福娘童話集 > きょうの百物語 福娘童話集 きょうの百物語 童話・昔話・おとぎ話の福娘童話集
 


福娘童話集 > きょうの百物語 > 2月の百物語 > めいどから帰って来た奥さん

2月29日の百物語

めいどからかえってきたおくさん

めいどから帰って来た奥さん

※本作品は、読者からの投稿作品です。 投稿希望は、メールをお送りください。→連絡先

投稿者 「櫻井園子」  櫻井園子エス代表 《櫻井園子キャンドルWEB販売》

 むかしむかし、一人のお坊さんが、旅から旅の毎日を過ごしていました。

 ある日の事、お坊さんが道ばたのお墓で一休みをしていると、後ろの方からギギギーッと変な物音がしました。
「なんだ?」
 お坊さんが振り向くと、お墓に埋められた棺桶(かんおけ)のふたを押し開けて、白い着物の女の人が出て来たのです。
「ゆ、幽霊。なむあみだぶつ、なむあみだぶつ、なむあみだぶつ・・・」
 お坊さんはすぐに念仏を唱えましたが、棺桶から出て来た女の人はお坊さんに近づいて頭を下げました。
「どうか、助けてください。体が熱くてたまりません」
 しかしお坊さんは、相手が幽霊だと思い込んでいるので、
「迷わず、成仏なさい。なむあみだぶつ、なむあみだぶつ・・・」
と、さらに念仏を唱えました。
 すると女の人は、少し怒った様に言いました。
「わたしは、幽霊ではありません。
 実は昨日、突然息が止まってしまい、家族にお墓へ埋められてしまいました。
 するとわたしの体から魂が抜け出して、気がつくと広い野原の様なところを歩いていたのです」
 女の人は、話を続けました。
「わたしがあてもなく歩いていると、どこからか恐ろしい鬼たちが現れて、わたしをえんまさまのところへ連れて行きました。
 えんまさまは、わたしをジロジロとながめて、こう言いました。
『お前はまだ、ここに来るにははやい。 お前の寿命は、まだまだ残っておるぞ』
 そしてえんまさまは、わたしを連れて来た鬼たちに、
『すぐに火の車に乗せて、しゃばへ送り返せ』
と、言いつけました。
 そして今さっき、魂が自分の体に戻ってきたのです」
「ほう、それで体が熱いと言われたのですね」
「はい。火の車の炎に包まれて、とても熱かったです」
「なるほど。それで生き返り、棺桶を破って出て来たのか」
「はい。どうかわたしを、家に連れて行ってください」
「わかった、わかった」
 お坊さんは女の人をおんぶして、道案内をさせました。

 女の人の家は町の大きなお店で、お店は戸を閉めきって悲しみに沈んでいました。
「すまんが、戸を開けてくだされ」
 お坊さんの言葉に、家の人が出て来ました。
「あの、何かご用でしょうか? ・・・おっ、奥さま!!!」
 家の人は、お坊さんがおんぶしている女の人を見て大声を上げました。
 その声に家のみんなが出て来て、腰を抜かさんばかりに驚きました。
 何しろ、お葬式を済ませたばかりの奥さんが、お坊さんの背中で微笑んでいるのですから。
「こんな事があるなんて」
 お坊さんと奥さんから話を聞いた家の人たちは大喜びで、さっそくお祝いの準備を始めたという事です。

おしまい

前のページへ戻る


     2月29日の豆知識

366日への旅
きょうの記念日
跳躍(ちょうやく)の日
きょうの誕生花
よもぎ
きょうの誕生日・出来事
1984年 吉岡聖恵(ミュージシャン)
恋の誕生日占い
自分に素直で明るく世話好き
なぞなぞ小学校
たき火の近くにいる鳥は?
あこがれの職業紹介
マラソン選手
恋の魔法とおまじない 060
笑顔が可愛くなるおまじない
  2月29日の童話・昔話

福娘童話集
きょうの日本昔話
なぞとき婿さん
きょうの世界昔話
ものを言う鍋
きょうの日本民話
金色のトビ
きょうのイソップ童話
出来ない事を約束する男
きょうの江戸小話
ただ
きょうの百物語
めいどから帰って来た奥さん
福娘のサイト
366日への旅
毎日の記念日・誕生花 ・有名人の誕生日と性格判断
福娘童話集
世界と日本の童話と昔話
女の子応援サイト -さくら-
誕生日占い、お仕事紹介、おまじない、など
子どもの病気相談所
病気検索と対応方法、症状から検索するWEB問診
世界60秒巡り
国旗国歌や世界遺産など、世界の国々の豆知識