福娘童話集 > きょうの世界昔話 福娘童話集 きょうの世界の名作・昔話 童話・昔話・おとぎ話の福娘童話集
 


福娘童話集 > きょうの世界昔話 > 5月の世界昔話 >ほらふき男爵 シカのサクランボウ

5月21日の世界の昔話

ほらふき男爵 シカのサクランボウ

ほらふき男爵 シカのサクランボウ
ビュルガーの童話 → ビュルガーの童話の詳細

♪音声配信(html5)
音声 まちゃりんの読んだり〜の♪

 わがはいは、ミュンヒハウゼン男爵(だんしゃく)。
 みんなからは、『ほらふき男爵』と呼ばれておる。
 なぜかだって?
 それはだな、わがはいの冒険があまりにもすごいので、みんな信用せずにほらだと思っておるからじゃ。
 なに、わがはいの話を聞きたいじゃと。
 そうか、よしよし。
 それなら、こんな話はどうじゃな。

 ある日、わがはいは狩りをしに森に行った。
 すると、大きくて立派なシカが現れたのじゃ。
「よし、こいつをしとめてやろう」
と、鉄砲をかまえたが、あいにく玉切れじゃ。
 そこで落ちていたサクランボウのタネを、鉄砲に詰めて、
「ズドン!」
と、おみまいしてやった。
 ところがシカは、そのまま逃げてしまったのじゃ。
 玉は確かに、シカの頭に命中したはずなのに。

 さて、次の年の事。
 わがはいは、再びそのシカに出会った。
 なぜ、同じシカだとわかったのか?
 それはシカの頭から3メートルものサクランボウの木が生えており、サクランボウがたくさん実っていたからじゃ。
 いやはや、そのサクランボウのおいしかったこと。

 ではまた次の機会に、別の話をしてやろうな。

おしまい

前のページへ戻る


     5月21日の豆知識

366日への旅
きょうの記念日
小学校開校の日
きょうの誕生花
霞草(かすみそう)
きょうの誕生日・出来事
1971年 米良美一 (声楽家)
恋の誕生日占い
頭が良くて、考え方のしっかりした女の子
なぞなぞ小学校
ごみを出しながら、頭を丸くする物は?
あこがれの職業紹介
貿易商
恋の魔法とおまじない 142
ダイエットが成功するおまじない
  5月21日の童話・昔話

福娘童話集
きょうの日本昔話
鹿でも馬でもない
きょうの世界昔話
ほらふき男爵 シカのサクランボウ
きょうの日本民話
大力権兵衛
きょうのイソップ童話
捕まえられたイタチ
きょうの江戸小話
ぶしょう比べ
きょうの百物語
亡者が飲む最後の水
福娘のサイト
366日への旅
毎日の記念日・誕生花 ・有名人の誕生日と性格判断
福娘童話集
世界と日本の童話と昔話
女の子応援サイト -さくら-
誕生日占い、お仕事紹介、おまじない、など
子どもの病気相談所
病気検索と対応方法、症状から検索するWEB問診
世界60秒巡り
国旗国歌や世界遺産など、世界の国々の豆知識