福娘童話集 > きょうの日本民話 福娘童話集 きょうの日本民話 童話・昔話・おとぎ話の福娘童話集
 


福娘童話集 > きょうの日本民話 > 6月の日本民話 >雨乞い

6月30日の日本民話

雨乞い

雨乞い
三重県の民話 三重県の情報

 むかしむかし、ある村での事です。
 無事に田植えを終えたお百姓さんたちは、ほっとしながら天気の良い空を見上げました。
「やれやれ、田植えがようやく終わったわ。これで、今年も豊作じゃろう」
 この村ではとてもよく雨が降り、近くには三つも池があるので、どの田んぼもいつも大豊作でした。
 しかしどうした事か、今年は雨が全く降らず、田んぼは地割れがして、せっかく植えた苗が枯れはじめてきました。
「困ったのう。こんな事は、初めてじゃ。もうそろそろ、雨が降ってほしいが」
 しかし日照りはいつまでも続き、三つあった池も底が見えてきました。
「このままでは、大変なことになるぞ。死人が出るかもしれん」
「せめて年貢(ねんぐ)が、少しでも少なくなってくれれば」
 村人たちがそんな事を相談していると、何と反対に年貢米を増やすようにとおふれが出たのです。
 藩の財政が苦しくなってきたので、力の弱い農民にしわよせが来たのです。
 日照り続きで自分たちの食べるお米もとれないのに、年貢米を増やされてはどうしようもありません。
 そこで村人たちは年貢を減らしてもらえるように、代官へ訴えました。
「お代官さま、お願いでございます。どうか年貢を、減らしてもらえないでしょうか?
  お代官さまも知っての通り、このところ雨が一滴も降らず、苗が枯れ始めて来ました。
 このままでは年貢どころか、一粒の米もとれません。
 どうか、どうか年貢をお減らしください」
  村人たちは深々と頭を下げましたが、でも代官は首を横に振ります。
「ならぬ。年貢は申しつけた通りだ」
「しかし、雨が降らなければ米は一粒も」
「では、雨が降るように雨ごいをしろ」
「雨ごい?」
 村人たちは初めて聞く言葉に、みんな首をかしげました。
「あの、お代官さま。雨ごいとは、何でございましょうか?」
 この村では日照りに困った事がなかったので、みんな雨ごいを知らなかったのです。
「なんだ?
 お前たちは、雨ごいを知らぬのか?
 雨ごいとは、雨が降るように神さまにお願いすることだ。
 ほかの村では、雨が降らなくなると雨ごいをしているぞ」
「はあ」
 それを聞いた村人たちは、さっそく村の神社へ行って雨ごいをしました。
 これでもし雨が降らなければ、村人みんなは飢え死にです。
 村人たちは鐘や太鼓をならして、何度も何度もお願いしました。
「神さま、雨を降らせて下さい。雨を降らせて下さい」
 すると祈りが天に通じたのか、やがて黒雲が出てきて、念願の雨が降ってきたのです。
「よかった、よかった」
「これでおれたちは、死ななくてもすむぞ」
 みんなは雨の降るなら、抱き合って喜びました。

 それからは村人たちは雨が降らなくなると、神社へ集まって雨ごいをしたそうです。

おしまい

前のページへ戻る


     6月30日の豆知識

366日への旅
きょうの記念日
アインシュタイン記念日
きょうの誕生花
未央柳(びようやなぎ)
きょうの誕生日・出来事
生年不明 キズナアイ
恋の誕生日占い
ちょっぴりドジな、お茶目で可愛い女の子
なぞなぞ小学校
頭をひねると、泣き出す物は?
あこがれの職業紹介
ウォーキング・フィニッシングインストラクター
恋の魔法とおまじない 182
テストで良い点を取るおまじない
  6月30日の童話・昔話

福娘童話集
きょうの日本昔話
野ギツネ
きょうの世界昔話
お姫さまとドラゴン
きょうの日本民話
雨乞い
きょうのイソップ童話
人間とセミ
きょうの江戸小話
近づきのしるし
きょうの百物語
ぬれ女と牛鬼(うしおに)
福娘のサイト
366日への旅
毎日の記念日・誕生花 ・有名人の誕生日と性格判断
福娘童話集
世界と日本の童話と昔話
女の子応援サイト -さくら-
誕生日占い、お仕事紹介、おまじない、など
子どもの病気相談所
病気検索と対応方法、症状から検索するWEB問診
世界60秒巡り
国旗国歌や世界遺産など、世界の国々の豆知識