福娘童話集 > きょうの日本昔話 福娘童話集 きょうの日本昔話 童話・昔話・おとぎ話の福娘童話集
 


福娘童話集 > きょうの日本昔話 > 1月の日本昔話 > 一休のくそとなれ

1月19日の日本の昔話

長ーい文字
イラスト たつよ   提供 らくがきの日常

一休のくそとなれ
一休さんのとんち話 → 一休さんについて

♪音声配信(html5)
音声 スタヂオせんむ

 むかしむかし、一休さん(いっきゅうさん)と言う、とんちで評判の小僧さんがいました。

 一休さんがまだ小さい頃、始めて修行をしていたお寺の和尚(おしょう)さんは、ひどいけちん坊でした。

長ーい文字

 おまけにお寺では食べてはいけない、塩ザケをおみそ汁の中へ煮込んで、
「ああ、うまい。体が温まるのう」
と、平気で食べているのです。
 当然、一休さんたち小僧には、一切れも分けてはくれません。
 しかも塩ザケを食べる時の、和尚さんの言葉がとても気どっていました。
「これなる、塩ザケよ。
 そなたは、枯れ木と同じ。
 いくら助けたいと思うても、今さら生きて海を泳ぐ事など出来ぬ。
 よって、このわしに食べられ、やすらかに極楽(ごくらく)へまいられよ」
 それを聞いた一休さんは、
「ふん、自分で料理しておきながら、何が極楽だ」

長ーい文字

と、他の小僧たちと腹を立てていました。

 ある日の事。
 一休さんは朝のお務めをすませると、魚屋へ走って行って大きなコイを一匹買って来ました。

 そしてお寺へ戻ると、まな板と包丁を取り出して、なベをかまどにかけました。
 それを見た和尚さんは、ビックリして言いました。
「一休! お前、そのコイをどうするつもりぞ!」

長ーい文字

「はい。
 このコイを、食べます。
 この前、和尚さんに教わったお経を唱えますので、聞いて下さい」
「お前、正気か!」
「はい、正気でございますとも」

長ーい文字

 一休さんは少しもあわてず、コイをまな板へ乗せてお経を唱えました。
「これなる、生きゴイよ。

長ーい文字

 そなたは、この一休に食べられて、くそとなれ、くそとなれ」
 唱え終わると一休さんはコイを切り身にして、なベに放り込みました。
「むむっ。・・・『くそとなれ』か」

長ーい文字

 和尚さんは、今まで塩ザケに向かって『極楽へまいられよ』と言っていたのが、恥ずかしくなりました。
『くそとなれ、くそとなれ』
と、本心を言った小さな一休さんに、してやられたと思ったのです。
(こいつはきっと、大物になるぞ。わしの所ではなく、もっと良い和尚の所にあずけるとするか)
「それでは、頂きます」

長ーい文字

 一休さんは和尚さんの顔色をうかがう事なく、他の小僧たちと一緒にコイこくをおいしそうに食べました。

おしまい

※ コイこくとは、コイを輪ぎりにして煮込んだおみそ汁です。

前のページへ戻る


     1月19日の豆知識

366日への旅
きょうの記念日
のど自慢の日
きょうの誕生花
バンダ(Vanda)
きょうの誕生日・出来事
1983年 宇多田ヒカル(歌手)
恋の誕生日占い
明るい癒やし系で、クラスの人気者
なぞなぞ小学校
新しい物でも古い物でも、同じ値段の物は?
あこがれの職業紹介
美容師、理容師
恋の魔法とおまじない 019
嫌な人と別れるおまじない
  1月19日の童話・昔話

福娘童話集
きょうの日本昔話
一休のくそとなれ
きょうの世界昔話
ウシ飼いと裁判官
きょうの日本民話
猫神(ねこがみ)
きょうのイソップ童話
サルとラクダ
きょうの江戸小話
言いそうな顔
きょうの百物語
古い木まくら
福娘のサイト
366日への旅
毎日の記念日・誕生花 ・有名人の誕生日と性格判断
福娘童話集
世界と日本の童話と昔話
女の子応援サイト -さくら-
誕生日占い、お仕事紹介、おまじない、など
子どもの病気相談所
病気検索と対応方法、症状から検索するWEB問診
世界60秒巡り
国旗国歌や世界遺産など、世界の国々の豆知識