福娘童話集 > きょうの百物語 福娘童話集 きょうの百物語 童話・昔話・おとぎ話の福娘童話集
 


福娘童話集 > きょうの百物語 > 7月の百物語 > 亡者道

7月25日の百物語

亡者の通る道

亡者道
岐阜県の民話岐阜県情報

 むかし、乗鞍岳(のりくらだけ)の西ふもとにある千町が原に、猟が好きな百姓の平十郎(へいじゅうろう)がいました。
 平十郎は秋の刈り入れが終わると、さっそく大好きな猟へと出かけました。

 平十郎が出かけた猟場は、青屋(あおや)から平金(ひらがね)に通じる乗鞍岳のふもとの、桜が岡(さくらがおか)という亡者道(もうじゃみち)です。
 亡者道とは死んだ人間があの世へ行く時に通る道で、地元の人は怖がってめったに近寄らないさびしいところです。
 ですが平十郎は気にする様子もなく、のんきにかすみアミを張ってツグミをとっていました。
「霧が出てきたな」
 小屋の中から様子を見ていると、白い霧の中を何かが通り過ぎ、かすみアミの方から人の叫び声が聞こえてきました。
(いけねえ、誰か引っかかったな)
 平十郎が小屋から出てかすみアミに近づくと、何と、かすみアミに人間の生首が何個もかかっていたのです。
 そして生首は平十郎に気づくと、
「・・・平十郎、・・・平十郎」
と、口々に叫び出しました。
 びっくりした平十郎はあわてて小屋に戻ると、震える手で小屋の戸を閉めてカギをかけました。
(何なんだ、あれは?!)
 腰が抜けた平十郎が、その場でブルブル震えていると、あの生首たちがふわふわと空中を漂いながら、
「平十郎、平十郎」
と、言いつつ、小屋の方へと近づいてきます。
 平十郎が窓の外を見ると、空中に浮かんだ生首たちが平十郎を見てニヤリと笑いました。
(神さま、仏さま、ご先祖さま。助けてくだせえ〜)
 生首たちはカギのかかっていない窓を口で開けると、次々と小屋の中に入ってきました。
 そして大口を開けて、平十郎に襲いかかろうとしています。
(神さま、仏さま、ご先祖さま。助けてくだせえ〜!!)
 そして生首たちが平十郎に噛み付こうとしたその時、生首は平十郎に噛み付く直前で動きを止めると、いまいましそうに言いました。
「お前は三日前に、仏さまのお下がりを食ったな。・・・くやしいが、わしらでは捕える事が出来ん」
 やがて霧が晴れると、恐ろしい生首たちはどこかに消えていました。

 助かった平十郎は転がる様に山を降りて、無事に自分の家へと戻りましたが、それから原因不明の高熱を出して何日も寝込んだという事です。

おしまい

前のページへ戻る


     7月25日の豆知識

366日への旅
きょうの記念日
かき氷の日
きょうの誕生花
麦藁菊(むぎわらぎく)
きょうの誕生日・出来事
1964年 高島礼子(女優)
恋の誕生日占い
想像力が豊かで、芸術の才能があります
なぞなぞ小学校
水を簡単に凍らせる方法は? (漢字なぞなぞ)
あこがれの職業紹介
アクセサリーデザイナー
恋の魔法とおまじない 207
運気が急激に下がる
 7月25日の童話・昔話

福娘童話集
きょうの日本昔話
弘法の衣
きょうの世界昔話
子どもを産むなべ
きょうの日本民話
助けたツルの恩返し
きょうのイソップ童話
旅人とクマ
きょうの江戸小話
安全水泳法
きょうの百物語
亡者道
福娘のサイト
366日への旅
毎日の記念日・誕生花 ・有名人の誕生日と性格判断
福娘童話集
世界と日本の童話と昔話
女の子応援サイト -さくら-
誕生日占い、お仕事紹介、おまじない、など
子どもの病気相談所
病気検索と対応方法、症状から検索するWEB問診
世界60秒巡り
国旗国歌や世界遺産など、世界の国々の豆知識