福娘童話集 > きょうの日本昔話 福娘童話集 きょうの日本昔話 童話・昔話・おとぎ話の福娘童話集
 


福娘童話集 > きょうの日本昔話 > 8月の日本昔話 >弓の名人と二羽のツル

8月27日の日本の昔話

弓の名人とつる

弓の名人と二羽のツル
熊本県の民話熊本県県情報

にほんご(日语)  ・ちゅうごくご(中文) ・日语&中文

おりがみをつくろう ( おりがみくらぶ より)
紅白鶴①の折り紙こうはくつる①  紅白鶴②の折り紙こうはくつる②

 むかしむかし、ある村に、正直で働き者のお百姓さんと息子がいました。
 お百姓さんの息子は弓の名人で、どんな鳥でも射落とす事が出来ました。
 ある年の事。
「よく働いたおかげで、今年も豊作だ」
と、喜んでいると、一晩のうちに田んぼがふみ荒らされて、せっかくの稲がメチャクチャになってしまいました。
「誰が、こんなひどい事を!」

 次の晩、怒った息子は弓矢を持って、田んぼのすみに隠れました。
 そして夜中になると、突然美しい二人の娘が現れて、稲をふみながらおどりはじめました。
(何て、きれいな娘だ)
 息子はしばらくの間、文句を言うのも忘れて見とれていました。
 それでも二人がおどるたびに、稲はメチャクチャになってしまいます。
(大切な稲を、許せねえ!)
 息子は弓に矢をつがえて、飛び出しました。
「やいやい! 何のうらみがあって、おらの田んぼを荒らすんだ。おどりをやめなければ、この矢を胸に打ち込むぞ!」
 そのとたんに二人の娘はおどりをやめて、息子の前にきて頭を下げました。
「どうか、お許しください。実はあなたにお会いしたくて、おどっていたのです」
「何、おらに会うためだと?」
「はい、こうして人間の姿になっていますが、わたしたちは実はあの山に住むツルでございます。ある日、一羽の大ワシがやってきて、私たちの仲間を次々と殺し始めたのです。このままでは、みんな大ワシに食われてしまいます。あなたは、弓の名人と聞きます。どうか大ワシを退治して、私たちを助けてください」
 そう言うと二人の娘は、ツルの姿にもどりました。
「そうか。よし、わかった。おらにまかせておけ」
「それでは、わたしの背中に乗ってください」
 息子が一羽のツルの背中に乗ると、もう一羽のツルが先頭になって山へ向かって飛んでいきました。
 ツルの背中からおりた息子が岩かげにかくれていると、大ワシがゆっくり羽を動かしながら飛んできました。
(あの大ワシだな。・・・今だ!)
 息子は大ワシに狙いを付けて、矢を放ちました。
 すると矢は風を切って、大ワシののどを見事につらぬきました。
「ギャォォーー!」
 大ワシはものすごい叫びとともに落ちてくると、頭から岩にぶちあたりました。
 それを見た二羽のツルは、飛び上がって喜びました。
 そしてあちこちにかくれていたツルの仲間も飛び出してきて、息子のまわりをうれしそうにはねまわりました。
 息子がツルの背中に乗って田んぼへ戻ってくると、ふみ荒らされたはずの稲は元通りになっていて、見事な黄金色の穂がゆらゆらとゆれていました。

 それからはどんなひどい天気の年でも、この田んぼだけは大豊作だったそうです。

おしまい

前のページへ戻る


     8月27日の豆知識

366日への旅
きょうの記念日
仏壇の日
きょうの誕生花
芙蓉(ふよう)
きょうの誕生日・出来事
1992年 剛力 彩芽 (女優)
恋の誕生日占い
おとなしく控えめ
なぞなぞ小学校
良いけものは? (漢字なぞなぞ)
あこがれの職業紹介
ダイビングインストラクター
恋の魔法とおまじない 240
好きな人の夢を見るおまじない
  8月27日の童話・昔話

福娘童話集
きょうの日本昔話
弓の名人と二羽の鶴(つる)
きょうの世界昔話
笛ふき岩
きょうの日本民話
三日月の滝
きょうのイソップ童話
金の卵を産むニワトリ
きょうの江戸小話
お日さまよりも、足のはやい男
きょうの百物語
へっつい幽霊
福娘のサイト
366日への旅
毎日の記念日・誕生花 ・有名人の誕生日と性格判断
福娘童話集
世界と日本の童話と昔話
女の子応援サイト -さくら-
誕生日占い、お仕事紹介、おまじない、など
子どもの病気相談所
病気検索と対応方法、症状から検索するWEB問診
世界60秒巡り
国旗国歌や世界遺産など、世界の国々の豆知識