福娘童話集 > きょうの百物語 福娘童話集 きょうの百物語 童話・昔話・おとぎ話の福娘童話集
 


福娘童話集 > きょうの百物語 > 6月の百物語 > 鬼笛(おにぶえ)

6月25日の百物語

鬼笛

鬼笛(おにぶえ)
京都府の民話京都府情報

 むかしむかし、京の都に、笛の名人と呼ばれる博雅(はくが)の三位(さんみ)という人がいました。

 ある、月のきれいな夜の事。
 博雅が散歩に出かけて朱雀門(すざくもん)のあたりで笛を吹いていますと、近くでとても美しい笛の音がしました。
「これは見事な。いったい誰だろう?」
 博雅は、そのあまりの素晴らしさに聞きほれてしまい、その日は笛の主をつきとめる事が出来ませんでした。

 一ヶ月後の満月の夜、博雅は再び朱雀門のそばまでやってきました。
 すると思った通り、あの美しい笛の音が流れてきます。
 博雅は曲が終わるのを待って、笛の主に声をかけました。
「わたしは博雅という者ですが、先日あなたさまの笛の音を耳にして以来、すっかりそのとりこになってしまいました。ぜひ、お名前をお聞かせ下さいませ」
 すると笛の主は、
「自分は、名のある者ではないので」
と、言って、名前を言いませんが、
「もしよろしければ、お互いの笛を交換して、一度吹いてみませんか」
と、自分の笛を差し出したのです。
「それはうれしい」
 博雅は喜んで応じると、どきどきしながら名笛(めいてき)を手に取りました。
 そして、恐る恐る口をつけて吹き始めますと、何と博雅が吹いても変わらぬ美しい音が流れてゆきます。
(素晴らしい、なんと素晴らしい笛だ)
 すっかり夢見心地で吹いているうちに時は流れて、博雅が我に返った時には、すでに笛の主は姿を消してしまった後でした。

 その後、博雅は名笛をお返しすべく、満月の夜が来る度に持ち主の姿を探しましたが、ついに見つける事は出来ませんでした。
 博雅は申し訳なく思い、その名笛を大切に保存出来る場所にしまい込む事にしました。

 やがて月日は流れて博雅がこの世を去った後、その不思議な笛の噂を耳にされた天皇が、伝説の名笛を浄蔵(じょうぞう)という笛の達人に吹かせてみたいとお望みになりました。
 そして浄蔵が吹き始めますと、どこからか声が聞こえてきました。
「久方ぶりの鬼笛(おにぶえ)じゃ。して吹いているのは、何という鬼か?」
 浄蔵は驚いて、その事を天皇に告げますと、天皇はとても感心して、その笛に『鬼笛葉二(おにぶえようじ)』と名を付けて大切にご秘蔵になられたという事です。

おしまい

前のページへ戻る


     6月25日の豆知識

366日への旅
きょうの記念日
住宅デー
きょうの誕生花
百合(ユリ)
きょうの誕生日・出来事
1986年 松浦亜弥(歌手)
恋の誕生日占い
とても優しくデリケートで、物を大切にする
なぞなぞ小学校
負けた方が、ニコニコ笑っている遊びは?
あこがれの職業紹介
ファッションリフォーマー
恋の魔法とおまじない 177
素敵な出会いを呼び寄せるおまじない
  6月25日の童話・昔話

福娘童話集
きょうの日本昔話
幸運を招くネコ
きょうの世界昔話
十三匹のハエ
きょうの日本民話
風邪を治す文弥の松(ぶんやのまつ)
きょうのイソップ童話
ノミと人間
きょうの江戸小話
昼寝
きょうの百物語
鬼笛(おにぶえ)
福娘のサイト
366日への旅
毎日の記念日・誕生花 ・有名人の誕生日と性格判断
福娘童話集
世界と日本の童話と昔話
女の子応援サイト -さくら-
誕生日占い、お仕事紹介、おまじない、など
子どもの病気相談所
病気検索と対応方法、症状から検索するWEB問診
世界60秒巡り
国旗国歌や世界遺産など、世界の国々の豆知識