福娘童話集 きょうの百物語 童話・昔話・おとぎ話の福娘童話集
 


福娘童話集 > きょうの百物語 > 4月の百物語 > なわ

4月8日の百物語

なわ

なわ
東京都の民話東京都情報

♪音声配信(html5)
朗読 : 佐々木久美子

 むかしむかし、江戸(えど→東京都)に、池城新左衛門(いけしろしんざえもん)という(さむらい)が住んでいました。

 ある晩、友だちの家からの帰り道、ちょうど墓場(はかば)にさしかかると、
「あっ」
と、新左衛門は思わず声をあげました。
 黒くて不気味な物が、道に転がっていたのです。
 よく見ると、どうやら人間の様です。
「何者だ?」
 声かけて近寄って見ると、それは手足をなわでしばられた女の人でした。
「この様なところで、何をいたしておる?」
 新左衛門がたずねると、女の人はかすれた声で苦しそうに答えました。
「わたくしは、この世の者ではござりませぬ」
「なに、すると死人か?」
「はい、夫を殺した罪(つみ)で、手足をしばられたまま土の中に埋められた者でございます。
 この様にしばられたままでは、地獄へも行けません。
 どうぞ、わたくしのこのなわをほどいてくださりませ」
「・・・・・・」
 思いもよらない頼まれ事に新左衛門がためらっていると、女の人が涙声で言います。
「わたくしは毎晩ここに現れて、多くのお方にお願いしましたが、どなたさまも怖がって逃げてしまわれます。
 それでいまだに、なわの姿のままで苦しんでおります。
 お侍さま、どうぞ、このなわをほどいてくださりませ」
 話しを聞くうちに、新左衛門はこの女の人があわれに思えてきました。
「うむ。刑(けい)をすましたからには、そなたに罪はないはずじゃ。そなたの望みを、かなえてやろう」
 新左衛門が女の人のなわをほどいてやると、女の人は涙を流しながら、
「ありがとうございます。ご恩は決して、忘れませぬ」
と、言って、かき消す様に消えてしまいました。

 それから、数年後の事。
 新左衛門はお家騒動(おいえそうどう→権力争い)に巻き込まれて、責任を取って手足をなわでしばられたまま、打ち首になってしまったのです。
 するとそこへ、どこからともなく女の人が現れて、首のない新左衛門の死体のなわをほどくと、そのままスーッと消えてしまったという事です。

おしまい

前のページへ戻る


     4月 8日の豆知識

366日への旅
きょうの記念日
タイヤの日
きょうの誕生花
碇草(いかりそう)
きょうの誕生日・出来事
1978年 DAIGO (タレント)
恋の誕生日占い
目標に向かって突っ走る
なぞなぞ小学校
頭のいい鯉は?
あこがれの職業紹介
カフェ経営者
恋の魔法とおまじない 099
色々な人と仲良くなるおまじない
  4月 8日の童話・昔話

福娘童話集
きょうの日本昔話
八つ化けずきん
きょうの世界昔話
ジメリのお山
きょうの日本民話
舞茸
きょうのイソップ童話
オウムとネコ
きょうの江戸小話
立てば出ます
きょうの百物語
なわ
福娘のサイト
366日への旅
毎日の記念日・誕生花 ・有名人の誕生日と性格判断
福娘童話集
世界と日本の童話と昔話
女の子応援サイト -さくら-
誕生日占い、お仕事紹介、おまじない、など
子どもの病気相談所
病気検索と対応方法、症状から検索するWEB問診
世界60秒巡り
国旗国歌や世界遺産など、世界の国々の豆知識