昔話の英語《福娘童話集》昔話の英語 Japanese & English昔話の英語《福娘童話集》 童話・昔話・おとぎ話の福娘童話集
 


福娘童話集(Hukumusume fairy tale collection) > 日本昔話(Japanese classical stories) >12月(December)

彦一とえんまさま

彦一とえんまさま
Hikoichi and Enma-sama

彦一(ひこいち)話 → 彦一について(Introduction to Hikoichi)

日本語(Japanese)  ・英語(English)日本語(Japanese)&英語(English)

英訳翻訳者 花田れん

♪音声配信(html5)
音声 ☆横島小次郎☆

 むかしむかし、彦一(ひこいち)と言う、とてもかしこい子どもがいました。
 Once upon a time, there was a very clever child named Hikoichi.

 その彦一も年を取っておじいさんになり、とうとう死んでしまいました。
 Hikoichi also grew old and became an old man, and finally died.

 死んだ彦一が目を覚ますと、目の前に地獄(じごく)のえんまさまがすわっています。
 When the dead Hikoichi woke up, the Enma-sama of Hell is sitting in front of him.

(しまった! ここは、地獄じゃ)
(Gracious me! This is hell.)

 だけど彦一は、少しもあわてません。
 But Hikoichi doesn't falter in the least.

 彦一は死ぬ前に、黒ざとうと、白ざとうと、トウガラシの粉を入れた三段の重箱(じゅうばこ)をひつぎに入れるように言い残したのです。
 Before he died, Hikochi left a will. It was to put a three-tiered nest of boxes filled with brown sugar, white sugar, and capsicum powder into his coffin.

 彦一は重箱を開けると、中の黒ざとうをおいしそうになめはじめました。
 Hikoichi opened the nest of boxes and began to lick the brown sugar inside with a delicious taste.

「こら彦一、しんみょうに、おれさまのさばきを受けい。・・・やや、そこで、何をなめているか」
"Hey Hikoichi, take my judgment graciously. ...Well, well, well, what are you licking on there?"

 えんまさまが大目玉でにらみつけると、彦一はニッコリ笑って、
「これは、とてもうまい物です。ちょっとだけ、えんまさまにも差し上げましょう」
と、黒と白のさとうを出しました。
 When Enma-sama glared at him with his big eyeballs, Hikoichi grinned and showed him the brown and white sugar. "This is a very good one. I'll give you a little of that, Enma-sama."

「うむ、すまんの。・・・ふむふむ。なるほど、これは確かにうまい。・・・うん? その下の段には、何が入っておる?」
''Hmm, thanks. ...hmm-hmm. Well, this is certainly good. Hmmm? What's in that bottom stage?"

「では、これもなめてください」
"Then lick this one, too."

 彦一が差し出したのは、まっ赤なトウガラシの粉です。
 What Hikoichi offered was a red pepper powder.

 えんまさまはチョイとなめて、すぐに吐き出しました。
 Enma-sama licked a little and quickly spat it out.

「ペッ、ペッ! 何じゃこれは! 口の中が、火事になったようじゃ」
''Pfft, pfft! What the hell! It's like fire in the mouth."

 すると彦一は、とぼけた顔で言いました。
 Hikoichi said with a innocent look on his face,

「えんまさま、この赤い粉は、ひと口なめれば辛い物。一度に食べればうまい物です。食べる時は、一度に飲み込まなくてはいけません」
''Enma-sama, this red powder is spicy in one bite. It's good if you eat it in one go. When you eat, you have to swallow it all at once."

「そうか、では、はやくよこせ」
"Well, then, give it to me quickly."

 えんまさまは重箱いっぱいのトウガラシの粉を、大きな口を開けて一口で飲み込みました。
 Enma-sama opened his big mouth to swallow the nest of boxes full of capsicum powder in one gulp.

 するとお腹の中が大火事になり、口や目から火をふきました。
 Then a great fire broke out in his belly, and he breathed fire from his mouth and eyes.

「あちち! これはたまらん! もうたまらん!」
"Hey, hey! I can't get over this! I can’t take it anymore!"

 えんまさまはドタバタあばれると、はだかになって水をかぶりにかけ出しました。
 Enma-sama was distressed; he got naked and drenched himself with water.

「では、わたしはこのすきに」
"Then this is a good spare time."

 彦一はえんまさまが脱ぎすてた衣に着替えると、外へ飛び出して何も知らない子オニたちに言いました。
 Hikoichi changed into the robe that Enma-sama had stripped off and ran outside to tell the child demons who didn't know anything about what was happening.

「おほん! わたしは、えんま大王であるぞ。天国まで用事があるので、すぐにカゴを用意しろ」
"Harrumph! I am the Great Enma. I have businesses to run to heaven, so get my basket ready at once."

「はっ、ただいま!」
"Ha, now!"

 子オニたちは急いでカゴを用意すると、彦一を天国まではこびました。
 The child demons hurriedly prepared a basket and carried Hikoichi to heaven.


 こうして彦一は、天国でのんびり暮らす事が出来たのです。
 Thus, Hikoichi was able to live comfortably in heaven.

おしまい
End

ワンポイントアドバイス。Circumstances may justify a lie.

前のページへ戻る
(Click here to return)

     12月10日の豆知識

366日への旅
きょうの記念日
世界人権デー
きょうの誕生花
コニファー(conifer)
きょうの誕生日・出来事
1965年 石田靖 (タレント)
恋の誕生日占い
天性の魅力で、芸能界デビューも夢ではありません
なぞなぞ小学校
目に足が生えた生き物は?
あこがれの職業紹介
警察官
恋の魔法とおまじない 345
女子力アップのおまじない
  12月10日の童話・昔話

福娘童話集
きょうの日本昔話
彦一とえんまさま
きょうの世界昔話
ゾウのめかた
きょうの日本民話
二股大根(まっ赤大根)
きょうのイソップ童話
ネコとネズミ
きょうの江戸小話
三つのあて
きょうの百物語
地獄巡り
福娘のサイト
366日への旅
毎日の記念日・誕生花 ・有名人の誕生日と性格判断
福娘童話集
世界と日本の童話と昔話
女の子応援サイト -さくら-
誕生日占い、お仕事紹介、おまじない、など
子どもの病気相談所
病気検索と対応方法、症状から検索するWEB問診
世界60秒巡り
国旗国歌や世界遺産など、世界の国々の豆知識