福娘童話集 > きょうの百物語 福娘童話集 きょうの百物語 童話・昔話・おとぎ話の福娘童話集
 


福娘童話集 > きょうの百物語 > 7月の百物語 > 魂のある人形

7月29日の百物語

夢で知らせた人形

魂のある人形
東京都の民話東京都情報

♪音声配信(html5)
朗読者 ; スタヂオせんむ

♪音声配信(html5)
朗読者 ; 門松 藤子 [声のエンタメ番組『こえんた♪』<http://koenta.seesaa.net>より]
使用音源:HURT RECORD  H/MIX GALLERY

 むかしむかし、江戸のある料理屋で、三代春(みよはる)という三十歳になる女の人が働いていました。

 ある時、三代春はお客から小さな人形をもらいました。
 四、五歳くらいの女の子の姿をした、とても可愛らしい人形です。
 三代春はこの人形を大変気に入り、自分で着物をつくっては人形に着せて、我が子の様に可愛がっていました。
 ところがある時、どうしてもお金に困る事があったので、三代春は人形に何枚もの着物を着せて絹の布で大事に包むと、立派な木の箱に入れて質屋に預けてお金を借りました。
 そして人形をそのままにして、三代春はお店をやめると十数年ぶりに実家へ戻り、母親と一緒に暮らし始めたのです。

 さて、それから数ヶ月たった、春の夜の事。
 三代春は、不思議な夢を見ました。
 お店にいた時に可愛がっていた人形が夢に現れて、こんな事を言うのです。
「あなたはお店をやめて、お母さんと楽しく暮らしていますが、わたしは何枚も着物を着せられて、その上、絹の布でぐるぐる巻きにされて、暑さと息苦しさで着物のそでを食いちぎって、やっと息をしています。
 まっ暗な質屋の蔵から、早く出してください。
 ああ、暑い。
 ああ、苦しい。
 早く、早く」
 娘がうなされている声を聞いて、母親は三代春を起こしました。
「これ、どうしたんだい? 汗びっしょりでうなされて」
 そして娘から、人形の話を聞いた母親は、
「お前は、なんて事をしたんだい。
 いいかい、人形には魂があるんだよ。
 それをそのまま質屋の蔵なんかに入れておくなんて、うらまれたらどうするんだね。
 お金が必要なら、兄さんの市蔵(いちぞう)に頼んで、早く人形を出してもらわないと」
 そう言って、ほかの町に住む三代春の兄のところへ出かけて行きました。

 市蔵は母親の話を聞くと、すぐに質屋へ行ってお金を返し、妹の三代春が預けていた人形を蔵から出してくれたのです。
 市蔵は店先で、引き取った人形の木箱を開いてみました。
 くるんである絹の布をとくと、三代春の夢の話通り、人形のそでが食いちぎられていたそうです。

おしまい

前のページへ戻る


     7月29日の豆知識

366日への旅
きょうの記念日
アマチュア無線の日
きょうの誕生花
ダリア(Dahlia)
きょうの誕生日・出来事
1999年 荒川ちか(女優)
恋の誕生日占い
優しくピュアな心を持ったお姫様
なぞなぞ小学校
うれしいと軽くなり、悲しいと重くなるのは?
あこがれの職業紹介
ウインドーディスプレイデザイナー
恋の魔法とおまじない 211
テストの緊張を和らげるおまじない
 7月29日の童話・昔話

福娘童話集
きょうの日本昔話
聞き違い
きょうの世界昔話
ほら吹き男爵 イノシシの親子
きょうの日本民話
十数えてごらん
きょうのイソップ童話
旅人と真実の女神
きょうの江戸小話
ネギ違い
きょうの百物語
魂のある人形
福娘のサイト
366日への旅
毎日の記念日・誕生花 ・有名人の誕生日と性格判断
福娘童話集
世界と日本の童話と昔話
女の子応援サイト -さくら-
誕生日占い、お仕事紹介、おまじない、など
子どもの病気相談所
病気検索と対応方法、症状から検索するWEB問診
世界60秒巡り
国旗国歌や世界遺産など、世界の国々の豆知識