福娘童話集 > きょうの日本昔話 福娘童話集 きょうの日本昔話 童話・昔話・おとぎ話の福娘童話集
 


福娘童話集 > きょうの日本昔話 > 3月の日本昔話 > タヌキの糸車

3月3日の日本の昔話

タヌキの糸車

タヌキの糸車

♪音声配信(html5)
音声 おはなしや

日本語(japones) ←→ 日本語(japones) ・ スペイン語(espanol) ←→ スペイン語(espanol)

 むかしむかし、山奥に木こりの夫婦が住んでいました。
 木こりは木を切って炭を焼き、おかみさんは糸車を回して糸をつむいで暮らしていました。

 さて、木こりが仕事でいない昼間、タヌキが時々やって来て食ベ物を食い散らす様になりました。
 それで夫婦は、なベやおひつに大きな石を乗せて、タヌキに食べられない様しました。
 それでもタヌキは夜になるとやって来ては、家の前でポンポコと腹つづみを打ったり、踊ったりして騒ぎます。
 夜に寝られなくなった木こりは腹を立てて言いました。
「今に見ておれ。ワナを仕掛けて捕まえてやる!」

 それから数日後、月のきれいな晩におかみさんが糸車を回していると、しょうじの破れ目からタヌキの黒い目玉がクルクルと動いているのが見えました。
 そしてタヌキはおかみさんの真似をして、糸車を回すかっこうをしました。
「あら。可愛いタヌキだこと」
 タヌキは、おかみさんをとても喜ばせました。
 そして、さらに数日後のある晩の事。
「ギャンギャン!」
 裏山で、タヌキの泣き声がしました。
 おかみさんが見に行くと、あのタヌキがワナにかかって木からぶら下がっています。
「可愛そうに。うちの人が仕掛けたワナにかかったのね」
 おかみさんは、そっとワナを取ってやりました。
「気をつけないと、うちの人にタヌキ汁にされてしまうよ」
 助けられたタヌキは何度も頭を下げ、何度も振り返りながら森の中へ帰って行きました。

 冬が来て寒さが強くなると、木こり夫婦はふもとに下りて小さい家で暮らします。
 おかみさんは山の方を見ては、
(あのタヌキ、どうしているのかしら?)
と、時々タヌキを思い出していました。

 さて春が来て、夫婦はまた山の家へ戻って来ました。
 家に入ったおかみさんは、
「あっ!」
と、驚きました。
 ほこりだらけになっているはずの糸車がピカピカに磨かれていて、その横には真っ白な糸が山の様に積まれているのです。
「不思議な事」
 おかみさんが、ボーッと見ていると、
「さあさあ、いつまでもつっ立っていないで、家の掃除をしろ」
 木こりはそう言うと、炭焼きがまを見に出て行きました。
 掃除をすませたおかみさんが、かまどでご飯を炊いていると、
 キイカラ、キイカラ
と、糸車の回る音がしてきました。
「おやっ?」
 そうっと座敷の方を見たおかみさんは、息をのみました。
「タヌキだ」
 いつの間にやって来たのか、タヌキが上手に糸車を回して糸をつむいでいたのです。
 キイカラ、キイカラ
 キイカラ、キイカラ
 おかみさんは声も立てずに、見とれていました。
 タヌキは一通り巻き終わると糸をはずして、いつもおかみさんがしていた通りに糸をきれいにまとめて積み重ねます。
 そしてタヌキは満足そうな顔をして、あたりを見回しました。
 その目がおかみさんの目と合うと、タヌキはうれしそうにおじぎをして森へ帰って行きました。
「タヌキよ、ありがとう。お前のおかげで、今年は楽が出来るわ」
 おかみさんは恩返しをしてくれたタヌキを、いつまでもいつまでも見送りました。

おしまい

前のページへ戻る

     3月3日の豆知識

366日への旅
きょうの記念日
雛祭り(ひなまつり)
きょうの誕生花
花桃(はなもも)
きょうの誕生日・出来事
1958年 栗田貫一 (タレント)
恋の誕生日占い
新しい物好きで、新情報の発信元
なぞなぞ小学校
赤ちゃんでも指でつまめるビルは?
あこがれの職業紹介
スキーインストラクター
恋の魔法とおまじない 063
元気度アップのおまじない
  3月3日の童話・昔話

福娘童話集
きょうの日本昔話
タヌキの糸車
きょうの世界昔話
不思議なリンゴの木
きょうの日本民話
魚石
きょうのイソップ童話
王さまライオン
きょうの江戸小話
オオカミと山犬の違い
きょうの百物語
カエルの恩返し
福娘のサイト
366日への旅
毎日の記念日・誕生花 ・有名人の誕生日と性格判断
福娘童話集
世界と日本の童話と昔話
女の子応援サイト -さくら-
誕生日占い、お仕事紹介、おまじない、など
子どもの病気相談所
病気検索と対応方法、症状から検索するWEB問診
世界60秒巡り
国旗国歌や世界遺産など、世界の国々の豆知識