福娘童話集 > きょうの百物語 福娘童話集 きょうの百物語 童話・昔話・おとぎ話の福娘童話集
 


福娘童話集 > きょうの百物語 > 5月の百物語 > 旅は道連れ

5月8日の百物語

旅は道連れ

旅は道連れ

 むかしむかし、一人の武士(ぶし)が、京へ向って旅をしていました。
 ちょうど鈴鹿山(すずかやま)を越えようとした時、急に耳元で何か人の話し声がしました。
(はて、奇妙だな)
 武士は辺りを見回しましたが、誰もいません。
「風の音かな?」
 武士が歩き始めると、また耳元で話し声がします。
 何を言っているのかわかりませんが、確かに人の声です。
 武士は、もう一度、辺りを見回しました。
「やはり、誰もおらぬか」

 武士がしばらく歩いて行くと、遠くの方に旅の町人と虚無僧(こむそう)が、連れ立って歩いているのが見えました。
(なんだ、あの二人の話し声か。
 ・・・いや、それにしてはおかしい。
 これだけ離れているのに、さっきは耳元で聞こえたぞ。
 よし、行ってみるか)
 武士は早足で二人に追いつくと、追い越しざまに二人の顔を見ました。
「・・・!」
 町人の方は普通ですが、虚無僧の顔が人間ではありません。
 まるで、ちり紙をクシャクシャにした様な顔をしているのです。
 おまけに虚無僧の声は、何を言っているのか、さっぱりわかりません。
(さては、あの虚無僧。妖怪変化のたぐいと見える。ことあらば、一太刀(ひとたち)に切って捨てん)
 武士はゆっくり歩き、すぐ後ろに二人が来た時にバッと振り返りました。
 すると、
「うわーっ」
と、叫んだ町人が、いきなり武士にしがみついてきたのです。
「お、恐ろしや・・・。恐ろしや・・・」
 町人はガタガタと震えながら、武士に言いました。
「き、消えて、消えてなくなりました。
 今まで、一緒にまいりました虚無僧が、あなたさまが後ろを向かれたとたんに」
(しまった。取り逃がしたか)
 武士は悔しがりましたが、そ知らぬ顔で町人にたずねました。
「消えた虚無僧とは、何を話していたのかな?」
「はい。
 あの虚無僧どのが、
『わしは遠い国の者だ。この辺りはいっこうに知らぬゆえ、今夜はどこへ宿をとったらよろしかろう』
と、申されました」
「それで」
「さいわい、わたくしが宿屋をいたしておりますので、今夜はおとめいたしましょうと、そう申しておったところでございます」
「なるほど。ところでお主は、虚無僧の顔を見たか?」
「いいえ」
「あの虚無僧、まるでちり紙をクシャクシャにした様な顔であったぞ」
「ひえーっ。では、あの虚無僧は、化け物か何かで」
「かも、しれんな」
「ひえーっ!」
「まあ、そう、怖がる事もあるまい。
 たとえ相手が化け物でも、旅は一人よりも多い方が楽しいものだ。
 よければ、町までわしと行こうではないか。
 あははははっ」
 武士は底抜けに明るい声で笑うと、町人と連れだって町まで歩いて行ったそうです。

おしまい

前のページへ戻る


     5月 8日の豆知識

366日への旅
きょうの記念日
世界赤十字デー
きょうの誕生花
藤(ふじ)
きょうの誕生日・出来事
1965年 さくらももこ (漫画家)
恋の誕生日占い
計画が得意で、中途半端や手抜きが嫌い
なぞなぞ小学校
いつも自分の周りにあるのに見えない物は?
あこがれの職業紹介
芸能マネージャー
恋の魔法とおまじない 129
言い伝え 階段の上り下りで靴が脱げると誰に想われている
  5月 8日の童話・昔話

福娘童話集
きょうの日本昔話
牛池
きょうの世界昔話
三人のなまけ者
きょうの日本民話
蛸薬師(たこやくし)
きょうのイソップ童話
ネズミとカエル
きょうの江戸小話
パッと死ぬ
きょうの百物語
旅は道連れ
福娘のサイト
366日への旅
毎日の記念日・誕生花 ・有名人の誕生日と性格判断
福娘童話集
世界と日本の童話と昔話
女の子応援サイト -さくら-
誕生日占い、お仕事紹介、おまじない、など
子どもの病気相談所
病気検索と対応方法、症状から検索するWEB問診
世界60秒巡り
国旗国歌や世界遺産など、世界の国々の豆知識