福娘童話集 > きょうの日本昔話 福娘童話集 きょうの日本昔話 童話・昔話・おとぎ話の福娘童話集
 


福娘童話集 > きょうの日本昔話 > 9月の日本昔話 > うわばみ退治

9月5日の日本の昔話

うわばみたいじ

うわばみ退治
吉四六(きっちょむ)さん → 吉四六さんについて

 むかしむかし、吉四六さんと言う、とてもゆかいな人がいました。
 ある日の事、吉四六さんは畑でとれた小麦(こむぎ)を村はずれの水車(すいしゃ)小屋に持って行って、粉にしてもらいました。
「これで、うまいうどんでも作って食べよう」
 ごきげんで家に帰ろうとすると、突然うわばみ(→大蛇)が現れたのです。
 うわばみは大きな口を開けて、吉四六さんを飲み込むつもりです。
「うへぇっ!」
 いかに吉四六さんがとんちの名人でも、うわばみにとんちは通じません。
 吉四六さんが慌てて逃げ出すと、うわばみも追いかけて来ました。
 さいわい松の木があったので、吉四六さんは松の木によじ登りましたが、うわばみはなおもしっこく追いかけて来て、大きな口をアングリと開けました。
「こりゃあ、もう駄目だ。なむあみだぶつ」
 その時です。
 ガタガタと震えていた吉四六さんのふところから、大事にしまっていた粉の包みが落ちてしまい、それがうわばみの口にすっぽりと入りました。
 びっくりしたうわばみは、自慢のキバで粉の包みを噛み破ったからたまりません。
 ゴホッ、ゴホホホゴホ。
 ハックショーン、ゴホゴホ、ハックショーン。
 うわばみは、せきとくしゃみをしているうちに粉を喉に詰まらせて、バッタリと死んでしまったのです。

 さて、この事が村人に知れ渡ると、村人たちは大いに吉四六さんを褒め称えました。
「粉の包み一つでうわばみを退治するとは、さすがは吉四六さんじゃ」
「よくぞ、あの厄介者のうわばみを退治してくれた」
 でも、吉四六さんはあまりうれそうではありません。
(まったく、今回はただ逃げていただけで、とんちを使うひまもなかった。・・・おもしろくねえ)
 吉四六さんは、そんな人です。 

おしまい

前のページへ戻る


     9月 5日の豆知識

366日への旅
きょうの記念日
国民栄誉賞の日
きょうの誕生花
女郎花(おみなえし)
きょうの誕生日・出来事
1990年 菊地 亜美 (タレント)
恋の誕生日占い
頭が良くて精神年齢の高い、しっかり者
なぞなぞ小学校
女より男が強い理由は? (漢字なぞなぞ)
あこがれの職業紹介
動物看護師
恋の魔法とおまじない 249
願いをかなえるおまじない
  9月 5日の童話・昔話

福娘童話集
きょうの日本昔話
うわばみ退治
きょうの世界昔話
隠れんぼに勝った若者
きょうの日本民話
テングの面と娘さん
きょうのイソップ童話
笛を吹く漁師
きょうの江戸小話
バカ息子
きょうの百物語
ホタルで敵討ち
福娘のサイト
366日への旅
毎日の記念日・誕生花 ・有名人の誕生日と性格判断
福娘童話集
世界と日本の童話と昔話
女の子応援サイト -さくら-
誕生日占い、お仕事紹介、おまじない、など
子どもの病気相談所
病気検索と対応方法、症状から検索するWEB問診
世界60秒巡り
国旗国歌や世界遺産など、世界の国々の豆知識