福娘童話集 > きょうの日本民話 福娘童話集 きょうの日本民話 童話・昔話・おとぎ話の福娘童話集
 


福娘童話集 > きょうの日本民話 > 11月の日本民話 > 不思議な火鉢

11月29日の日本民話

不思議な火鉢

不思議な火鉢
沖縄県の民話沖縄県情報

♪音声配信(html5)
朗読者 : ☆横島小次郎☆

 むかしむかし、沖縄に、とかしきぺークーという、とんちの名人がいました。

 沖縄は冬でも暖かですが、この年の冬だけは特別に寒くて、誰もが寒さに震えていました。
 しかしぺークーは火ばちを持っているので、この寒さでも平気です。

 ある日の事、村のお金持ちの旦那がペークーの家にやって来て、火ばちを見つけました。
「ほほう。火ばちとは、珍しい物をお持ちですな」
 旦那はしきりに火ばちをながめて、とても欲しそうにしています。
 それを見て、ペークーは考えました。
(こいつはうまくすると、旦那にたかれるぞ)
 ペークーは、旦那に言いました。
「よければ、火ばちを差し上げましょうか?」
「本当ですか?」
「ええ、もちろんです。ただ、この火ばちは不思議な火ばちで、誰にあげてもじきに戻って来るのですが」
 ペークーは意味ありげに言いましたが、旦那はそれに気づきません。
「いやー、この寒さに困っていたんだ。それでは、ありがたくいただきますよ」
 旦那が火ばちを持って帰ろうとすると、ぺークーが言いました。
「旦那。大事な火ばちをあげたのですから、わたしが遊びに行った時には、ごちそうしてくださいよ」
「もちろんですよ。ごちそうしますから、いつでも遊びに来てください」
 旦那はそう答えると、喜んで帰りました。

 さて、ぺークーはその日からさっそく、旦那のお屋敷へ出かけました。
「おおっ、良く来てくれたね。まあ、ゆっくりしてくれ」
 旦那は約束通り、ペークーをお酒や料理でもてなしました。
 しかしそれから一日に三回、ご飯の時間になるとペークーは旦那のお屋敷へ出かけて行って、飲んだり食べたりするのです。
 これにはさすがの旦那も、困ってしまいました。
「ペークーのやつ、遠慮もせずに毎日毎日来やがって。
 このままでは、屋敷がつぶされてしまうぞ。
 ・・・もったいないが、火ばちはぺークーに返そう」
 旦那はぺークーの家に、火ばちを返しに行きました。
 するとペークーは、わざとらしく言いました。
「本当に、この火びちは、誰にあげてもすぐに返ってくるな」

おしまい

前のページへ戻る


     11月29日の豆知識

366日への旅
きょうの記念日
いい服の日
きょうの誕生花
茶(ちゃ)
きょうの誕生日・出来事
1956年 定岡正二 (タレント)
恋の誕生日占い
子ネコの様に表情豊かで可愛い女の子
なぞなぞ小学校
白い水がわき出るところは?
あこがれの職業紹介
駐在員
恋の魔法とおまじない 334
嫌な気分、悲しい気分を解消
  11月29日の童話・昔話

福娘童話集
きょうの日本昔話
おスマばあさん
きょうの世界昔話
北風のくれたテーブルかけ
きょうの日本民話
不思議な火鉢
きょうのイソップ童話
怪我(けが)をしたオオカミ
きょうの江戸小話
タコのだしがら
きょうの百物語
テッジ
福娘のサイト
366日への旅
毎日の記念日・誕生花 ・有名人の誕生日と性格判断
福娘童話集
世界と日本の童話と昔話
女の子応援サイト -さくら-
誕生日占い、お仕事紹介、おまじない、など
子どもの病気相談所
病気検索と対応方法、症状から検索するWEB問診
世界60秒巡り
国旗国歌や世界遺産など、世界の国々の豆知識