福娘童話集 > きょうの百物語 福娘童話集 きょうの百物語 童話・昔話・おとぎ話の福娘童話集
 


福娘童話集 > きょうの百物語 > 2月の百物語 > お乳を飲ませに来た幽霊

2月21日の百物語

お乳を飲ませに来た幽霊

お乳を飲ませに来た幽霊

日本語 ・日本語&中国語

♪音声配信(html5)
音声 ; スタヂオせんむ

 むかしむかし、ある田舎に、とても裕福なお屋敷がありました。
 お屋敷には家族全員で十八人もいましたが、なぜが家族に病気があいついで、数年の間に家を継いだ兄と弟と、弟の奥さんだけになってしまいました。
 そしてその奥さんも、初めての赤ちゃんを産んですぐに死んでしまったのです。

 ある晩の事、赤ちゃんがお母さんのお乳を欲しがって、激しく泣き出しました。
「妻はいないし、どうしたら良いのだ?」
 弟が困っていると、
「おお、よしよし」
と、どこからか女の人が現れて、赤ちゃんを抱きかかえるとお乳を与えてくれたのです。
「どこのどなたかは存じませんが、おかげで助かりました」
 弟はそう言って、その女の人の顔を見てびっくりです。
「おっ、お前は、死んだわしの妻ではないか!」
 なんと、死んだはずの奥さんが幽霊となって、わが子に、お乳を飲ませに来てくれたのです。
 赤ちゃんが、たっぷりとお乳を飲んで眠ると、奥さんは弟に言いました。
「これからは毎晩参りますが、この事は、誰にも知られてはなりません」
 そして奥さんは、ふっと消え去りました。

 さて、それから奥さんの幽霊は約束通り、毎晩赤ちゃんにお乳を飲ませるために現れました。
 弟も約束を守って、その事は誰にも言いませんでした。
 でもある晩、兄は弟の部屋の前を通る時、弟と女の人が何やら楽しげに語り合っているのを聞いたのです。

 次の朝、兄は弟をしかりつけました。
「お前というやつは! 妻が死んで間もないというのに、さっそく女を部屋に呼び入れるとは何事だ!」
「兄さん、それは誤解です」
「何が、どう誤解なのだ!?」
「・・・実は、死んだ妻が毎晩、我が子に乳を与えに来てくれるのです。お願いですから、赤ん坊が大きくなるまでは、そっとしておいてください」
 弟は何度も頼んだのですが、兄は全く信じようとはしません。
 それどころか、
「きっとその女は、おれたちの身内を次々と殺した魔物に違いない。
 そいつがお前の妻に化けて、お前をたぶらかしに来たのだ。
 このままでは、おれたちも取り殺されてしまうぞ」
と、決めつけたのです。
 そしてその晩遅く、いつもの様にやって来た奥さんの幽霊を待ち伏せして、刀で斬りつけたのです。
「きゃぁぁぁぁっーー!」
 斬られた奥さんの幽霊は、兄をにらみながら暗やみに消えていきました。

 次の朝、兄と弟が幽霊の血の跡をたどって行くと、血の跡は奥さんのお墓まで続いていました。
「まさか!」
 兄と弟が奥さんのお墓を掘って中の棺を開けてみると、何と棺の中の奥さんの死体には、大きく刀で斬られた跡があったのです。
「お前が言っていたのは、本当だったのか・・・」
 事実を知った兄は弟と奥さんに手をついて謝りましたが、その日から奥さんの幽霊は現れませんでした。
 そして、お乳をもらえなくなった赤ちゃんは、やせおとろえて死んでしまい、兄も弟も病に倒れて、屋敷はすっかりほろんでしまったという事です。

おしまい

前のページへ戻る


     2月21日の豆知識

366日への旅
きょうの記念日
日刊新聞創刊の日
きょうの誕生花
彼岸桜(ひがんざくら)
きょうの誕生日・出来事
1964年 モモコ (漫才師)
恋の誕生日占い
親しみやすく、誰からも愛される
なぞなぞ小学校
スターはスターでも、人が怖がるスターは?
あこがれの職業紹介
薬剤師
恋の魔法とおまじない 052
願いをかなえるおまじない
  2月21日の童話・昔話

福娘童話集
きょうの日本昔話
おじいさんはくさかった
きょうの世界昔話
ほら吹き男爵 赤ちゃんの実
きょうの日本民話
上の字さま
きょうのイソップ童話
カラスと白鳥
きょうの江戸小話
ネズミおろし
きょうの百物語
お乳を飲ませに来た幽霊
福娘のサイト
366日への旅
毎日の記念日・誕生花 ・有名人の誕生日と性格判断
福娘童話集
世界と日本の童話と昔話
女の子応援サイト -さくら-
誕生日占い、お仕事紹介、おまじない、など
子どもの病気相談所
病気検索と対応方法、症状から検索するWEB問診
世界60秒巡り
国旗国歌や世界遺産など、世界の国々の豆知識