福娘童話集 > きょうの世界昔話 福娘童話集 きょうの世界の名作・昔話 童話・昔話・おとぎ話の福娘童話集
     3月3日の豆知識

366日への旅
きょうの記念日
雛祭り(ひなまつり)
きょうの誕生花
花桃(はなもも)
きょうの誕生日・出来事
1958年 栗田貫一 (タレント)
恋の誕生日占い
新しい物好きで、新情報の発信元
なぞなぞ小学校
赤ちゃんでも指でつまめるビルは?
あこがれの職業紹介
スキーインストラクター
恋の魔法とおまじない 063
元気度アップのおまじない
  3月3日の童話・昔話

福娘童話集
きょうの日本昔話
タヌキの糸車
きょうの世界昔話
不思議なリンゴの木
きょうの日本民話
魚石
きょうのイソップ童話
王さまライオン
きょうの江戸小話
オオカミと山犬の違い
きょうの百物語
カエルの恩返し
 


福娘童話集 > きょうの世界昔話 > 3月の世界昔話 >おばあさんと白くま カナダの昔話

3月3日の世界の昔話

おばあさんと白くま

おばあさんと白くま
カナダの昔話カナダの情報

おりがみをつくろう ( おりがみくらぶ より)
白熊の折り紙しろくま

※本作品は、読者からの投稿作品です。 投稿希望は、メールをお送りください。→連絡先

投稿者 「すまいるきっき」  すまいるきっき

 むかしむかし、ある村に、一人暮らしのおばあさんがいました。
 ある日、近所のおかみさんが、白い子ぐまを抱いてやって来ました。
「うちの主人が捕まえて来たのです。よかったら、おばあさんにあげますよ」
「まあ、なんて可愛い子ぐまでしょう」
 おばあさんは大喜びで、その子ぐまをもらいました。
 子ぐまは子犬の様に、とても可愛い目をしていました。
 おばあさんは子ぐまを、まるで自分の子どもの様に育てました。
 子ぐまはどんどん大きくなって、やがて立派な大人のくまになりました。
 そのくまを見て、近所の男の人が言いました。
「あのくまに、アザラシを捕らせたらどうだろう。きっと、すごいのを捕ってくると思うよ」
 そこでおばあさんが、くまに尋ねました。
「どうだい。アザラシを捕りに行くかね?」
 するとくまは、うれしそうにおばあさんの手をなめました。
「よしよし、それなら行っておいで。でも、けがをしないように気をつけるんだよ」
 おばあさんはそう言って、くまの頭をなでました。

 くまは男の人たちと一緒に、雪の降る氷の海へ出かけていきました。
「いいか、アザラシを見つけたら、風下の方から追うんだぞ。そうしないとお前のにおいに気がついて、アザラシは逃げてしまうからね」
 かしこいくまは言われた様に風下からアザラシに近づき、大きなアザラシを五頭も捕まえました。
 これだけあれば、当分の間は食べ物に困りません。
 それからというもの、男の人たちはアザラシを捕りに行く時は、決まってこのくまを連れて行きました。

 ところがある日、くまはよその村人に、鉄砲で撃ち殺されそうになりました。
 それを聞いたおばあさんは心配して、人に飼われているくまだという目印に首輪を作り、くまの首にまきつけてあげました。
「いいかい、どうな事があっても、決して人を襲ってはいけないよ」

 それからしばらくたった頃、どうした事か夕方になってもくまが戻ってきませんでした。
「どうしたんだろうねえ」
 おばあさんは心配で心配で、じっとしていられません。
 すると夜遅く、くまが知らない男の人をくわえて戻って来ました。
 おばあさんがびっくりして男の人を抱き上げると、男の人はすでに死んでいました。
「大変だ。うちのくまが死んだ人を連れてきたよ!」
 おばあさんの叫び声を聞いて、近所の人たちが集まってきました。
「上着がこんなに破けているのは、くまに噛み殺したからだ!」
「しかし、このくまは自分から人を襲ったりはしない」
「そうだ。きっと首輪のついているくまなのに、この男がそれを殺そうとしたから、くまが怒って噛み殺したんだ」
 みんなは、口々に言いました。
 みんなが言う様に、死んだ男の人は首輪のついているくまを殺そうとしたのです。
 そして怒った熊が、男の人を噛み殺したのでした。
 おばあさんはくまに抱きつくと、涙を流しながら言いました。
「お前は、何て事をしたんだい。事情はどうあれ、人を殺したお前とは、もう一緒には暮らせないよ。お前はこれから、人のいない遠いところで暮らすしかないんだよ」

 次の朝、おばあさんはすすと油を混ぜてまっ黒の塗料を作ると、それをくまのお腹に塗りました。
「さあ、お行き」
 首輪をはずしてもらったくまは、何度も何度もおばあさんを振り返りながら遠ざかって行きました。

 それから何年かたって、おばあさんは村の若者から、遠い雪原で見つけたくまの話を聞きました。
「お腹に黒いもようのある、珍しい白くまだった」
 そのとたん、おばあさんは思いました。
(きっと、あのくまに違いないわ。やっぱり、元気でいてくれたんだね)
 おばあさんは目に涙をためると、遠い北の空をいつまでもながめていました。

おしまい

前のページへ戻る


福娘のサイト
366日への旅
毎日の記念日・誕生花 ・有名人の誕生日と性格判断
福娘童話集
世界と日本の童話と昔話
女の子応援サイト -さくら-
誕生日占い、お仕事紹介、おまじない、など
子どもの病気相談所
病気検索と対応方法、症状から検索するWEB問診
世界60秒巡り
国旗国歌や世界遺産など、世界の国々の豆知識