福娘童話集 > きょうの日本昔話 福娘童話集 きょうの日本昔話 童話・昔話・おとぎ話の福娘童話集
 


福娘童話集 > きょうの日本昔話 > 4月の日本昔話 >雨の夜のかさ

4月26日の日本の昔話

雨の夜のかさ 豊臣秀吉
イラスト 龍之進  三絶堂

雨の夜のかさ
豊臣秀吉の子どもの頃の話

♪音声配信(html5)
音声 ☆横島小次郎☆

 むかし、農民から天下人へと大出世をした豊臣秀吉が、日吉丸と呼ばれていた子どもの頃のお話です。

 ある夏の夜、蜂須賀小六(はちすかころく)という侍が家来を連れて橋の上を通りかかると、むしろをかぶって寝ている子どもがいました。

雨の夜のかさ 豊臣秀吉

「邪魔だっ!」
 小六が槍の先でむしろをはねのけようとすると、子どもはパッと飛び起きて、
「人が気持ち良く寝ているのに、何をするんだ!」
と、小六をにらみつけました。
 その子どもはサルの様な顔をしていますが、なかなかに根性がありそうです。
「ほう。いい目をしておる。おれは蜂須賀小六だ。お前の名は?」
「おれは、日吉丸だ!」
 小六はこの日吉丸という少年を気に入って、自分の屋敷に雑用係として連れ帰りました。

 日吉丸はとても利口な子どもで、

雨の夜のかさ 豊臣秀吉

 どんな事を命じても大人よりもうまく仕事をこなします。
 すっかり感心した小六は、ある日、日吉丸に言いました。
「お前は素晴らしく頭の良い奴だが、いくらお前でも床の間にある刀は取れまい」
 小六が自慢の刀を指差すと、日吉丸はニッコリ笑って答えました。

雨の夜のかさ 豊臣秀吉

「取れます」
「本当に、取れるか?」
「はい」
「いつまでに?」
「三日のうちに」
「よし。本当に取れたら、この刀をお前にやろう」

 さて、それから二日たちましたが、日吉丸はやって来ません。

 三日目の夜、曇っていた空から雨が降り出しました。
 小六が床の間の刀を見張りながら本を読んでいると、窓の外でパラパラと雨をうけるかさの音がしました。

雨の夜のかさ 豊臣秀吉

「小僧め、とうとうやって来たな」
 小六は油断なく刀を見張りながら、窓の外の音に耳をすましていました。

 それから何時間もたちましたが、かさを打つ雨の音はまだ続いています。
(小僧、いつまでそうしているつもりだ?)
 イライラした小六は、窓際へ行くと障子を開けて言いました。
「小僧! そこにいるのはわかっているぞ! ・・・おや?」

雨の夜のかさ 豊臣秀吉

 そこには石灯籠にかさがくくりつけてあるだけで、日吉丸の姿はどこにもありません。
「しまった! やつの作戦か!」
 小六は急いで座敷に戻りましたが、そこにはすでに日吉丸が立っていて、床の間の刀を持ってにっこり笑っています。
 日吉丸は小六が庭に気をとられているすきに、反対側のふすまを開けて部屋に入って来たのです。
「うーむ、お前の勝ちだ。約束通り、その刀はお前にやろう」

雨の夜のかさ 豊臣秀吉

「はい、ありがとうございます!」
 日吉丸は、飛び上がって喜びました。

雨の夜のかさ 豊臣秀吉

 それからも日吉丸は頭の良さで難問を次々と解決していき、どんどんと出世をしていったのです。

おしまい

雨の夜のかさ 豊臣秀吉
豊臣秀吉

前のページへ戻る


     4月26日の豆知識

366日への旅
きょうの記念日
ふろの日
きょうの誕生花
海老根(えびね)
きょうの誕生日・出来事
1971年 田中直樹 (芸人)
恋の誕生日占い
精神年齢が高く、面倒見が良い
なぞなぞ小学校
幸運の木は、どんな木?
あこがれの職業紹介
消防士
恋の魔法とおまじない 117
大切な人との再会を願うおまじない
  4月26日の童話・昔話

福娘童話集
きょうの日本昔話
雨の夜のかさ (豊臣秀吉)
きょうの世界昔話
月の見ていた話十四夜
きょうの日本民話
縁結びの神さま
きょうのイソップ童話
ネズミと牡ウシ
きょうの江戸小話
貧乏神のご開帳
きょうの百物語
ネコ岳の化けネコ
福娘のサイト
366日への旅
毎日の記念日・誕生花 ・有名人の誕生日と性格判断
福娘童話集
世界と日本の童話と昔話
女の子応援サイト -さくら-
誕生日占い、お仕事紹介、おまじない、など
子どもの病気相談所
病気検索と対応方法、症状から検索するWEB問診
世界60秒巡り
国旗国歌や世界遺産など、世界の国々の豆知識