福娘童話集 > きょうの世界昔話 福娘童話集 きょうの世界の名作・昔話 童話・昔話・おとぎ話の福娘童話集
 


福娘童話集 > きょうの世界昔話 > 3月の世界昔話 > イーダちゃんの花

3月6日の世界の昔話

イーダちゃんの花

イーダちゃんの花
アンデルセン童話 → アンデルセン童話の詳細

おりがみをつくろう ( おりがみくらぶ より)
チューリップの折り紙ちゅーりっぷ   花の折り紙はな

♪音声配信(html5)
音声 創作活動のサイト 『Web団 零点』

「きのうはあんなにきれいだったお花が、みんなしおれちゃったわ。ねえ、どうしてなの?」
 小さなイーダは、学生さんに尋ねました。
 学生さんはいつも楽しいお話をしてくれるので、イーダは大好きです。
 学生さんは、妹に話しかける様に言いました。
「それはね、この花たちは夜中になると、みんなでダンスパーティーをするんだよ。それで踊り疲れて、頭をたれているのさ」
「うそよ。お花はダンスなんか出来ないわ」
 イーダが言うと、学生さんはニッコリほほえんで。
「うそじゃないよ。
 あたりが暗くなって人間たちが寝しずまってしまうと、花たちは踊り回るんだ。
 花びらをチョウチョウみたいにヒラヒラとはばたかせて、お城まで踊りに飛んでいったりもするのさ。
 そしてそのお城では、一番美しいバラの花が王座に座っているんだよ」
「へーっ、そうか。お花たちは踊りくたびれて、ぐったりしていたのね」
 イーダは納得すると、その夜、花束をかかえておもちゃ部屋に行きました。
 それから人形のソフィーをベッドからどかすと、花束をベッドの中に横たえて上からふとんをかけてやりました。

 その晩、イーダはなかなか寝付けませんでした。
「あのお花たち、今夜もダンスパーティーに出かけるのかしら? それともおとなしく、ソフィーのベッドで寝ているかしら。・・・心配だわ」
 するとどこからか、ピアノの音がかすかに聞こえ始めました。
「あっ! きっと、お花たちのダンスが始まるんだわ」
 イーダはじっとしていられなくなってべッドから抜け出すと、そっとおもちゃ部屋の中をのぞきました。
 すると部屋の中は窓から差し込む月明かりで昼の様に明るく、そのただ中には花たちが二列に並んでいるではありませんか。
 やがて花たちは互いの葉をつなぎあって、輪をえがきながら踊り始めます。
 特に、ヒヤシンスとチューリップのダンスは素敵です。
 ピアノをひいているのは、黄色いユリの花でした。
 すると音楽につられて、引き出しの上に腰かけていた人形のソフィーまでもが床に飛びおりると、踊りの輪の中に入り始めました。
「まあ、知らなかったわ。ソフィーも、お花の仲間だったなんて」
 イーダは、おどろいてつぶやきました。
 すると広間のドアがさっと開いて、たくさんの花たちが踊りながら入って来ました。
 金のかんむりをかぶっている二本のバラの花が、花の王さまとお后さまです。
 花の音楽隊が、エンドウ豆のラッパを吹き鳴らします。
 スミレ、スズラン、ヒナギク、サクラソウなども、みんな月明かりの下で一晩中踊りあかしました。

 次の日の朝、イーダは目覚めると、すぐに花のところへ行きました。
 花たちは昨日よりも、ずっとしおれていました。
 イーダは、人形のソフィーに話しかけました。
「あなた、わたしに何か、かくしている事はない?」
「・・・・・・」
 でもソフィーは、何も答えてくれませんでした。
「・・・まあ、いいわ。お花さん、またきれいに咲いてちょうだいね」
 イーダはそう言って、しおれた花を庭の花壇にうえてやりました。

おしまい

前のページへ戻る


     3月6日の豆知識

366日への旅
きょうの記念日
スポーツ新聞の日
きょうの誕生花
ベゴニア(Begonia)
きょうの誕生日・出来事
1984年 ベッキー (タレント)
恋の誕生日占い
とてもおしゃれで個性的
なぞなぞ小学校
明かりをつけるのが好きな虫は?
あこがれの職業紹介
トリマー
恋の魔法とおまじない 066
良い事が起こるおまじない
  3月6日の童話・昔話

福娘童話集
きょうの日本昔話
運の良い鉄砲うち
きょうの世界昔話
イーダちゃんの花
きょうの日本民話
トラが木登りの出来ない理由
きょうのイソップ童話
尻尾を切られたキツネ
きょうの江戸小話
ほらふき
きょうの百物語
蛇婿(へびむこ)
福娘のサイト
366日への旅
毎日の記念日・誕生花 ・有名人の誕生日と性格判断
福娘童話集
世界と日本の童話と昔話
女の子応援サイト -さくら-
誕生日占い、お仕事紹介、おまじない、など
子どもの病気相談所
病気検索と対応方法、症状から検索するWEB問診
世界60秒巡り
国旗国歌や世界遺産など、世界の国々の豆知識