昔話の英語《福娘童話集》昔話の英語 Japanese & English昔話の英語《福娘童話集》 童話・昔話・おとぎ話の福娘童話集
 


ふくむすめどうわしゅう(福娘童話集) >にほんむかしばなし(日本民间故事) >一月

大工と三毛猫

大工と三毛猫
木匠和花猫


(日本昔話)
(日本民间故事)

翻訳者 信陽師範学院  郭秋锦

♪音声配信
スタヂオせんむ



にほんご(日语)  ・ちゅうごくご(中文) ・日语&中文

 むかしむかし、江戸の神田に一人の大工がいました。
 很久很久以前,在江户的神田有一个木匠。

 女房が死んで、とてもさびしかった大工は、一匹の三毛ネコを可愛がっていました。
 木匠的妻子死了,木匠非常寂寞,他就养了一只花猫,宠爱着它。

 大工は毎朝、ネコのごはんを用意してから仕事に出かけます。
 木匠每天早上喂过花猫饭后再出去工作。

 そして夕方に仕事が終わると、ネコの大好きな魚をお土産に買って帰ります。
 到傍晚工作完成后,都会买花猫最喜欢的鱼回来,作为礼物给它。

 ネコも大工の事が大好きで、大工の足音を聞くと、ちゃんと迎えに出るのでした。
 花猫也很喜欢木匠,一听到木匠的脚步声,就马上出来迎接他。

 ところがある時、この大工は目の病気になってしまいました。
 但是,有一天,这个木匠得了眼病。

 そこで、医者に診てもらうと、
 于是,他就去找医生,让医生看了看,医生说:

「これはひどい眼病ですな。
“这是非常严重的眼病,

 残念ですが、とてもわしらの力では治す事は出来ません」 と、言うのです。
 遗憾的是,以我的医术是治不好的。“

 それからはあまり仕事が出来なくなり、大工はとても貧乏になりました。
 之后,木匠就不怎么出来工作了,生活也变得贫穷了。

 もちろん、ネコに魚を買ってやる事も出来ません。
 当然,也不能买鱼给猫了。


 ある晩、大工はネコに向かって言いました。
 一天晚上,木匠对小猫说:
「なあ、みけや。おれの目は白く濁る病気で、とても治りそうもない。
“呐啊,小猫咪,我的眼得病了,变得又白又模糊不清,似乎治不好了。

 仕事が出来ずに暮らしも悪くなり、このままではお前を養う事も出来んかもしれん。
 不能出去工作,生活也过得不好了,这样下去连你也没办法喂养了,

 いったい、どうしたものかのう?」
 到底该怎么办呢?”

 大工は語りかけているうちに、うとうとと、眠ってしまいました。
 说着说着,木匠就迷迷糊糊的睡着了。

 するとネコは、その話がわかったかのように、
 于是,花猫像是听懂了木匠的话似的,

「ニャー」
“喵儿喵儿”

と、小さく鳴くと、大工にすり寄って、大工の目をしきりに舐め始めたのです。
 小声的叫了一下,便靠近木匠,开始反复地舔木匠的眼。

 右の目を舐めると、今度は左の目を舐めます。
 这次舔右边的眼,下次舔左边的眼。

 それに気づいた大工は、 (変な事をするわい)と、思いましたが、
 木匠注意到后,感觉小猫做的事很奇怪,

 目を舐められると、とても気持ちがいいので、ネコの好きなようにさせていました。
 但是眼被猫舔了之后,感觉很好,就随它意让它舔。

 それからというもの、ネコは暇さえあれば、大工の目を舐めてくれたのです。
 之后,小猫只要有空,就舔木匠的眼。

 すると不思議な事に、大工の目の濁りは、だんだんと薄れてきました。
 不可思议的是,木匠模糊不清的眼病,渐渐变轻了。

 そして十日ばかりたつと、大工の目はすっかり治って、両目ともとてもよく見えるようになったのです。
 接着过了10天左右,木匠的眼彻底治好了,两只眼能看的非常清晰。

 ところがその頃からネコの目が白く濁っていき、ついにネコの目は見えなくなってしまったのです。
 可是,从那时候起猫的眼变得又白又浑浊不清了,最终还是看不见了。

 でも、心配する事はありません。
 但是这不需要担心。


 目の治った大工は目の見えなくなったネコを今まで以上に可愛がり、
 治好眼的木匠从此之后更加疼爱眼睛看不见的猫了,

 ネコは何不自由なく幸せに大工と暮らしたのでした。
 猫没有什么不自由的,它幸福的和木匠生活在一起。

おしまい
完結

前のページへ戻る
(回到上一页)

福娘のサイト
366日への旅
毎日の記念日・誕生花 ・有名人の誕生日と性格判断
福娘童話集
世界と日本の童話と昔話
子どもの病気相談所
病気検索と対応方法、症状から検索するWEB問診
世界60秒巡り
国旗国歌や世界遺産など、世界の国々の豆知識