昔話の英語《福娘童話集》昔話の英語 Japanese & English昔話の英語《福娘童話集》 童話・昔話・おとぎ話の福娘童話集
 


ふくむすめどうわしゅう(福娘童話集) >にほんむかしばなし(日本民间故事) >一月

とり年生まれ

とり年生まれ
属鸡的人


(吉四六さんのとんち話)
(吉四六的故事)

翻訳者 信陽師範学院  黄靖惠

おりがみをつくろう ( おりがみくらぶ より)
ニワトリの折り紙にわとり   ニワトリ2の折り紙にわとり②

♪音声配信
スタヂオせんむ



にほんご(日语)  ・ちゅうごくご(中文) ・日语&中文

 むかしむかし、あるところに、吉四六さんという、ゆかいな人がいました。
 在很久很久以前,某个地方,有一个过得很快活的人叫做吉四六。

 吉四六さんの村の庄屋さんは、たくさんのニワトリを飼っていますが、
 吉四六所在的村子的村长,养了许多只鸡,

 ニワトリを放し飼いにするので村人たちはすっかり困っていました。
 但因为他把这些鸡都放养,使得村民们都相当困扰。

「また、庄屋さんとこのニワトリが、家の野菜畑を荒らしたぞ」
“唉,村长的鸡又去糟蹋我家的菜地了。”

「こっちは、ほしもみが食われてしまった」
“我晒的稻谷也被吃掉了!”

 そこで村人たちが集まって、庄屋さんの所へ文句を言いに行ったのです。
 于是村民们聚集起来向村长抱怨。

「庄屋さん、ニワトリの放し飼いは止めて下され」
“村长,请您不要再放养鸡了。”

 すると庄屋さんは、平気な顔で、
 村长听到后平静地说:

「わしは、酉年(とりどし)生まれだから、ニワトリだけは大事に飼わなければならんのでな」
“因为我是属鸡的,所以我只能认认真真养我的鸡。”

と、言って、放し飼いを止めようとしません。
 之后并不停止放养。”

 そんなある時、このニワトリが吉四六の野菜畑に入って、大根の葉をすっかり食い荒らしてしまいました。
 有一天,村长的鸡闯入了吉四六家的菜地,把萝卜叶子吃得干干净净。

「ああっ、家の大根が!」
“啊!我的萝卜!”

 怒った吉四六さんは大きな草刈りがまを振り上げて、畑を荒らす十羽のニワトリを殺してしまいました。
 愤怒的吉四六举起大镰刀,把闯入菜地的十只鸡统统杀掉了。

 それを知ったおかみさんは、びっくりです。
 妻子知道这件事后吓了一跳。

「お前さん、大変な事をしてくれたねえ。
“你可是闯了大祸啊!

 庄屋さんに、何と言ってあやまりに行ったらいいんだい?」
 该怎么向村长谢罪呢?”

「なあに、任せておけ。それより今夜は村の衆を呼んで、鳥料理のごちそうだ」
“什么嘛,由他去吧。先不说这个,今晚把村里人都叫来,我请大家吃鸡。”

 吉四六さんは、平気な顔で言いました。
 吉四六神情淡定地说道。

 さて次の朝、吉四六さんは大がまを振り上げて、庄屋さんの家に飛び込みました。
 第二天早上,吉四六举着大镰刀冲到村长家里。

「もう、我慢ならねえ!村の衆に代わって、庄屋さんの首をもらいに来た!」
“受不了了!我要替村民们砍下你的头!”

「こら、吉四六! それは何の事だ!?」
“吉四六,你这是怎么了?!”

「おめえさまを生かしておけば、村の衆の命が危ねえからだ」
“你再活下去,就要危及到村民们的生命了!”

「命が危ない? そら、一体どうして?」
“危及生命?到底是怎么回事?”

「庄屋さんとこじゃ、ニワトリを放し飼いにしとるだろうが!」
“村长你不是放养鸡吗!”

「そ、そりゃ、わしが酉年の生まれだから、ニワトリを」
“是、是的,因为我属鸡,所以我要把鸡……”

「それだ! だからおら、おめえさまの首を切りに来たんだ。村の衆の命が危ねえ」
“就是因为这个!所以我要砍了你的头。你已经危害到村里人的生命了。”

 吉四六さんは、大がまを振り上げて言いました。
 吉四六举着镰刀这么说道。

「ま、待ってくれ、吉四六。ニワトリの放し飼いが、何で村の衆の命に?」
“等、等下,吉四六。我放养鸡,怎么会跟村民的命有关系?”

「そら、庄屋さん、考えてもみなされ。
“嗨!村长,你想想看。

 みんなが自分の生まれ年のけものを放し飼いにしたらどうなるか。
 如果大家都把自己的生肖放养了会怎么样?

 お前さまは酉年だからまだいいが、村の中にはトラ年生まれも、竜年生まれもいる。
 您属鸡还好说,村里还有属虎、属龙的呢!

 トラや竜を放し飼いにしたら、村の衆の命はどうなる?!」
 如果把老虎和龙都放养了,村民们会怎么样!”

 吉四六さんは一段と高く、大がまを振り上げました。
 吉四六说着,把镰刀举得更高了些。

「わかった、わかった。 放し飼いはやめるから!
“知道了、知道了!我不放养了!

 いや、もう二度とニワトリは飼わないから!だから、かまを下ろしてくれ!」
 不,我再也不养鸡了! 所以能把刀放下吗?”

 庄屋さんは吉四六さんに、ぺこぺこと頭を下げて頼みました。
 村长低下头低声下气地求吉四六。

「そうか。村の衆の命が危ねえから、ニワトリ十羽の首はもらったが、
“这样啊。因为危及到村民的生命,所以我已经杀了十只鸡了。

 庄屋さまの首は止めとするか」
 至于你,我就暂且放过你吧!”

 吉四六さんはそう言うと、振り上げた大がまを下ろして引きあげて行きました。
 吉四六说完,就放下镰刀回家去了。

おしまい
完結

前のページへ戻る
(回到上一页)

福娘のサイト
366日への旅
毎日の記念日・誕生花 ・有名人の誕生日と性格判断
福娘童話集
世界と日本の童話と昔話
子どもの病気相談所
病気検索と対応方法、症状から検索するWEB問診
世界60秒巡り
国旗国歌や世界遺産など、世界の国々の豆知識