童話・昔話・おとぎ話の福娘童話集 福娘童話集 きょうの日本昔話
 


福娘童話集 > きょうの日本昔話 > 4月の日本昔話 >売り声

4月2日の日本の昔話

売り声

売り声
吉四六(きっちょむ)さん → 吉四六さんについて

にほんご(日语)  ・ちゅうごくご(中文) ・日语&中文

♪音声配信(html5)
音声 淺川正寛 [声のエンタメ番組『こえんた♪』<http://koenta.seesaa.net>より]

 むかしむかし、きっちょむさんと言う、とてもゆかいな人がいました。

 ある日の事、きっちょむさんが打ち綿(うちわた)を持って、臼杵(うすき)の町へ売りに行ったのですが、久しぶりに町へ来たので、どの道順で売り歩いたらいいのか分かりません。
 するとそこへ、一人のツボ売りがやって来て、
「ええ、ツボはいらんかなー、ツボはいらんかなー」
と、大声で売り歩いたのです。
「よしよし、あのツボ売りの後ろからついて行けば、うまい具合に町を一巡り出来るだろう」
 そこできっちょむさんは、ツボ売りの後ろをついて歩きました。
 そしてツボ売りが、大きな声で、
「ツボはいらんかなー」
と、言うと、きっちょむさんもその後から、
「ええ、打ち綿ー」
と、売り歩いたのです。
「ツボはいらんかなー」
「打ち綿―」
「ツボはいらんかなー」
 さて、これを聞いた町の人は、くすくすと笑い出しました。
 なぜなら、二人の売り声を続いて聞いていると、
「打ち割った、ツボはいらんかなー」
と、聞こえるからです。
 これでは、ツボが売れるはずがありません。
 それに気づいたツボ売りは、きっちょむさんにお金を渡して、帰ってもらう事にしたのです。

 それから数日後、きっちょむさんはメガネを仕入れると、また町へ売りに行きました。
 そしてその時、種売りが種を売り歩いているのに出会ったので、今度は、この種売りの後をついてメガネを売り歩く事にしたのです。
 種売りが、
「種はいらんかなー」
と、言うと、きっちょむさんは、
「めがね―」
と、売り声をあげます。
「種はいらんかなー」
「めがね―」
「種はいらんかなー」
 これを聞いた町の人は、またくすくすと笑い出しました。
 なぜなら、二人の売り声を続いて聞いていると、
「芽がねえ(無い)、種はいらんかなー」
と、聞こえるからです。
 これでは、種が売れるはずがありません。
 そこで種売りもまた、きっちょむさんにお金を渡して、帰ってもらったのです。

 さてそれから数日後、きっちょむさんはふるいを仕入れると、また町へ売りに行きました。
 そしてその時は魚屋を見つけて、魚屋の後について売り歩いたのです。
 まず魚屋が、
「魚、魚はいらんかなー」
と、言うと、きっちょむさんがあとから、
「ふるいー、ふるいー」
と、続けるのです。
「魚はいらんかなー」
「ふるいー」
「魚はいらんかなー」
 これを聞いた町の人は、またまたくすくすと笑い出しました。
 なぜなら、二人の売り声を続いて聞いていると、
「古い魚は、いらんかなー」
と、聞こえるからです。
 これでは、魚が売れるはずがありません。
 そこで魚屋もまた、きっちょむさんにお金を渡して、帰ってもらったのです。

 でも、もしかするときっちょむさん、わざとやっているのかもしれませんね。

おしまい

前のページへ戻る

     4月 2日の豆知識

366日への旅
きょうの記念日
図書館開設記念日
きょうの誕生花
桜(さくら)
きょうの誕生日・出来事
1951年 忌野清志郎 (ミュージシャン)
恋の誕生日占い
無口でおとなしい、甘え上手
なぞなぞ小学校
ヒヨコのお祭りって?
あこがれの職業紹介
アパレルショップスタッフ
恋の魔法とおまじない 093
苦手克服のおまじない
  4月 2日の童話・昔話

福娘童話集
きょうの日本昔話
売り声
きょうの世界昔話
パイプをもらったクジラ
きょうの日本民話
恩知らず
きょうのイソップ童話
きりょうよしを自慢しあうツバメとカラス
きょうの江戸小話
忘れ草
きょうの百物語
ネコの大カボチャ
福娘のサイト
366日への旅
毎日の記念日・誕生花 ・有名人の誕生日と性格判断
福娘童話集
世界と日本の童話と昔話
女の子応援サイト -さくら-
誕生日占い、お仕事紹介、おまじない、など
子どもの病気相談所
病気検索と対応方法、症状から検索するWEB問診
世界60秒巡り
国旗国歌や世界遺産など、世界の国々の豆知識