福娘童話集 > きょうの百物語 福娘童話集 きょうの百物語 童話・昔話・おとぎ話の福娘童話集
 


福娘童話集 > きょうの百物語 > 1月の百物語 > 天狗の酒盛り

1月30日の百物語

天狗の酒盛り

天狗の酒盛り
神奈川県の民話神奈川県の情報

♪音声配信(html5)
朗読者 : 朗読エンタメユニットりんごの木主催 リンゴの木 吉川 雅子

にほんご(日语)  ・ちゅうごくご(中文) ・日语&中文

 むかしむかし、急ぎの仕事で箱根の山を越えようとする、二人連れの飛脚(ひきゃく)がいました。
♪えっさ、ほいさっさ
♪えっさ、ほいさっさ
 やがて日も西に傾き、月が街道をほんのりと照らしました。
「おい、見ろよ。いい月だぜ」
「うん。それにしても前の方から、にぎやかな声が聞こえてこないか?」
「ああ、聞こえる、聞こえる。もしかすると、旅の人かな?」
「それにしても、馬鹿に派手じゃないか?」
「うむ。大勢のようだが、まさか殿さまの行列が、こんな夜中に通るわけもないし」
 不思議に思いながらも二人が走っていくと、街道をさえぎった紅白の幕にぶつかりました。
 にぎやかな声は、その中から聞こえてきます。
 歌声や手拍子に、楽しそうな笑い声も聞こえてきます。
 二人の飛脚は、幕の外から耳をそばだてました。
「おい。どうやら、酒盛りの最中らしいな」
「うん。つづみや太鼓の音も、聞こえてくるぞ」
「しかし、こんなところで酒盛りされては邪魔だ。こちとら、急ぎの飛脚なのに」
「そうだ。江戸までは、まだまだ遠いぞ」
 そこで二人は、幕の中に向かって声をかけました。
「もし、もし。わたくしどもは、急ぎの飛脚でございます」
「なにとぞ、ここをお通しくださいませ」
 すると幕の中から、年寄りらしい声が丁寧に返事をしました。
「おう、飛脚どのか。遠慮のう、お通りなされ」
 そこで二人は、
「では、遠慮無く」
と、幕をくぐって中に入りました。
 すると不思議な事に、今まであった紅白の幕がパッと消えてしまったのです。
 歌声も笑い声も、つづみや太鼓の音も突然消えて、ただ明るい月が、いつもの街道をさびしく照らしているだけです。
 二人の飛脚はびっくりして、しばらくきょとんとしていましたが、やがて、
「えい。奇妙な事だが、こうしてはおれぬわ」
「その通り。それ、急げ!」
と、二人が走り出すと、後ろの方から、またもやにぎやかな酒宴の騒ぎが聞こえてきました。
(はて?)
 二人が一緒に振り返ると、消えたはずの紅白の幕が、いま通ってきたばかりの街道に張られているではありませんか。
「おいおい、こりゃ、ひょっとすると、うわさに聞いた天狗の酒盛りじゃなかろうか?」
「うん。どうやら、そうらしいな」
「うっかりしとると、つかまるぞ!」
「それ、逃げろ!」
 二人の飛脚は、大急ぎで逃げて行きました。

おしまい

前のページへ戻る


     1月30日の豆知識

366日への旅
きょうの記念日
3分間電話の日
きょうの誕生花
ペペロミア(Peperomia)
きょうの誕生日・出来事
1958年 石川さゆり(歌手)
恋の誕生日占い
しっかり者で物を大切にし、お金の管理が得意
なぞなぞ小学校
よく見える為の物なのに、付けると見えなくなる物は?
あこがれの職業紹介
家庭教師
恋の魔法とおまじない 030
前向きになる金色のどんぐり
  1月30日の童話・昔話

福娘童話集
きょうの日本昔話
大いびき善六
きょうの世界昔話
ワニの贈り物
きょうの日本民話
山下淵(やましたぶち)の大なまず
きょうのイソップ童話
どちらが子どもをよけい産むかで、ケンカするブタとイヌ
きょうの江戸小話
金箱のかぎ
きょうの百物語
天狗の酒盛り
福娘のサイト
366日への旅
毎日の記念日・誕生花 ・有名人の誕生日と性格判断
福娘童話集
世界と日本の童話と昔話
女の子応援サイト -さくら-
誕生日占い、お仕事紹介、おまじない、など
子どもの病気相談所
病気検索と対応方法、症状から検索するWEB問診
世界60秒巡り
国旗国歌や世界遺産など、世界の国々の豆知識