福娘童話集 きょうの新作昔話 童話・昔話・おとぎ話の福娘童話集
     3月17日の豆知識

366日への旅
きょうの記念日
漫画週刊誌の日
きょうの誕生花
さんしゅゆ
きょうの誕生日・出来事
1946年 マギー司郎 (漫談師)
  3月17日の童話・昔話

福娘童話集
きょうの日本昔話
ステレンキョウ
きょうの世界昔話
パンドラの箱
きょうの日本民話
タバコ入れの中のお守り
きょうのイソップ童話
ゼウスの裁判
きょうの江戸小話
あわて医者
広告
 


福娘童話集 > きょうの新作昔話> 薬王寺(やくおうじ)の上り竜と下り竜

2010年 3月17日の新作昔話

薬王寺(やくおうじ)の上り竜と下り竜

薬王寺(やくおうじ)の上り竜と下り竜
岐阜県の民話岐阜県の情報

 むかしむかし、帷子(かたびら)というところが毎日の日照り続きで、村人たちは困っていました。
 そこで村人たちは、来る日も来る日も薬師堂にこもって、雨ごいのお祈りをしていたのです。
 そんなある日の事、一人の老人が、ふと上を見上げて、高梁(たかばり)に彫られた竜を見つめました。
「ほう。さすがは名人といわれた林市衛門と玉置吉兵衛が作っただけの事はあるのう」
 すると、ほめられたのがうれしかったのか、下り竜の舌がペロペロと動き、上り竜の尾がピクピクと動いたのです。
 それを見た老人は、思わず竜に手を合わせて言いました。
「竜よ、心あるなら聞いておくれ。この村はな、もう一ヶ月も雨が降らんのじゃ。もう、何もかも枯れてしまい、このままでは村は全滅じゃ。お前たちが本当に水を呼ぶ事が出来るのなら、どうか雨を恵んでくだされ」
 すると不思議な事に、晴れ渡っていた空に黒雲がひろがって稲妻が光ると、いきなり、ものすごい雨がザーザーと降り出したのです。
「おおっ、雨だ! 竜が雨を降らせてくれたぞ!」
 村人たちは飛び上がって喜びましたが、今度はその雨があまりにも振り過ぎたために、大水で田畑が流されそうになったのです。
 するとあの老人は、また薬師堂へ行って竜に手を合わせました。
「いくら雨が欲しいと言っても、これでは田畑も家も大水に押し流されてしまう。どうか、雨をやませて下され」
 すると、たちまち雷鳴はおさまって、空は青く晴れ渡ったのです。
 この大雨のおかげで、死にかけていた田畑は生きかえりました。
 そこで村人たちは、再び薬師堂にお礼のお参りをしたのです。
 そして、ふと高梁の竜を見上げてみると、不思議な事に下り竜の片目がつぶれていたということです。

おしまい

ページを戻る

きょうの新作昔話メニュー
福娘童話集
きょうの新作昔話
福娘のサイト
366日への旅
毎日の記念日・誕生花 ・有名人の誕生日と性格判断
福娘童話集
世界と日本の童話と昔話
子どもの病気相談所
病気検索と対応方法、症状から検索するWEB問診
世界60秒巡り
国旗国歌や世界遺産など、世界の国々の豆知識