福娘童話集 > きょうの世界昔話 福娘童話集 きょうの世界の名作・昔話 童話・昔話・おとぎ話の福娘童話集
 


福娘童話集 > きょうの世界昔話 > 3月の世界昔話 >知恵のある娘 グリム童話

3月4日の世界の昔話

利口な娘

知恵のある娘
グリム童話グリム童話の詳細

♪音声配信(html5)
音声 「香守

 むかしむかし、あるところに、貧しいけれど正直者のお百姓さんがいました。
 このお百姓さんが畑を耕していると、土の中から金のうすが出てきました。
「おおっ、なんと素晴らしいうすだ。よし、これは王さまに差し上げよう」
 お百姓がさっそく金のうすを持ってお城へ行くと、王さまは一目見て言いました。
「なるほど、素晴らしいうすだな。ほめてつかわそう」
「ははっ、ありがとうございます」
 頭を下げるお百姓に、王さまは少し首をかしげて言いました。
「しかし、うすだけとは妙だな。
 うすだけあっても、きねがなくては役には立たん。
 土の中にうすがあったのなら、きねもあったであろう。
 百姓よ、どうしてきねを持って来ないのだ?」
 それを聞いたお百姓さんは、あわてて言いました。
「いいえ、きねはありません。土の中から出てきたのは、うすだけです」
 ところが王さまは、それを聞き入れてくれません。
「いいや、お前はきねまでわたしにくれるのが、おしいと思ったのであろう。それで、そんなうそを言っているのだろう」
「いいえ、本当に、うすしかなかったのです」
「うそを申すな! このうそつき百姓め! 本当の事を言うまでは、お前を帰さないぞ!」
 こうして王さまは、お百姓さんを牢屋に入れてしまったのです。

 その事を聞いたお百姓さんの娘は、さっそく城へかけつけると涙を流して王さまに言いました。
「王さま。本当に、きねはなかったのです。うそを言っているのではありません。どうか、父をお許しください」
「うむ・・・」
 王さまは娘の涙を見て、お百姓の言葉がうそではないとわかりました。
 でも、一度牢屋に入れた者を簡単に許してしまうのは、王さまが間違った判断をしたと言っているようなものです。
 そこで王さまは、こう言いました。
「よろしい、許してやろう。
 ただし、わたしの出す問題が解けたらだ。
 いいか、よく聞けよ。
 お前は一度家に帰り、着物を着ないで、裸でもなく、馬にも車にも乗らず、道を歩かず道を通って、この城まで来てみなさい。
 それが出来たら、お前の父親を許してやろう」
 さあ、大変な事になりました。
 これはとても難しい問題です。
 でも、しばらく考えていた娘は、
「そうだわ」
と、すぐにっこりして、王さまの前から引き下がりました。

 家へ帰った娘は着物を脱いで裸になると、大きな魚取りのアミで体をすっぽりと包みました。
 次にアミのはしをロバの尻尾に結びつけると、ロバに自分の体を引きずらせながら、お城へとやって来たのです。
 これで、着物を着ないで、裸でもなく、馬にも車にも乗らず、道を歩かないで、城へ来た事になるのです。
 王さまは、娘の知恵にすっかり感心して言いました。
「お前は、なかなか利口な娘だ。よろしい、約束通り父親を許してやろう」
 こうしてお父さんは、すぐ牢屋から出されました。
 そしてその上に娘はたくさんのごほうびまでもらって、お父さんと一緒に家へ帰りました。

おしまい

前のページへ戻る


     3月4日の豆知識

366日への旅
きょうの記念日
ミシンの日
きょうの誕生花
アザレア(azalea)
きょうの誕生日・出来事
1991年 中村 蒼 (俳優)
恋の誕生日占い
自立心が高く、時間を大切にする
なぞなぞ小学校
長い物が危険な県は?
あこがれの職業紹介
獣医師
恋の魔法とおまじない 064
運命の人と出会えるおまじない
  3月4日の童話・昔話

福娘童話集
きょうの日本昔話
生あるものは
きょうの世界昔話
知恵のある娘
きょうの日本民話
鉄砲屋八兵衛(てっぽやはちべえ)
きょうのイソップ童話
ロバを買う人
きょうの江戸小話
やっとわかった
きょうの百物語
鬼女になった、弥三郎の母
福娘のサイト
366日への旅
毎日の記念日・誕生花 ・有名人の誕生日と性格判断
福娘童話集
世界と日本の童話と昔話
女の子応援サイト -さくら-
誕生日占い、お仕事紹介、おまじない、など
子どもの病気相談所
病気検索と対応方法、症状から検索するWEB問診
世界60秒巡り
国旗国歌や世界遺産など、世界の国々の豆知識