福娘童話集 > きょうの世界昔話 福娘童話集 きょうの世界の名作・昔話 童話・昔話・おとぎ話の福娘童話集
広 告
 


福娘童話集 > きょうの世界昔話 > その他の世界昔話 >青い山からきたタバコ

第4話

青い山からきたタバコ

青い山からきたタバコ
カナダの昔話 → カナダの国情報

 むかしむかし、カナダの森のおくに、大きな木にかこまれた湖がありました。
 湖の岸辺には、夫婦と二人の子どもが住んでいました。
 子どもたちは大きくなるにつれて、とてもとても美しくなりました。
 子どもたちが十二才になったとき、そのあたりにおそろしい病気がはやりました。
 そして子どもたちは、その病気にかかって死んでしまったのです。
 お母さんも悲しんで、まもなく死んでしまいました。
 たった一人とりのこされたお父さんは、それはそれは悲しんで、いっそ死んでしまおうかと思いました。
 でも、やっと気をとりなおして、
「そうだ、これからさき、わしは人をたすけてくらすことにしよう。人のためにつくせば、おちついたおだやかな毎日をすごすことができるだろう」
と、自分にいいきかせたのです。
 その日からお父さんは、よわいものやまずしい人たちのために、いっしょうけんめい働きました。
 村の人たちは、そんなお父さんを『おじいさん』とよんで、たいせつにしてくれました。
 やがておじいさんは、年をとって働けなくなりました。
 みんなのために働いたおじいさんは、だれからも好かれていましたが、それでもさびしくて、たまらなくなることもありました。
 たった一人でくらしていると、昼も夜もたいくつです。
 ある日、おじいさんは湖のほとりにションボリすわって、おかみさんや子どもたちのことを思いだしていました。
 そのとき、むこうの青くかすんだ山から、黒雲のような鳥のむれがとんできたのです。
 おじいさんも、まだ見たことのない鳥です。
 村の人たちは、その鳥のむれをとてもこわがって、
「あれはなにか、わるいことがおこる知らせだよ」
と、いいあいました。
 まもなく、その中の一羽の鳥が羽をバタバタさせながら、地べたにおちてきました。
 見ると、胸に矢がつきささっています。
 村の人たちは、どうしたらよいかわかりません。
 そこでおじいさんのまわりに集まって、おじいさんの顔をジッと見つめました。
 地べたにおちた鳥は、くるしそうにふるえています。
 なかまの鳥たちは、しばらくそのまわりを飛んでいましたが、やがて矢のあたった一羽をのこしたまま、青くかすんだ山のほうへ帰っていきました。
「かわいそうに。けがをなおしてやろう」
 おじいさんはこういって、ふるえている鳥に近づこうとしました。
 すると、
「いけない! おじいさん。あれは魔法の鳥だ。きっとよくないことがおこるよ」
と、みんなはおじいさんをひきとめましたが、
「いいや、だいじょうぶ。鳥はなにもしやしないさ。それに、わしの一生も、もうおわりに近づいている。もし何かがおきたとしても、死ぬのが少し早くなるだけだよ」
 おじいさんはこういって、鳥へ近づいていきました。
 おじいさんが歩いていくと、あたりはきゅうにくらくなりました。
 そして鳥のすぐそばまで近づいたとき、天からまっ赤な炎のはしらがおりてきたのです。
 火はあっというまに消えましたが、鳥は焼けてしまって、あとにはひとかたまりの黒い灰だけがのこっていました。
 おじいさんがつえで灰をかきまわすと、中には、まっ赤な火のかたまりが一つありました。
 でも、その火のかたまりもすぐに消えてしまい、あとに残ったのは、親指ぐらいの大きさの、人のような形をしたものだけでした。
 その人のような形のものが、おじいさんに話しかけました。
「こんにちは、おじいさん。あなたをたすけにまいりました」
「おまえはいったい、なにものだね?」
「わたしは、あの青い山の小人です」
 そういえばと、おじいさんは、「青い山には、妖精(ようせい)が住んでいる」という話を聞いたことがあるのを思い出しました。
 小人は、話しをつづけました。
「あなたに、すてきなものを持ってきたのですよ。あなたは年をとって一人ぼっちですが、あなたの一生はおわっていません。あなたはまだまだ、生きていなければいけません。あなたはおおぜいの人をたすけて、いいおこないをたくさんしてきました。これからさき、あなたがもっとたのしくくらせるように、おくりものをさしあげます」
 小人はおじいさんに、小さなタネをたくさんわたしました。
「いますぐこれを、ここにおまきなさい。わたしのたっている、この灰の中に」
 おじいさんは、いわれたとおりタネをまきました。
 タネはたちまち芽をだして、大きな葉をつけました。
 これは、タバコの葉だったのです。
 こうして鳥がもえたあとに、タバコ畑ができました。
 小人はおじいさんに、大きなパイプをわたしていいました。
「この葉をかわかして、パイプにつめて、おすいなさい。きっと、たのしい気分になるでしょう。タバコは、あなたがさびしいときには、友だちになってくれるでしょう。夕方、青い光の中でタバコをすえば、煙は天にまいあがり、あなたのすてきなおくさんや、子どもたちを見まもるでしょう」
「ありがとう。ほんとうに、ありがとうよ」
 おじいさんは、なんどもお礼をいって、パイプをうけとりました。
「年をとった、ほかの人たちにも教えてあげなさい。みんなたのしく、くらすことができますよ」
 小人はいいおわると、遠くの青い山のほうへ、とんでいってしまいました。
 それからというもの、おじいさんはまえよりもずっとたのしく、まいにちをすごすことができました。
 タバコはこうして、カナダの森のインディアンにつたわったのです。

おしまい

関連する記念日紹介
たばこの日」について (366日への旅)より
記念日イラスト 福ちゃん ※無断転載禁止
記念日イメージキャラ 福ちゃん イラスト「ぺんた」 ※無断転載禁止

関連する記念日紹介
5月31日 世界禁煙デー」について (366日への旅)より
記念日イラスト 福ちゃん ※無断転載禁止
記念日イメージキャラ 福ちゃん イラスト「ぺんた」 ※無断転載禁止

前のページへ戻る

福娘のサイト
366日への旅
毎日の記念日・誕生花 ・有名人の誕生日と性格判断
福娘童話集
世界と日本の童話と昔話
子どもの病気相談所
病気検索と対応方法、症状から検索するWEB問診
世界60秒巡り
国旗国歌や世界遺産など、世界の国々の豆知識