし、木のめは、まだ出ていないんだ」
 すると、サルが言いました。
「それじゃウサギさんは、いつまでもウサギのままでいるんだな」
「そうだよ。ごちそうも持ってこないで人間に生まれかわりたいなんて、ウサギさんはずるいよ」
 キツネも、怒って言いました。
「ごめん。でも、もう一日だけ待って」

 次の日、ウサギは山へ行くと、かれ木をひろい集めてきました。

お月さまに行ったウサギ

 そしてサルとキツネの前に、かれ木をつみあげて言いました。
「今からごちそうを焼くから、火をつけておくれ」
 サルとキツネが火をつけると、かれ木はパッと燃え上がりました。

お月さまに行ったウサギ

「ぼくのごちそうはないんだ。だから、・・・だから、ぼくを人間に食べさせておくれ」
と、言うなり、ウサギは火の中に飛び込んだのです。
 その時、空の上から神さまがおりてきて、さっとウサギを抱きかかえると、また空へのぼっていきました。

お月さまに行ったウサギ

 サルもキツネも、ビックリ。
 すると、神さまが言いました。
「サルもキツネも、きっと人間に生まれかわれるだろう。
 なにしろ自分の大切な食べ物を、人間にごちそうしようとしたからね。
 それは、とても素晴らしい事だよ。
 でもウサギは、もっと素晴らしい。
 自分をすててまで、人間に食べさせようとしたのだからね。
 ウサギをお月さまの国で、いつまでも幸せにしてあげよう」

お月さまに行ったウサギ

 神さまにだきかかえられて、ウサギは空高くのぼっていきました。

 その時からウサギは、お月さまの中で楽しく暮らしているという事です。

おしまい

※ インドにも、同じようなお話しがあります。 → 月の中のウサギ

前のページへ戻る

子どもの病気相談所
トップページへ
病気の検索
WEB問診
カテゴリー別
あいうえお順
キーワード検索
お役立ち情報
緊急対応マニュアル
家庭のツボ療法
病気を改善 料理薬
病気を改善 お薬童話
予防接種の豆知識
安全な市販薬
夏の虫さされ特集
よくある質問Q&A
無料の電話相談リンク
福娘のサイト
366日への旅
毎日の記念日・誕生花 ・有名人の誕生日と性格判断
福娘童話集
世界と日本の童話と昔話
子どもの病気相談所
病気検索と対応方法、症状から検索するWEB問診
世界60秒巡り
国旗国歌や世界遺産など、世界の国々の豆知識