福娘童話集 > きょうの日本昔話 福娘童話集 きょうの日本昔話 童話・昔話・おとぎ話の福娘童話集
 


福娘童話集 > きょうの日本昔話 > 3月の日本昔話 > ステレンキョウ

3月17日の日本の昔話

ステレンキョウ

ステレンキョウ
東京都の民話 → 東京都の情報

おりがみをつくろう ( おりがみくらぶ より)
魚の折り紙さかな   金魚の折り紙きんぎょ

♪音声配信(html5)
音声 スタヂオせんむ

 むかしむかし、お奉行所(ぶぎょうしょ)の前に高札(こうさつ)が立って、大勢の人が集まっていました。
 そこへ、漁師の浜介(はますけ)が通りかかりました。
(いったい、何事だ?)
 そばヘ寄ってみましたが、字が読めないので近くの人に聞いてみますと、けさがた浜で奇妙な魚が取れたとの事です。
 そしてその魚の名前がわからないので、いい当てた者には金子百両(→七百万円)を与えると書いてあるということです。
「魚の事なら、任せておけ」
 浜介はさっそくお奉行さまの前に出て、その魚を見せてもらいました。
(なるほど、これは見た事もねえ魚だ)
 奇妙な魚にびっくりしていると、お奉行から、
「これ、浜介とやら、それなる魚の名は何と申す?」
と、突然聞かれて、浜介は思わず、
「ヘえ、テレスコと申しやす」
と、言ってしまいました。
「テレスコと申すか。テレスコ。なるほど。よう知らせてくれた。ほうびを取らすぞ」
と、言うわけで、浜介は百両という大金をもらって飛ぶ様に女房のところヘ帰りました。

 さて、それからひと月ほどたった、ある日の事。
 また、お奉行所の前に高札が立っていて、大勢の人が集まっています。
 その高札には、
《不思議な魚がおるが、名前がわからぬ。名前をいい当てた者には、ほうびとして金子百両を与える》
と、前と同じ様な事が書いてありました。
 浜介は、またお奉行さまの前に出て、魚を見せてもらいました。
「浜介、そこなる魚の名は?」
「ヘえ。これは、ステレンキョウと申しやす」
 浜介が言うと同時に、お奉行さまはきつい声で、
「この、ふらち者めがっ!
 これなる魚は、前の魚を干した物じゃ。
 浜介、その方、前にはこの魚をテレスコと申し、今日はステレンキョウと申したな。
 お上をあざむき、またも金子を狙うとは、重ね重ねのふとどき者。
 打ち首の刑を、申しつけるぞ!」
と、言うわけで、浜介は牢屋(ろうや)に入れられました。

 さて、今日はいよいよ、打ち首になる日です。
 お白洲(おしらす→罪人を取り調べる場所。奉行所の事)に引き出された浜介は、これが最後の別れというので、女房や子どもに一目会う事を許されました。
「これ浜介。あとに残る妻や子に、何か言い残す事はないか?」
「はい、お奉行さま」
 浜介は後ろ手にしばられたまま、女房子どもの方を向くと、しみじみと言いました。
「いいか、お前たち。
 これから先、たとえどんな事があろうと、決して決して、イカを干(ほ)したのをスルメと言うでないぞ」
 言い終わると浜介の日焼けした頬に、涙が流れました。
 その時、お奉行さまはポンとひざを叩いて、
「これはしまった! それっ、急いでなわをとけ!」
と、家来に言いつけてなわをとかせると、今度は自分が涙を流して、
「これ浜介。
 わしが悪かった。
 イカを干せばスルメ。
 テレスコを干せばステレンキョウになるのか。
 なるほど、なるほど」
と、言う訳で、浜介はまたほうびの百両をもらって、女房子どもと連れだって仲良く家ヘ帰りました。

おしまい

前のページへ戻る


     3月17日の豆知識

366日への旅
きょうの記念日
漫画週刊誌の日
きょうの誕生花
山茱萸(さんしゅゆ)
きょうの誕生日・出来事
1983年 藤森 慎吾 (タレント)
恋の誕生日占い
いつもニコニコ笑っていますが、実はとても努力家
なぞなぞ小学校
傘がひっくり返るところは?
あこがれの職業紹介
アニマルセラピスト
恋の魔法とおまじない 077
想いを伝えるおまじない
  3月17日の童話・昔話

福娘童話集
きょうの日本昔話
ステレンキョウ
きょうの世界昔話
パンドラの箱
きょうの日本民話
山弥長者(さんやちょうじゃ)
きょうのイソップ童話
ゼウスの裁判
きょうの江戸小話
あわて医者
きょうの百物語
吼牛山(もうしやま)
福娘のサイト
366日への旅
毎日の記念日・誕生花 ・有名人の誕生日と性格判断
福娘童話集
世界と日本の童話と昔話
女の子応援サイト -さくら-
誕生日占い、お仕事紹介、おまじない、など
子どもの病気相談所
病気検索と対応方法、症状から検索するWEB問診
世界60秒巡り
国旗国歌や世界遺産など、世界の国々の豆知識