福娘童話集 きょうの百物語 童話・昔話・おとぎ話の福娘童話集
 


福娘童話集 > きょうの百物語 > 4月の百物語 > 弥じゃどんの首

4月17日の百物語

弥じゃどんの首

弥じゃどんの首

 むかしむかし、弥(や)じゃどんという名前のお百姓が、隣村へ行こうと舟で川を渡っていました。
 舟の上から流れを見ると、きれいに澄んだ川底に大きな川ガニが何匹も見えています。
「おっ、カニじゃ。こいつは蒸して食うと、うまいんじゃ」
 弥じゃどんはカニを捕まえようと、かついでいた草刈(くさかり)ガマの先で川ガニを追い回しました。
 すると、
 ポッチャーン!
と、音がして、川の中へ何かが落ちました。
 何とそれは、弥じゃどんの首でした。
 弥じゃどんは、うっかり自分の首を、カマでバッサリと切り落としてしまったのです。
「はて?
 どこかで、見た様な顔じゃが。
 どこで見た、顔だったかな?
 ・・・えーと、そうじゃ!
 今朝、顔を洗った時に見た、手おけの水にうつったおれの顔にそっくりじゃ。
 それにしても、よく似た顔もあるものじゃなあ」
 そう言いながら弥じゃどんは、ひょいと片手を自分の首にあててみました。
「ありゃ、首がない?」
 今まで確かについていた首が、どこにもありません。
「すると、あの首はおらの首か。
 まあ、よかった。
 早くに気がついたおかげで、遠くまで流されずにすんだ」
 弥じゃどんは急いで川の中から自分の首を拾い上げると、また元通りに首を肩の上にポンと乗せました。
「やれやれ。よかった、よかった」
 弥じゃどんは、ホッとして舟をこぎ出しました。
 やがて向こう岸に着くと、弥じゃどんは鼻歌を歌いながら、隣村の方へと歩いて行きました。
 ところが歩いても歩いても、いっこうに隣村へは着きません。
「おかしいな。方角を、間違えるはずはないし」
 弥じゃどんがブツブツ言いながら歩いているうちに、何やら見覚えのある家の前にやって来ました。
 立ち止まってよく見ると、それは自分の家でした。
「これは、不思議な事だ。
 自分の家に、戻ってしまったぞ。
 これは、どうした事だ?」
 どうして元へ戻ってしまったのか、さっぱりわかりません。
「はて?」
 弥じゃどんは手を顔に当てると、ハッとしました。
「こりゃ、いかん。首が、後ろ前についとる」
 さっき首を拾ってつけた時、あんまりあわてていたので、首を後ろ向きに乗せてしまったのでした。
「なるほど。これでは先に行くつもりが、元に戻ってしまうわけだ」
 弥じゃどんは苦笑いをすると、急いで首の向きを戻して、今度はちゃんと隣村へ行ったそうです。

おしまい

前のページへ戻る


     4月17日の豆知識

366日への旅
きょうの記念日
恐竜の日
きょうの誕生花
大飛燕草(おおひえんそう)
きょうの誕生日・出来事
1967年 ゴルゴ松本 (芸人)
恋の誕生日占い
責任感と正義感の強いリーダー
なぞなぞ小学校
文庫をさかさまにしたら、食べ物になった。何?
あこがれの職業紹介
女流囲碁棋士
恋の魔法とおまじない 108
告白の前の緊張を静める呪文
  4月17日の童話・昔話

福娘童話集
きょうの日本昔話
怖いみやげ
きょうの世界昔話
ゴルゴーン退治
きょうの日本民話
ふるさとへ飛んだ侍
きょうのイソップ童話
金持ちと泣き女
きょうの江戸小話
身内のもの
きょうの百物語
弥じゃどんの首
福娘のサイト
366日への旅
毎日の記念日・誕生花 ・有名人の誕生日と性格判断
福娘童話集
世界と日本の童話と昔話
女の子応援サイト -さくら-
誕生日占い、お仕事紹介、おまじない、など
子どもの病気相談所
病気検索と対応方法、症状から検索するWEB問診
世界60秒巡り
国旗国歌や世界遺産など、世界の国々の豆知識