福娘童話集 > きょうの日本昔話 福娘童話集 きょうの日本昔話 童話・昔話・おとぎ話の福娘童話集
 


福娘童話集 > きょうの日本昔話 > 6月の日本昔話 > 野ギツネ

6月30日の日本の昔話

野ギツネ

野ギツネ

♪音声配信(html5)
音声 花水木 運営ブログ : 朗読の翼  運営サイト : すまいるカフェ

 むかしむかし、ある山に一匹のキツネが住んでいました。
 このキツネ、時々村へおりてきては、三本松(さんぼんまつ)のあたりで人を化かすのです。
 ある日の事、百姓(ひゃくしょう)がこのキツネの事を話していると、そこへ旅の侍が通りかかって、
「そんな野ギツネの一匹ぐらい、拙者(せっしゃ)が退治してくれるわ」
と、毛だらけの太い腕をまくって言いました。
 この侍、かなりの腕自慢のようです。
 侍が三本松で待っていると、きれいな娘が一人、山の方から歩いてきました。
「ややっ、ついに出たぞ」
 侍が用心すると、娘は侍のそばへ来て、
「わたしは村まで行く者のですが、時はもう夕方。ぶっそうなので、お侍さま、どうかわたしを村までお連れくださいませ」
と、きれいな声でいいました。
 でも侍は、
「何をぬかす。このドギツネめ! 拙者が見破ったからには、逃げしはせんぞ!」
と、つかみかかりました。
 すると娘はニヤリと笑って、今度は若い商人に姿を変えました。
「わたしは、江戸の者でございます。どうも一人旅というものは、さびしいものでございます。お侍さま、どうぞ旅の道連れになってくださいませぬか」
「なにっ! お前はさっきのキツネじゃろう。拙者をだまそうたって、その手はくわぬぞ!」
 キツネは見破られて、今度はおじいさんに化けました。
 それも見破られると、おばあさんに。
 おばあさんも見破られると、お坊さんに。
 お坊さんも見破られると、キツネは。 
 そしてついには化ける者がなくなったのか、とうとう野ギツネになってしまいました。
 侍は、大笑いしながら、
「わはははははは。ついに正体を現しおったな。このドギツネめ。生け取りにしてやるわ」
と、両手を広げて追いかけました。
 キツネはむちゅうで逃げますが、侍はキツネの尻尾をつかまえると、
「えいや、えいや」
と、引っぱります。
 キツネはしきりに、
「ココン、ココン」
と、泣いてあやまりますが、
「いくら泣いたって、ようしゃはせんぞ」
と、侍は両手に力をこめて、グイグイと尻尾を引っぱります。
 すると、
 スポーン!
と、大きな音がして、キツネの尻尾が抜けました。
「コンコーン!」
 尻尾の抜けたキツネは、泣きながらどこかへ行ってしまいました。
「逃がしたか。まあいい。化けギツネの尻尾とは、いいみやげができたわい」
 するとその時、
「お侍さま、何をなさる!」
と、お百姓が目をつり上げながら現れました。
 お百姓は、侍の手にある物をひったくると言いました。
「悪さするのも、いいかげんにせい。何でおらが畑のダイコンを抜いたんだ」
「へっ? ・・・ああっ! 尻尾がダイコンに化けた!」
 キツネを退治しようとした侍は、すっかりキツネに化かされてしまったのです。

おしまい

前のページへ戻る


     6月30日の豆知識

366日への旅
きょうの記念日
アインシュタイン記念日
きょうの誕生花
未央柳(びようやなぎ)
きょうの誕生日・出来事
1977年 矢部太郎 (タレント)
恋の誕生日占い
ちょっぴりドジな、お茶目で可愛い女の子
なぞなぞ小学校
頭をひねると、泣き出す物は?
あこがれの職業紹介
ウォーキング・フィニッシングインストラクター
恋の魔法とおまじない 182
テストで良い点を取るおまじない
  6月30日の童話・昔話

福娘童話集
きょうの日本昔話
野ギツネ
きょうの世界昔話
お姫さまとドラゴン
きょうの日本民話
雨乞い
きょうのイソップ童話
人間とセミ
きょうの江戸小話
近づきのしるし
きょうの百物語
ぬれ女と牛鬼(うしおに)
福娘のサイト
366日への旅
毎日の記念日・誕生花 ・有名人の誕生日と性格判断
福娘童話集
世界と日本の童話と昔話
女の子応援サイト -さくら-
誕生日占い、お仕事紹介、おまじない、など
子どもの病気相談所
病気検索と対応方法、症状から検索するWEB問診
世界60秒巡り
国旗国歌や世界遺産など、世界の国々の豆知識