福娘童話集 > きょうの日本昔話 福娘童話集 きょうの日本昔話 童話・昔話・おとぎ話の福娘童話集
 


福娘童話集 > きょうの日本昔話 > 7月の日本昔話 > ぶんぶく茶がま

7月24日の日本の昔話

ぶんぶく茶がま

ぶんぶく茶がま

にほんご(日语)  ・ちゅうごくご(中文) ・日语&中文

♪音声配信(html5)
音声 スタヂオせんむ

 むかしむかし、あるところに、貧乏な古道具屋がいました。

 ある日の事、古道具屋は一匹のタヌキが、ワナにかかっているのを見つけました。
 古道具屋はかわいそうに思って、そのタヌキをワナから助けてやりました。

 次の日の朝、昨日のタヌキが古道具屋の所へやって来て言いました。
「昨日は、本当にありがとうございました。
 お礼に、良い事を教えましょう。
 隣村の和尚(おしょう)さんが茶がまを欲しがっていますから、茶がまを持って行けば喜びますよ。
 わたしが茶がまに化けますから、持って行って売って下さい」
 そういうとタヌキはくるりと宙返りをして、素晴らしい金の茶がまに化けました。
 さっそく古道具屋が、茶がまを持って行くと、
「うーん、これは見事!」
と、和尚さんはタヌキの化けた茶がまを大変気に入った様子で、とても高い値で買い取ってくれました。

 さて、新しい茶がまを手に入れた和尚さんは、小坊主に、
「この茶がまを、洗ってきなさい」
と、言いました。
「はい」
 小坊主はさっそく、裏の川へ行って茶がまをゴシゴシと洗いました。
 すると茶がまは、
「おい小坊主。もっとやさしく洗ってくれ。尻が痛くてたまらん」
と、しゃべったのです。
「うひゃー、茶がまがしゃべった!!」
 びっくりした小坊主はあわてて和尚さんにこの事を話しましたが、和尚さんは信じてくれません。
「何を馬鹿な。茶がまがしゃべるはずなかろう」
「でも、本当なんです」
「まあ良い。それより次は、お湯をわかしておくれ」
 そこで小坊主は言われるままに、タヌキの化けた茶がまに水を入れて火にかけました。
 すると茶がまに化けたタヌキは、びっくりです。
「あちちちち! お尻に火がついた!」
 タヌキは一目散に、山へ逃げていきました。

 その夜、タヌキはまた、古道具屋の家にやって来て言いました。
「二人で、町へ行きましょう。私がつなわたりをしますから、人を集めて下さいな」

 次の日、古道具屋とタヌキは町へ出かけて、芝居屋を貸し切りました。
「さあさあ、世にも珍しい、タヌキのつな渡りだよ」
 入り口で古道具屋が大声で言うと、タヌキはつなの上を器用に渡りながら腹づつみを打ったり歌ったりします。
「これは、珍しい。何て、面白いんだろう」
 タヌキのつな渡りは大評判となり、毎日押すな押すなの大にぎわいです。

 こうして古道具屋はタヌキのお陰で、大金持ちになったという事です。

おしまい

前のページへ戻る


     7月24日の豆知識

366日への旅
きょうの記念日
劇画の日
きょうの誕生花
睡蓮(すいれん)
きょうの誕生日・出来事
1962年 久保田利伸(シンガー)
恋の誕生日占い
とってもおしゃれで可愛い女の子
なぞなぞ小学校
一番大きな物は? (漢字なぞなぞ)
あこがれの職業紹介
バックデザイナー
恋の魔法とおまじない 206
縁切りのおまじない
 7月24日の童話・昔話

福娘童話集
きょうの日本昔話
ぶんぶく茶がま
きょうの世界昔話
リンゴの枝とタンポポ
きょうの日本民話
こぼし石
きょうのイソップ童話
踏みつけられたヘビ
きょうの江戸小話
ちょうずをまわせ
きょうの百物語
塀の上の大入道
福娘のサイト
366日への旅
毎日の記念日・誕生花 ・有名人の誕生日と性格判断
福娘童話集
世界と日本の童話と昔話
女の子応援サイト -さくら-
誕生日占い、お仕事紹介、おまじない、など
子どもの病気相談所
病気検索と対応方法、症状から検索するWEB問診
世界60秒巡り
国旗国歌や世界遺産など、世界の国々の豆知識