福娘童話集 > きょうの日本昔話 福娘童話集 きょうの日本昔話 童話・昔話・おとぎ話の福娘童話集
 


福娘童話集 > きょうの日本昔話 > 3月の日本昔話 > 生あるものは

3月4日の日本の昔話

生あるものは

生あるものは

 むかしむかし、ある寺に、和尚(おしょう)さんと小僧が住んでいました。
 この寺の和尚さんは、柿が大好きです。
 そこで秋になると、和尚さんは寺の柿の実を全部一人で食べてしまうのでした。

 さて、秋も終りに近いある日の事。
 一人で寺の留守番をしていた小僧は、柿の木に真っ赤な柿の実が二つだけぶら下がっているのを見つけました。
「ああ、何とうまそうな柿の実だろう。・・・せめて一つだけでも、食べてみたいな」
 そんな事を考えた小僧は、とうとう我慢出来ずに木に登り、柿の実を一つ食べてしまいました。
「うあ、甘くてうまい!」
 あまりのおいしさに、小僧は二つとも食べてしまいました。
 ところが、ふと我に返った小僧は大あわてです。
「しまった! このままでは和尚さんに叱られる!」
 小僧は何とかして、和尚さんに怒らせない方法はないかと考えました。
 そしてあれこれ考えながら寺の中を歩いていたので、うっかりと和尚さんが大事にしていた茶碗を蹴って割ってしまいました。
「大変だ! 柿ならまだしも大切な茶碗まで! このままでは和尚さんに殺されてしまう! ・・・うん? ・・・殺される。・・・壊れる。・・・・・・そうだ!」

 さて、夕方になると和尚さんが帰って来ました。
 小僧は和尚さんを出迎えると、和尚さんに尋ねました。
「和尚さま。実は和尚さまの留守中に、旅のお坊さまが来られまして、私に問答(もんどう→知識をきそい合う修行)をされました。
お坊さまに、 『生あるものは・・・』と、聞かれましたが、私には答える事が出来ませんでした」
 それを聞いた和尚さんは、ニッコリ笑って言いました。
「そうか、そうか、今度その様に問われる事があれば、
『必ず滅(めっ)す』
と、答えるのじゃ。
 生あるものは、必ず滅す。
 そして形がある物は、必ず壊れるもの。
 それは、仕方のない事じゃ」
「仕方のない事で、ございますか?」
「そうじゃ。世の中には、それが分からぬ未熟者が大勢おるがな」
 和尚さんがそう言ったとたん、小僧は割れた茶碗を目の前に差し出しました。
「和尚さま、お許し下さい。和尚さまの好物の柿を食べた上、大切な茶碗を割ってしまいました」
「なんと・・・」
 和尚さんも怒るに怒れず、苦笑いをして小僧を許してやりました。

おしまい

前のページへ戻る


     3月4日の豆知識

366日への旅
きょうの記念日
ミシンの日
きょうの誕生花
アザレア(azalea)
きょうの誕生日・出来事
1991年 中村 蒼 (俳優)
恋の誕生日占い
自立心が高く、時間を大切にする
なぞなぞ小学校
長い物が危険な県は?
あこがれの職業紹介
獣医師
恋の魔法とおまじない 064
運命の人と出会えるおまじない
  3月4日の童話・昔話

福娘童話集
きょうの日本昔話
生あるものは
きょうの世界昔話
知恵のある娘
きょうの日本民話
鉄砲屋八兵衛(てっぽやはちべえ)
きょうのイソップ童話
ロバを買う人
きょうの江戸小話
やっとわかった
きょうの百物語
鬼女になった、弥三郎の母
福娘のサイト
366日への旅
毎日の記念日・誕生花 ・有名人の誕生日と性格判断
福娘童話集
世界と日本の童話と昔話
女の子応援サイト -さくら-
誕生日占い、お仕事紹介、おまじない、など
子どもの病気相談所
病気検索と対応方法、症状から検索するWEB問診
世界60秒巡り
国旗国歌や世界遺産など、世界の国々の豆知識