福娘童話集 > きょうの日本民話 福娘童話集 きょうの日本民話 童話・昔話・おとぎ話の福娘童話集
 


福娘童話集 > きょうの日本民話 > 8月の日本民話 > はじを知れ

8月17日の日本民話

はじを知れ

はじを知れ
愛媛県の民話愛媛県情報

 むかしむかし、あるところに、貧乏なおじいさんとおばあさんが住んでいました。
 明日は正月ですが、貧乏(びんぼう)なので何の用意も出来ていません。
「仕方がない。正月は寝て暮らすか」
 二人がふとんに寝ていると、夜中にドロボウがしのびこんできました。
 ですがひどい貧乏なので、家のどこを探しても金になるようなものは何一つありません。
 そこでドロボウがあきらめて帰ろうとすると、おじいさんが言いました。
「ばあさんや、さっきからドロボウが来ているようだが、どうするね?」
 すると、おばあさんが言いました。
「なあに、かまうもんですか。取る物なんて、何もありゃしませんよ。こんな家にしのびこむなんて、よっぽどまぬけなドロボウですね」
「そうだな、本当にまぬけなドロボウだ。あはははは」
 それを聞いたドロボウは、二人の寝ている枕もとへいくと枕をけとばして怒鳴りました。
「やいやい! さっきから『まぬけ、まぬけ』と、人をバカにするのもいいかげんにしろ! 取る物もないような家に住んでいる、お前たちの方こそはじを知れ!」
 すると、おばあさんが言いました。
「それは、すまんことです。でも、その何もない家にしのびこむなんて、お前さんは、わたしらよりも貧乏なんですね」
「あっ・・・・」
 確かにその通りだと思い、恥ずかしくなったドロボウはあわてて逃げていったという事です。

おしまい

前のページへ戻る


     8月17日の豆知識

366日への旅
きょうの記念日
パイナップルの日
きょうの誕生花
ダツラ(Datura)
きょうの誕生日・出来事
1985年 蒼井 優 (女優)
恋の誕生日占い
人を引きつけるスター性の持ち主
なぞなぞ小学校
お寺から聞こえる音は? (漢字なぞなぞ)
あこがれの職業紹介
鍼灸師
恋の魔法とおまじない 230
2人の関係にひびが入る
  8月17日の童話・昔話

福娘童話集
きょうの日本昔話
宝船を買ってくる
きょうの世界昔話
食いしん坊の女
きょうの日本民話
はじを知れ
きょうのイソップ童話
ヤギと番人
きょうの江戸小話
化け物退治
きょうの百物語
百物語
福娘のサイト
366日への旅
毎日の記念日・誕生花 ・有名人の誕生日と性格判断
福娘童話集
世界と日本の童話と昔話
女の子応援サイト -さくら-
誕生日占い、お仕事紹介、おまじない、など
子どもの病気相談所
病気検索と対応方法、症状から検索するWEB問診
世界60秒巡り
国旗国歌や世界遺産など、世界の国々の豆知識