福娘童話集 > きょうの日本昔話 福娘童話集 きょうの日本昔話 童話・昔話・おとぎ話の福娘童話集
 


福娘童話集 > きょうの日本昔話 > 4月の日本昔話 >にせ本尊

4月19日の日本の昔話

にせ本尊

にせ本尊
一休さんのとんち話 → 一休さんについて

にほんご(日语)  ・ちゅうごくご(中文) ・日语&中文

♪音声配信(html5)
音声 淺川正寛 [声のエンタメ番組『こえんた♪』<http://koenta.seesaa.net>より]

 むかしむかし、一休さん(いっきゅうさん)と言う、とんちで評判の小僧さんがいました。

 一休さんが寺の小僧たちと掃除をしていると、近くの家のおかみさんがやって来て言いました。
「小僧さんたち。ぼたもちつくったから、食ベておくれ」
「こりゃ、うまそうだ」
「いただきまーす」
 小僧さんたちは、さっそくぼたもちにかぶりつきました。
 すると、
 ガチッ!
と、固い音がしました。
「なんだ?」
 ぼたもちを見てみると、それは黒い石だったのです。
「おばさん! これは石じゃないか!」
 小僧たちが文句を言うと、おかみさんはドロンととんぼ返りをして、キツネの正体を現しました。
「けけけ、おいらのぼたもちは、うまかったかあ?」
「あっ! こいつはキツネだぞ! それ、つかまえろ!」
 小僧たちはキツネを追いかけましたが、キツネは素早く身を隠してしまいました。
「どこへ行ったのだろう?」
「お寺からは、出ていないはずだけど」
 その時、本堂から和尚(おしょう)さんの呼ぶ声が聞こえました。
「大変だあ! みんな来てくれ!」
 小僧たちが行ってみると、お堂には一体の仏さましかないはずなのに、そっくり同じ仏さまが二体並んで座っているのです。
「これは、さっきのキツネが化けているな」
 和尚さんと小僧たちが両方の仏さまを見比べましたが、キツネはとても上手に化けていて、どっちが本物で、どっちがキツネかさっぱり見分けがつきません。
「和尚さん、こうなれば、棒で頭を叩きましょうか?」
「いかん、本物を叩いたら大変じゃ」
 すると、今まで黙っていた一休さんが言いました。
「何を言っているのです。
 見分けるのは、簡単ではありませんか。
 何しろ本物の仏さまは、和尚さんがお経を読むと、いつも舌をペロリと出しますから」
 そして一休さんは、和尚さんに目で合図を送りました。
 それに気づいた和尚さんは、一休さんに合わせて言いました。
「おお、そうじゃった、そうじゃった。
 一休よ、よく気が付いたな。
 ・・・では、さっそくお経を読むから、どっちの仏さまが舌を出すか見ていてくれよ」
 そう言って和尚さんがお経を読み始めると、一つの仏さまが長い舌をペロリと出しました。
「それっ、舌をペロリと出したのがキツネだぞ!」
 一休さんの合図に、小僧たちはキツネを捕まえると柱にしばり付けました。
 さすがのキツネも、涙を流して謝りました。
「助けて下さい。もう二度と、イタズラはしませんから」
「本当に、二度としないな!」
「はい、約束します」
「よし、なら許してやろう」
 こうしてキツネは許されると、二度とお寺には近づきませんでした。

おしまい

前のページへ戻る


     4月19日の豆知識

366日への旅
きょうの記念日
乗馬許可の日
きょうの誕生花
一輪草(いちりんそう)
きょうの誕生日・出来事
1976年 坂下千里子(タレント)
恋の誕生日占い
運動神経に優れた、しっかり者
なぞなぞ小学校
シカはシカでも、海にいるシカは?
あこがれの職業紹介
ゲームプログラマー
恋の魔法とおまじない 110
席替えで、好きなヒトと隣になれるおまじない
  4月19日の童話・昔話

福娘童話集
きょうの日本昔話
にせ本尊
きょうの世界昔話
トウモロコシドロボウ
きょうの日本民話
宝物をくれたお化け
きょうのイソップ童話
冬と春
きょうの江戸小話
なりたがる
きょうの百物語
峠の一本足
福娘のサイト
366日への旅
毎日の記念日・誕生花 ・有名人の誕生日と性格判断
福娘童話集
世界と日本の童話と昔話
女の子応援サイト -さくら-
誕生日占い、お仕事紹介、おまじない、など
子どもの病気相談所
病気検索と対応方法、症状から検索するWEB問診
世界60秒巡り
国旗国歌や世界遺産など、世界の国々の豆知識