福娘童話集 > きょうの江戸小話 福娘童話集 きょうの小話 童話・昔話・おとぎ話の福娘童話集
 


福娘童話集 > きょうの江戸小話 > 2月の江戸小話 > ただ

2月29日の小話

ただ

ただ

♪おはなしをよんでもらう(html5)
朗読 : 青のぷよの世界♪

 ある日、お調子者の松さんが、隠居の家に遊びに行きました。
「ご隠居、ご隠居はいますか?」
「おや、これは珍しい。誰かと思えば松さんかい。さあ、あがんな、あがんな」
「はい、それではあがらせてもらいます。しかしご隠居は、いつもお若いですね」
「いやいや、もう若くはないよ」
「でも、五十四か五でございましょう?」
「いやいや、わしも、もう七十になった」
「へーっ、そうですか。とても、そんなお年には見えませんね」
「そうかい、そうかい。おせじでも、うれしい事を言うねえ。まあ、酒でも一杯飲んで行きなさい」
 こんな調子で松さんは、うまくごちそうになる事が出来ました。

 しかし松さんは、まだ飲み足りない様子です。
 そこで友だちの太郎兵衛(たろうべえ)に、子どもが生まれたのを思い出して、
「あそこに行って、適当にお祝いを言えば、もう一杯ぐらいは飲めるだろう」
と、出かけていきました。
「こんにはち。この度は、ご安産(あんざん→子どもが無事に生まれる事)で、おめでとうございます」
 松さんが言うと、太郎兵衛はうれしそうな顔で、
「おお、松さん。ほれほれ、見てくれ、ついに念願の男の子が産まれたんだ」
と、赤ん坊をを見せてくれました。
 そこで松さんは、そろそろ酒を飲ませて貰おうと思い、得意のお世辞を始めました。
「さてさて、これはお若いお子さまだ。して、おいくつでございますか?」
 それを聞いた太郎兵衛は、不思議そうな顔で言いました。
「おや? お前さんもおかしな男だな。おととい生まれたから、たったの一つ(→数え年では、0才ではなくて、1才です)だ」
「おお、とても一つには見えませんな。わたしはまた、ただかと思いましたよ」

おしまい

前のページへ戻る


     2月29日の豆知識

366日への旅
きょうの記念日
跳躍(ちょうやく)の日
きょうの誕生花
よもぎ
きょうの誕生日・出来事
1984年 吉岡聖恵(ミュージシャン)
恋の誕生日占い
自分に素直で明るく世話好き
なぞなぞ小学校
たき火の近くにいる鳥は?
あこがれの職業紹介
マラソン選手
恋の魔法とおまじない 060
笑顔が可愛くなるおまじない
  2月29日の童話・昔話

福娘童話集
きょうの日本昔話
なぞとき婿さん
きょうの世界昔話
ものを言う鍋
きょうの日本民話
金色のトビ
きょうのイソップ童話
出来ない事を約束する男
きょうの江戸小話
ただ
きょうの百物語
めいどから帰って来た奥さん
福娘のサイト
366日への旅
毎日の記念日・誕生花 ・有名人の誕生日と性格判断
福娘童話集
世界と日本の童話と昔話
女の子応援サイト -さくら-
誕生日占い、お仕事紹介、おまじない、など
子どもの病気相談所
病気検索と対応方法、症状から検索するWEB問診
世界60秒巡り
国旗国歌や世界遺産など、世界の国々の豆知識