痛みをやわらげる お薬童話

鎮痛(ちんつう)
1日に3話服用
福娘童話集 > お薬童話 > 鎮痛(ちんつう) お話しの題名をクリックすると、お話しページを表示します。
メニュー
 

福娘童話集

お薬童話

・鎮痛(ちんつう)について

・使用上の注意

 

 
1日目
右源太とばけネコ
イラスト 右源太とばけネコ
 
一つおぼえ
何をやっても失敗する、あたまの悪いぐつ。
 
右源太とばけネコ
のっぺらぼうに化けた化けネコを退治した右源太。
 
カッパのトゲぬき薬
カッパに教えてもらった、トゲぬき薬の作り方。
2日目
ウサギのツノ
イラスト ウサギのツノ
 
ウサギのツノ
ビールを飲めるのは、ツノがある動物だけです。
 
疫病神
漁師がたすけた人たちは、なんと疫病の神でした。
 
人間のことばを
話したウマ
お殿さまのかわいがっているウマが、人間の言葉で。
3日目
羅生門の鬼
イラスト 羅生門の鬼
 
どうもと、こうも
医者の「どうも」と「こうも」の腕比べ。
 
羅生門の鬼
腕を取り返しにきた、羅生門の鬼。
 
海にしずんだ島
だれかのイタズラで、島が海に沈んでしまいました。
4日目
家宝の皿
イラスト 家宝の皿
 
ライオンとワシ
ライオンとなかまになりたいワシが、ライオンにだまされて。
 
重箱おばけ
重箱おばけ退治に、侍が出かけていきましたが。
 
家宝の皿
お金持ちが、家宝の皿に似た皿をこなごなに。
5日目
鬼がっ原の一つ目
イラスト 鬼がっ原の一つ目
 
えんまになった、
権十おじいさん
芝居の上手なおじいさんが、えんまになりました。
 
鬼がっ原の一つ目
おつかいにいく、一つ目の女の子。
 
立山の浦島物語
アリのご殿に招待された木こり。十日のはずが。
6日目
亡霊の果たしあい
イラスト 亡霊の果たしあい
 
冬のロシアの旅
ほらふき男爵のぼうけん話。冬のロシアでの出来事。
 
亡霊の果たしあい
友だちとケンカをすると、こんな目に。
 
宝のどんぶり
水を入れると、絵のコイが泳ぎ出しました。
7日目
二つ目のおばけ
イラスト 二つ目のおばけ
 
にあう
・娘を嫁に欲しいと言う男に、お父さんが言いました。
 
二つ目のおばけ
一つ目小僧を捕まえようとして、逆に・・・。
 
子守り娘のお伊勢参り
死んだはずの子どもが帰ってきました。
8日目
卵のような顔
イラスト 卵のような顔
 
ショウガパンのぼうや
ショウガパンが、食べられるのがいやで逃げ出し。
 
卵のような顔
目も口も鼻もない、妖怪のっぺらぼうの話。
 
あどけない目
勝負に負けた男が、仕返しに相手の娘を・・・。
9日目
たましいが入った竜
イラスト 魂が入った竜
 
キツネとタニシ
どちらが足がはやいか。キツネとタニシの競争。
 
なぞなぞばけもの
ばけものが、和尚さんに問題を出してきました。
 
魂が入った竜
秘密のうるしを守るための作り物の竜が、本物に。
10日目
アナンシと五
イラスト アナンシの五
 
アナンシと五
『五』という言葉をいうと、のろいで死んでしまいます。
 
大ムカデの妖怪
娘を助けるため、侍が人を食べる大ムカデ退治。
 
村をおおった大木
むかし、太さが百メートルもある大きな木がありました。
 
Copyright(c)2003-2017 hukumusume.com All rights reserved
サイト一覧 http://hukumusume.com/