福娘童話集 > きょうの百物語 福娘童話集 きょうの百物語 童話・昔話・おとぎ話の福娘童話集
 


福娘童話集 > きょうの百物語 > 8月の百物語 >百物語

8月17日の百物語

百物語

百物語

東京都の民話東京都情報

日本語 ・日本語&中国語

♪音声配信(html5)
朗読者 ; ☆横島小次郎☆

♪音声配信(html5)
朗読 : ゆっこ  stand.fm 「癒しの森 朗読セラピー」

 むかしむかし、江戸の浅草花川戸(あさくさはなかわど)に、道安(どうあん)という医者が住んでいました。

 ある日の事、道安の所に使いの者が来ました。
「伝法院(でんぽういん)の広間(ひろま)で、百物語(ひゃくものがたり)をもよおすので、ぜひご出席いただきたい」
 伝法院といえば、浅草境内(あさくさけいだい)にある由緒ある大きなお寺です。
「わかりました。必ず出席いたしましょう」

 夕方になると、道安は伝法院へ出かけて行きました。
 この伝法院には小堀遠州(こぼりえんしゅう→江戸前期の有名な茶人・造園家)がつくったと言われる、江戸でも名高い立派な庭がありました。
 この庭を前にして、広間には九十九本のローソクが立てられています。
 そしてその一本一本のローソクの後ろには、九十九人の男女がきちんと座っているのでした。
「さあ、どうぞこちらへ」
 世話役らしい老人が、道安を庭が正面に見える一座の上座(かみざ→目上の人が座る場所)に案内しました。
 道安が座ると、世話役の老人が白髪頭をていねいに下げて言いました。
「では、百人ちょうどそろいましたので、会を開かせていただきます。
 今夜初めてご出席の方もおられますので、ちょっと申し述べます。
 この百物語というのは、お一人が一話ずつ化け物の話をなさって、ご自分の前のローソクを消してまいります。
 そして百本目のローソクが消されました時、本当の化け物が現れるのでございます」
 すると道安が、カラカラと笑って言いました。
「この世に化け物など、おろうはずがない。
 もしおったら、死んでもよいからお目にかかりたいものじゃ。
 あはははははっ 」
 すると広間中のローソクがいっせいに消えて、道安をのぞく九十九人の男女が、一人残らず姿を消してしまったのです。

おしまい

前のページへ戻る


     8月17日の豆知識

366日への旅
きょうの記念日
パイナップルの日
きょうの誕生花
ダツラ(Datura)
きょうの誕生日・出来事
1985年 蒼井 優 (女優)
恋の誕生日占い
人を引きつけるスター性の持ち主
なぞなぞ小学校
お寺から聞こえる音は? (漢字なぞなぞ)
あこがれの職業紹介
鍼灸師
恋の魔法とおまじない 230
2人の関係にひびが入る
  8月17日の童話・昔話

福娘童話集
きょうの日本昔話
宝船を買ってくる
きょうの世界昔話
食いしん坊の女
きょうの日本民話
はじを知れ
きょうのイソップ童話
ヤギと番人
きょうの江戸小話
化け物退治
きょうの百物語
百物語
福娘のサイト
366日への旅
毎日の記念日・誕生花 ・有名人の誕生日と性格判断
福娘童話集
世界と日本の童話と昔話
女の子応援サイト -さくら-
誕生日占い、お仕事紹介、おまじない、など
子どもの病気相談所
病気検索と対応方法、症状から検索するWEB問診
世界60秒巡り
国旗国歌や世界遺産など、世界の国々の豆知識