福娘童話集 > きょうの日本昔話 福娘童話集 きょうの日本昔話 童話・昔話・おとぎ話の福娘童話集
 


福娘童話集 > きょうの日本昔話 > 2月の日本昔話 >吉四六さんと猫

2月13日の日本の昔話

吉四六さんと猫

吉四六さんと猫
吉四六(きっちょむ)さん → 吉四六さんについて

♪音声配信(html5)
音声 スタヂオせんむ

 むかしむかし、きっちょむさんと言う、とんちの上手な人がいました。

 ある朝の事、きっちょむさんは朝ご飯を食べようとご飯を用意したのですが、今日はお金がないのでおかずがありません。
「おかずのないご飯というのは、さみしいものだな。
 ぜいたくは言わないが、焼き魚の一つも食べたいものだ。
 何とかして、魚を手に入れる方法はないだろうか?」
 そう考えたきっちょむさんは、ふと、この村の金持ちのだんなが大の猫好きなのを思い出しました。
「そう言えば、そろそろだんなが散歩でこの家の前を通る時間だな。
 ・・・だんなは、猫が好き。
 ・・・猫は、魚が好き。
 ・・・そしてわしは、魚が食べたい。
 よしよし、こいつはいけるぞ」
 名案を思いついたきっちょむさんは空の皿を一枚用意すると、近所に住んでいるノラ猫を一匹連れて来ました。
 そして金持ちのだんながきっちょむさんの家の前を通りかかったのを見計らって、きっちょむさんは連れて来たノラ猫を大声でしかり始めたのです。
「この猫め!
 よくも、大切な魚を盗みよって!
 お前の様な泥棒猫は、こうしてくれるわ!
 えい! えい! えい!」
 その声にびっくりした金持ちのだんなは、あわててきっちょむさんの家の戸を叩きました。
「きっちょむさん、どうしたんじゃ?! 猫が、猫が何かしたのか?!」
 するときっちょむさんは、金持ちのだんなに空の皿と猫を見せて、
「どうしたもこうしたも、この猫が、わしの大切な魚を食ったんだ!
 せっかくの、朝ご飯のおかずが!
 泥棒猫め、こうしてくれるわ!」
と、まっ赤な顔で猫をなぐりつけようとするので、猫がかわいそうになった金持ちのだんなは大あわてできっちょむさんを止めると、
「待て待て、そんなに猫をしかってはかわいそうじゃ。
 取られたのは、魚だな。
 よし、すぐに戻って来るから、ちょっと待っておれよ」
と、さっそく市場まで魚を買いに行って、その魚をきっちょむさんの空の皿にのせてやりました。
「きっちょむさん。今日のところは、どうかこれで猫を許してやってくれ」
 それを聞いたきっちょむさんは、
「うーん。まあ、だんながそう言うのなら」
と、猫を逃がしてやりました。

 さて、金持ちのだんなが帰ってしまうと、きっちょむさんは家の裏口からさっきの猫を呼び入れて、手に入れた魚を半分に切って渡しました。
「よしよし、お前のおかげで、おかずが手に入ったわい。これは、お礼だよ」

おしまい

前のページへ戻る


     2月13日の豆知識

366日への旅
きょうの記念日
銀行強盗の日
きょうの誕生花
ローダンセ(Rhodanthe)
きょうの誕生日・出来事
1965年 南原清隆 (タレント)
恋の誕生日占い
芸能界や外国などの華やかな世界にあこがれています
なぞなぞ小学校
きれはきれでも、買う事の出来ないきれは?
あこがれの職業紹介
ウェディングプランナー
恋の魔法とおまじない 044
好きな人の夢を見るおまじない
  2月13日の童話・昔話

福娘童話集
きょうの日本昔話
吉四六さんと猫
きょうの世界昔話
ほら吹き男爵 月世界探検
きょうの日本民話
ネコの置物を売る店
きょうのイソップ童話
お百姓と凍えたヘビ
きょうの江戸小話
用心
きょうの百物語
鏡に化けた黒クモ
福娘のサイト
366日への旅
毎日の記念日・誕生花 ・有名人の誕生日と性格判断
福娘童話集
世界と日本の童話と昔話
女の子応援サイト -さくら-
誕生日占い、お仕事紹介、おまじない、など
子どもの病気相談所
病気検索と対応方法、症状から検索するWEB問診
世界60秒巡り
国旗国歌や世界遺産など、世界の国々の豆知識