福娘童話集 > きょうの世界昔話 福娘童話集 きょうの世界の名作・昔話 童話・昔話・おとぎ話の福娘童話集
 


福娘童話集 > きょうの世界昔話 > 2月の世界昔話 >ほら吹き男爵 赤ちゃんの実

2月21日の世界の昔話

ほら吹き男爵 赤ちゃんの実

ほら吹き男爵 赤ちゃんの実
ビュルガーの童話 → ビュルガーの童話について

 わがはいは、ミュンヒハウゼン男爵(だんしゃく)。
 みんなからは、『ほらふき男爵』とよばれておる。
 今日も、月世界での話を聞かせてやろう。

 さて、地球式のやり方で、口で食事をすませたわがはいは、王宮の庭に出かけると不思議な物を見つけた。
 高さが三十メートルもある大きな木に、オレンジ色の果物のような実がいくつもなっているのだが、問題はそこに立っている立て札だ。
 そこには《王者のなる木》と、書いてあるではないか。

 するとそこへ産婆さんらしい年とったおばさんがやってきて、一番熟している実を一つもいで、さっさと王宮に入っていった。
「あの実を、どうするのだろう?」
 わがはいは大いに興味を持って、あとに続いた。
 そんな事とは知らないおばさんは王宮の一室に入ると、用意されていた、ぐらぐら煮え立っている大きなかまの湯の中に、さっきの実を放り込んだ。
 とたんに、
 バーン!
と、実のからがはじけたと思うと、
「オギャアー、オギャアー」
と、実の中から、赤ん坊が飛び出したではないか。
 まあ、赤ん坊と言っても、その身長は三メートルもあったが。
 そして赤ん坊の大きな泣き声に、王さまがあわてて飛び込んでくると、
「おめでとうございます。立派な王子さまが誕生されました」
と、産婆のおばさんは、うやうやしく赤ん坊を差し出した。
「おおっ、わしにそっくりだ」
 王さまは、踊り上がって喜んだ。
 木の実から赤ん坊が生まれてくるなんて、まったく不思議な話だ。
 いや、地球でも世界の果てにある島国では、桃から生まれた子どもの冒険話があるそうだから、まあ、不思議とは言えないか。

 その夜は王宮をあげての盛大なお祝いの会が開かれ、とっておきのごちそうやら、うまいぶどう酒もたくさん出た。
 もちろん、わがはいたちも招待されたが、ここは丁重に遠慮をした。
 何しろ、われわれにはお腹のファスナーで食事をする芸当は出来ないし、それに下手をして、こっちのお腹にファスナーでもつけられたら大変だからだ。
 そこで逃げ出すように王宮を出て、夜の散歩としゃれこんだわけだが、よく見るとあっちこっちで人間のなる木があった。
 それらの木には、全て立て札があり、
《芸術家のなる木》
《金持ちのなる木》
《実業家のなる木》
《料理人のなる木》
《学者のなる木》
 などなど。
 中には《貧乏人のなる木》などもあったが、《冒険家のなる木》はどこを探してもなかった。
 そうすると、この月世界には冒険家が生まれないことになる。
 なるほど、わがはいが歓迎されるわけだ。

 それにしてもこの月世界では、人は生まれながらに運命が決まっているらしい。
 だが地球では、生まれながらの運命などない。
 きみたちもがんばれば、わがはいのような冒険家にも、おじのような大金持ちにも、何にでもなる事が出来るのだ。
 これを、今日の教訓としておこう。

 月世界話の話しは、まだまだ続くぞ。
 続きは、また今度してやろうな。

おしまい

前のページへ戻る


     2月21日の豆知識

366日への旅
きょうの記念日
日刊新聞創刊の日
きょうの誕生花
彼岸桜(ひがんざくら)
きょうの誕生日・出来事
1964年 モモコ (漫才師)
恋の誕生日占い
親しみやすく、誰からも愛される
なぞなぞ小学校
スターはスターでも、人が怖がるスターは?
あこがれの職業紹介
薬剤師
恋の魔法とおまじない 052
願いをかなえるおまじない
  2月21日の童話・昔話

福娘童話集
きょうの日本昔話
おじいさんはくさかった
きょうの世界昔話
ほら吹き男爵 赤ちゃんの実
きょうの日本民話
上の字さま
きょうのイソップ童話
カラスと白鳥
きょうの江戸小話
ネズミおろし
きょうの百物語
お乳を飲ませに来た幽霊
福娘のサイト
366日への旅
毎日の記念日・誕生花 ・有名人の誕生日と性格判断
福娘童話集
世界と日本の童話と昔話
女の子応援サイト -さくら-
誕生日占い、お仕事紹介、おまじない、など
子どもの病気相談所
病気検索と対応方法、症状から検索するWEB問診
世界60秒巡り
国旗国歌や世界遺産など、世界の国々の豆知識