福娘童話集 > 新作の紹介 福娘童話集 きょうの新作昔話 童話・昔話・おとぎ話の福娘童話集
     7月25日の豆知識

366日への旅
きょうの記念日
かき氷の日
きょうの誕生花
麦藁菊(むぎわらぎく)
きょうの誕生日・出来事
1964年 高島礼子(俳優)
 7月25日の童話・昔話

福娘童話集
きょうの日本昔話
弘法の衣
きょうの世界昔話
子どもを産むなべ
きょうの日本民話
助けたツルの恩返し
きょうのイソップ童話
旅人とクマ
きょうの江戸小話
安全水泳法
きょうの百物語
亡者道
 

福娘童話集 > きょうの新作昔話> 狐憑き(きつねつき)

2014年 7月25日の新作昔話

狐憑き(きつねつき)狐憑き(きつねつき)

狐憑き(きつねつき)
福井県の民話福井県の情報

 むかしむかし、市場村(いちばむら)と呼ばれる村に住んでいるおばあさんが病気にかかりました。
 家族は医者を呼びましたが、医者には病気が治せません。
 困った家族は最後の頼みと、おがみ屋(→まじない師)を呼んできました。

 おがみ屋はおばあさんの前に座ると何やらぶつぶつ呪文を唱えていましたが、突然、恐ろしい顔つきになってこう言いました。
「私は茶屋谷(ちゃやだに)の稲荷大明神(いなりだいみょうじん)である。
 この婆(ばば)は、しばしば私のお宮を荒らすなど、無礼の限りをつくしていた。
 婆の病は、その戒めである。
 直ちに悪行を悔い改め、たくさんのお供えものをして私をまつれば、許す事もあろうぞ」
 びっくりした家族はさっそくキツネの大好きな油揚げをお供え物としてたくさん用意すると、高熱でうなされているおばあさんを連れて茶屋谷まで稲荷大明神にお参りをしたのです。
 するとどこからか、
「コーン!」
と、キツネの鳴き声がして、おばあさんの病気はうその様に治ったという事です。

おしまい

ページを戻る

新作の紹介メニュー

福娘童話集

新作の紹介
福娘のサイト
366日への旅
毎日の記念日・誕生花 ・有名人の誕生日と性格判断
福娘童話集
世界と日本の童話と昔話
女の子応援サイト さくら
職業紹介・誕生日占い・おまじないなど
子どもの病気相談所
病気検索と対応方法、症状から検索するWEB問診
世界60秒巡り
国旗国歌や世界遺産など、世界の国々の豆知識